Black, Two Sugars, Please

BBC SherlockとCabin Pressureにどハマりした英語好きのブログ初心者

S1E1: Abu Dhabi 前半 (Cabin Pressure和訳)

初回Abu Dhabi: マーティン機長のキャリア危機。飛行機の飛ぶ原理って?

始めた直後からすっかり放置していたブログですが、ひっそり再開を目指しています。

ようやくBBCラジオドラマCabin Pressureの全シリーズ収録のA-Z Boxを入手したところですし、今回はCabin Pressureの初回の翻訳をのせたいと思います。

初回Abu Dhabiはラストの落ちの気持ちよさが一級品。飛行機が飛ぶ原理についても豆知識が得られますよ。揚力が生まれる原理を英語で説明できたら、ちょっと気持ちいいですよね。

ちなみにCabin Pressureの概要と登場人物紹介はこちらをどうぞ。

 

kanakana009.hatenablog.com

 

現在Season1,2,4を聴いて、Season3とZのみが未聴なのですが、シリーズを重ねるごとに面白くなってる気がします。憎らしいお客がでなくなるからかな?最初の方はマーティンへのあたりがやや強すぎる気がして時々辛い…。でもS2のクリスマススペシャルのマーティンの優しさで救われました。

そういうわけで、今回は初回アブダビの前半の拙訳を掲載し、後半の訳と、ワードゲームの内容や感想などは次回挑戦したいと思います。目次はCDのトラック毎に設けました。

原文スクリプトAbu Dhabi Transcript | Cabin Pressure Fansから、Ariane DeVereさんのトランスクリプトを参照しました。30分近いショーの全文を書き取るのは大変な作業だと思うのですが、おかげで楽しみながら学ぶことが出来て本当に感謝です。

 

 

 

Abu Dhabi

Script by John Finnemore

 

DOUGLAS: Good evening, ladies and gentlemen, First Officer Douglas Richardson here. Just to let you know we’re making our final approach now into what I am fairly sure is Fitton Airfield. Unless it’s a farm – or just possibly the A45. It’s not the sea, because that’s blue. I should perhaps explain that Captain Crieff and I have a sportsman-like little bet on today about who can fly the best after drinking a litre of vodka through a straw. The captain went first. You may have noticed the take-off run was a little bumpy, particularly over the golf course. Now it’s me to land … just as soon as I decide which of these two runaways to aim for. And I’m happy to tell you that I feel lucky. So, on behalf of all your crew today, may I just say, Geronimo!”

ダグラス こんばんは、皆さん。副機長のダグラス・リチャードソンです。当機はただいま最終進入体制に入ろうとしています。あれはフィットン離着陸場に違いないはずです、畑でもない限り。それかひょっとして高速道路でもない限り。海ではないのは確かです、海ならば青いはず。ここで少し説明いたししますと、クリーフ機長と私は本日「1リットルのウォッカをストローで飲みほした後で、どちらの方が上手に飛行機を操縦できるか」というスポーツマンらしい賭けをしています。先攻は機長。みなさんもお気づきだったかと思いますが、離陸はがたつきましたね、特にゴルフコース上空で。そしてこれから私が着陸をする番です。2つある滑走路のうち、どちらを目指すのか決めたらすぐに。そして自信を持ってお伝えしますが、今日の私はツイてる気がします!では乗務員一同を代表いたしまして一言、「突撃!」

 

Cabin Pressure by John Finnemore, starring Stephanie Cole as Carolyn, Roger Allam as Douglas, Benedict Cumberbatch as Martin, and John Finnemore as Arthur.

 

This week, Abu Dhabi. 今週はアブダビ

 

MARTIN: Blessed.

マーティン:ブレスト

 

DOUGLAS: Ah, yes, of course. May. 

ダグラス:ああ、なるほど、そうだな。メイ。

 

MARTIN: Mm-hm, yep. Cant.

マーティン:いいね、じゃあ、カント。

 

(Flight deck door opens.) 

 

ARTHUR: Here we are, gents. Coffee with nothing in it; tea with everything in it. Great cabin address, Douglas. I love cargo flights. 

アーサー:お待たせ、お2人さん。何も入ってないコーヒーと、ミルクも砂糖も入ってる紅茶だよ。最高の機内放送だったよ、ダグラス!貨物便って大好き。

 

DOUGLAS: Thank you, Arthur.

ダグラス:ありがとう、アーサー。

 

MARTIN: Ooh, Eno!

マーティン:おう、イーノ!

 

DOUGLAS: Ooh, eeno?

ダグラス:オウ・イーノ?

 

MARTIN (more slowly): Ooh: Eno.

マーティン:おおう、イーノ。

 

DOUGLAS: Ah, yes! Sewell.

ダグラス:ああ、そうか!スーエル。

 

ARTHUR: Ooh, what are we playing?

アーサー:おっと、何のゲーム?

 

MARTIN: Brians of Britain.

マーティン:イギリスのブライアン。

 

ARTHUR: There-there must be loads of them. Umm … uh …

アーサー:それってすっごく一杯いるんじゃない?うーんと、ええと…

 

DOUGLAS: Well, not to worry. As they come to you.

ダグラス:心配ないよ、アーサー。そのうち思いつくさ。

 

ARTHUR: Ooh, who was that guy? Umm, oh, grey-haired, did that game show, “Can I have a P please, Bob?” Umm, oh, what was his name?

アーサー:ああっと、あれは誰だったっけ?ほら、白髪頭で、あのゲーム番組の司会をしてた。「Pをくれるかい、ボブ」の人。うーんと、何て名前だったかな?

 

DOUGLAS: Your hope being that it was Brian?

ダグラス:それがブライアンだったはずだって?

 

ARTHUR: Yeah, Brian … uh … Brian …

アーサー:そう、ブライアン…えっと…ブライアン…

 

MARTIN: Bob Holness. It was Bob Holness.

マーティン:ボブ・ホルネス。ボブ・ホルネスだよ。

 

ARTHUR: That’s it! Oh. Well, does he count anyway?

アーサー:それだ!ええっと、カウントに入る?

 

DOUGLAS: Does Bob Holness count in our list of people called Brian? What the hell, yes, he does. Well done!

ダグラス:ボブ・ホルネスは我々の「ブライアンという名の人リスト」に入るのか?まあいいさ、うん、入るよ。上出来だ!

 

FITTON AIR TRAFFIC CONTROL (over radio): Golf Tango India, expect twenty min delay due runway inspection. Enter the hold at Arden; maintain seven thousand feet.

フィットン航空管制塔:ゴルフ・タンゴ・インディア、滑走路の点検のため着陸許可が20分ほど遅れる見込みです。アーデン上空で待機、7千フィートを維持してください。

 

MARTIN (into radio): [1]Golf Tango India, roger hold at Arden. Maintain seven thousand feet. Can you confirm delay only twenty minutes?

マーティン:こちらゴルフ・タンゴ・インディア、アーデン上空で待機、了解。7千フィートを維持します。遅れは20分だけですか?

 

FITTON AIR TRAFFIC CONTROL (blowing out a breath): Probably. All depends, really.

フィットン航空管制:たぶんね。状況によりけりだよ。

 

MARTIN (exasperated): Thank you, Tower. Hugely informative as ever. Out.

マーティン:ありがとう、管制塔。いつもながら細(こま)やかな情報提供ですね。交信終了。

(Radio off.)

 

MARTIN: Sorry, chaps. Looks like we’d better divert to Bristol.

マーティン:悪いが、みんな。ブリストルダイバート(目的地変更、代替着陸)した方がよさそうだ。

 

ARTHUR: Bristol? Why?

アーサーブリストル?なんで?

 

MARTIN: Fitton’s got a runway closure. We’d have to hold for twenty minutes.

マーティン:フィットンの滑走路が閉鎖されてる。20分待機しなくてはならなくなる。

 

ARTHUR: But Bristol? That’s miles away.

アーサー:でもなんでブリストル?何マイルも先だよ。

 

MARTIN: Yes. Luckily enough, though, we’re in an aeroplane, especially designed to be good at going miles away quite quickly.

マーティン:うん、でも幸運なことに僕らは飛行機に乗っていて、飛行機ってのは長距離を素早く移動するのに優れた作りになってるんだ。

 

ARTHUR: Yeah, but my car’s at Fitton.

アーサー:うん、でもぼくの車はフィットンに置いてある。

 

MARTIN: Oh, well, then, let us by all means circle round it until we drop out of the sky.

マーティン:そうか、それじゃ、飛行機が落っこちるまでくるくる旋回していようか?

 

DOUGLAS: D’you know, Martin, all these years and I’ve never been to Bristol.

ダグラス:ちなみにマーティン、この長年、私は一度もブリストルに行ったことがないんだ。

 

MARTIN: Well, get ready for a treat.

マーティン:じゃあ、楽しみじゃないか。

 

DOUGLAS: I dunno. I was rather hoping not to [2]break my duck.

ダグラス:どうかな。私としては記録を破りたくない気がする。

 

ARTHUR: [3]Skipper, are you sure there’s not enough fuel to wait? ’Cause there’s always a little bit left when the gauge shows red.

アーサー: スキッパー、本当に待てないくらい燃料が少ないの?だってメーターが赤になってもいつも少し残ってるよ。

 

MARTIN: Yes, oddly enough, Arthur, a jet aircraft isn’t as precisely similar to a Vauxhall Corsa as a stupid person might imagine. We’re going to Bristol.

マーティン:うん、不思議なことに、アーサー、ジェット機というのはボクスホール・コルサ(英国でポピュラーな庶民的な車)と一緒じゃないんだ。まぬけな人が思うみたいにね。僕らはブリストルに向かう。

 

ARTHUR: What do you reckon, Douglas?

アーサー:ダグラスはどう思う?

 

DOUGLAS: We could go to Bristol. I believe people do. However, we’ve easily enough fuel spare to hold for twenty minutes, maybe even thirty.

ダグラスブリストルに行くのも一案ではある。行く人もいるんだし。だが20分間待機するくらいの燃料は十分にある。30分だってもつかもしれん。

 

MARTIN: No, I’m sorry but we’re diverting.

マーティン:だめだ、悪いが我々はダイバートする。

 

ARTHUR: Yeah, hang on a tick, though. If Douglas reckons twenty minutes …

アーサー:うん、でも少し待ってよ。ダグラスが20分はいけるって言うんだし…

 

MARTIN: No, let’s not ‘hang on a tick’. Let’s listen to the captain, shall we?

マーティン: いいや、「少し待って」じゃない。機長の言うことに耳を貸せないのか?

 

DOUGLAS: Of course, Martin, if you say we divert, then divert we shall.

ダグラス:もちろん、マーティン、君がダイバートすると言うのならダイバートしようじゃないか。

 

MARTIN: Thank you.

マーティン:ありがとう。

 

DOUGLAS: Unless of course we were to smell smoke in the flight deck.

ダグラス:万が一、操縦室で煙の臭いがした場合はもちろん別だがね。

 

MARTIN: What?

マーティン:何だって?

 

DOUGLAS: I’m just saying: if by any remote chance we smelled smoke in the flight deck, we would of course be duty bound to land at the nearest available airfield with immediate priority – in this case, by a happy coincidence, Fitton.

ダグラス:私が言わんとしてるのは、もし、万が一にも操縦室で煙のにおいがしたら、当然のことながら我々は最も近い空港に最優先で着陸する義務があり、今回の場合、幸いなことにもその空港はフィットンだ。

 

MARTIN: Yes, maybe; but I don’t smell smoke in the flight deck.

マーティン:ああ、そうかもしれないが、操縦室に煙に臭いなんてしてないよ。

 

(Sound of a match being struck.)

 

DOUGLAS: How about now?

ダグラス:いまはいかがかな?

 

MARTIN: What are you suggesting, Douglas?

マーティン:何が言いたい、ダグラス?

 

DOUGLAS: We tell the Tower we smell smoke, which we do. We get to land straightaway. They check the aircraft, don’t find anything; “One of life’s little mysteries, but jolly good boys for taking no chances.” Everybody’s happy and there’s jam for tea.

ダグラス:管制塔に、煙のにおいがすると報告するのさ。実際してるしね。すぐに着陸できるぞ。機内を調べて異状が見つからなくても、「おかしなこともあるもんだ、でも危険を冒さなくてよかったな」で終わって、みんな幸せ、お茶も飲める。

 

ARTHUR: Right! That’s – you know, that’s really clever!

アーサー:そうだね!それってすごくいい考えだよ!

 

MARTIN: No, I’m sorry, but absolutely not.

マーティン:いいや、悪いけど絶対ダメだ。

 

DOUGLAS: I used to do it all the time at Air England.

ダグラス:エア・イングランドにいた頃はしょっちゅうやってたぞ。

 

MARTIN: Well, you’re not at Air England now. Where you are now is in the co-pilot’s seat and on the way to Bristol. You’ll like it. They have a lovely suspension bridge.

マーティン:いいかい、君はもうエア・イングランドには居ない。今君がいるのはブリストル行きの副機長の座席だ。ブリストルもきっと気に入るよ。素敵な吊り橋があるし。

 

DOUGLAS: Well, shall I just sat comm Carolyn before we make our final decision? It’s rather an expensive diversion …

ダグラス:じゃあ、最終判断を下す前にキャロリンに無線で確認しようか?かなりの金額がかかるし。

 

MARTIN: No, we have made our final decision. I have decided, and as Carolyn knows, whilst in flight, I am supreme commander of this vessel.

マーティン:いいや、もう最終決断は下してある。僕が下した。キャロリンも承知のように、フライト中は僕がこの機の最高指揮官だ。

 

DOUGLAS: Golly. [4]Captain Bligh flies again.

ダグラス:おやまあ。キャプテン・ブライの再来だ。

 

MARTIN: Douglas, I’m not impressed by your Air England mates. When you’re on Captain Bligh’s aircraft, you can do it his way, but when you’re on mine, you do it mine. Is that understood?

マーティン:ダグラス、僕は君のエア・イングランド時代の仲間にびびったりしないぞ。ブライ機長の飛行機ではブライ機長のやり方でやればいい。でも僕の飛行機に乗ってるときは、僕のやり方でやるんだ。いいな?

 

DOUGLAS: Yes.

ダグラス:はい。

 

MARTIN: Yes what?

マーティン:はい、の次は?

 

DOUGLAS: Yes it is.

ダグラス:はい、そうです。

 

MARTIN: Yes it is what?

マーティン:はい、そうです、の次は?

 

DOUGLAS: Yes it is understood.

ダグラス:はい、了解です。

 

MARTIN: Yes it is understood what?

マーティン:はい、了解です、の次は?

 

DOUGLAS: Yes it is understood … please?

ダグラス:はい、了解です…よろしく?

 

MARTIN: I’m waiting.

マーティン:言うまで待ってるぞ。

 

DOUGLAS: Martin, you’re not seriously asking me to call you ‘sir’.

ダグラス:マーティン、まさか本気で私に君を「サー」と呼べと?

 

MARTIN: Yes I am. Why’s that so hard to believe?

マーティン:そうだ。どうしてそんなに意外なんだ?

 

DOUGLAS: Well, to select just one reason from the fifteen or sixteen that [5]present themselves, I’m old enough to be your father.

ダグラス:そうだな、さらりと出てくる15~16個の理由の中から1つを選ぶなら、私はきみの父親くらいの年齢なんだよ。

 

MARTIN: Not unless you started very young.

マーティン:よっぽど早熟じゃない限りそれはない。

 

DOUGLAS: I did.

ダグラス:早熟だったとも。

 

MARTIN: Right, well, I think your age and your previous role is giving you a rather skewed view of the chain of authority on this aircraft, and maybe a little observation of the formalities will help remind you which one of us is still the captain. So: is that understood?

マーティン:そうか、きみの年齢と経験が、この機における指揮系統に対する考えをゆがめているようだが、少し形式にこだわってみたら思い出せるんじゃないかな。僕たちのうちのどちらが機長なのか。だから、理解できたかね?

 

DOUGLAS: Yes …

ダグラス:はい…

 

(Long pause.)

 

DOUGLAS (grimly): … sir.

ダグラス:(苦々しく): … サー.

 

MARTIN: Thank you. (Into radio) Fitton Approach, Golf Tango India. In view of your delay, request diversion Bristol.

マーティン:結構だ。(無線に)フィットン管制、G-T-Iは遅延を考慮した結果、ブリストルへのダイバートを要請します。

 

***********************

CAROLYN: Martin, you’re a berk.

キャロリン:マーティン、あんたはバカよ。

 

MARTIN: I’m not a berk, Carolyn; I’m an airline captain.

マーティン:僕はバカじゃない、キャロリン。僕はエアラインの機長だ。

 

CAROLYN: Wrong on both counts. You’re a colossal berk; and you’re not an airline captain. I don’t have an airline. I have one jet. You cannot put one jet in a line. If MJN is anything, it is an air dot.

キャロリン:どっちも間違い。あんたは大バカだし、エアラインの機長でもない。わたしが所有しているのはエアラインじゃないの。ジェット機を1機持ってるだけ。1機のジェット機をラインに並べることは出来ないでしょ。MJNが何かだとすれば、エア・ドット(=点)よ。

 

MARTIN: Look, I’m sorry, Carolyn, but I can’t just magic up extra fuel.

マーティン:お言葉だけど、キャロリン、追加の燃料を魔法みたいに作り出すことは出来ないんだ。

 

CAROLYN: Yes, and I can’t just magic up seven thousand pounds to spend on you taking a scenic tour of the West Country. And where were you in all this, Douglas? Don’t tell me you voluntarily went to Bristol.

キャロリン:そうね、でも私だってあなたたちが西部地方に観光に行くための費用として、7千ポンドを魔法みたいに作り出すことはできないの。それであなたは何をしてたの、ダグラス?まさか、はいはいってブリストルに付いてったんじゃないでしょうね。

 

DOUGLAS: I did suggest an alternative plan to Sir, Carolyn, but Sir quite properly reminded me that Sir is in command, and we should all obey Sir at all times.

ダグラス:私は代替案を「サー」に提案したとも、キャロリン、だがサーは適切にもサーこそが指揮権をお持ちであり、我々は何時もサーの指揮に従うべきだと念を押されてね。

 

CAROLYNWho reminded you?

キャロリン:誰に念を押されたの?

 

DOUGLAS: Captain Crieff, or – as I am privileged to call him – Sir.

ダグラス:クリーフ機長に、つまり──私はこうお呼びする栄誉をいただいているが──「サー」に。

 

CAROLYN: Martin, [6]you are many things but, believe me, you are not ‘Sir’. If anyone is Sir, I am Sir; and as Sir I am telling you from now on diversions are out.

キャロリン:マーティン、あなたを表す言葉は色々あるんだろうけど、「サー」でないのだけは絶対よ。もし誰かがサーなのだとしたら、それはわたしだし、サーとして言わせてもらうけど、今後ダイバートは禁止よ。

 

MARTIN: I see. So if an engine catches fire on take-off, shrug shoulders, [7]keep upper lip stiff and press on for Portugal. Got it.

マーティン:そうか。じゃあもし離陸中にエンジンが出火しても、仕方ないさと肩をすくめ、動じることなくポルトガルまで飛行し続けろって言うんだな。分かったよ。

 

CAROLYN: All right, [8]Biggles, you divert if something goes very, very seriously wrong, and I am talking, “Oh dear, surely we had two wings when we started,” wrong. Otherwise … otherwise you press on like a brave little soldier and you stop treating my company as [9]a bottomless money pit.

キャロリン:いいわ、ビグルズ。もし何か本当に、本当に深刻な問題が発生したときはダイバートして。「あら大変、出発した時は確かに2枚翼があったのに」ってレベルの深刻な事態ではね。それ以外は勇敢な兵士のように前進し、べらぼうな無駄遣いはよすことね。

 

MARTIN: That is completely unfair.

マーティン:そんなのフェアじゃないよ!

 

CAROLYN: Is that right? I tell you what, then: why don’t you explain to me why you have the cargo hold heated to thirty degrees all trip?

キャロリン:あらそう?じゃあ言わせてもらうけど、飛行中ずっと貨物室の室温を30度に保ってたのはどいうわけか教えてくれる?

 

MARTIN: Did we?

マーティン:そうだった?

 

CAROLYN: Didn’t you even know?

キャロリン:気づいてもいなかったの?

 

MARTIN: Well… the thermostat’s in the hold, you see and …

マーティン:ほら…温度調節器は貨物室の中だから、それで…

 

CAROLYN: You are allowed to look in there when you do the walk-round, you know. It’s not secret. Do you know how much it costs to keep a large metal room toasty warm thirty thousand feet up in the air? It is surprisingly pricey. So listen: next Thursday you’re going to Abu Dhabi and you’re going cheap. You will fly the most no-frills, most cost effective plane it is possible to fly. You will make easyJet look like Air Force One, understood?

キャロリン:離陸前の見回り点検の時に確認してもいいのよ、機密事項じゃないんだから。高度3万フィートの上空で金属の塊をぽかぽかに暖めておくのにいくらかかるか知ってる?驚くほど高額なの。だからよく聞きなさい。次の木曜にアブダビへ飛んでもらうけど、とにかく安く行くこと。贅沢は一切なし、飛行可能なぎりぎりラインの低コストで飛ぶこと。チープなイージージェットがエア・フォース・ワン並に思えるくらいに。分かった?

 

MARTIN (quietly): Yes, Carolyn.

マーティン:了解、キャロリン。

 

DOUGLAS: And who are the lucky passengers on [10]Scrooge McDuck Air?

ダグラス:そのけちけちフライトに乗る、幸運なお客は誰だい?

 

CAROLYN: No passengers. Some oil exec has moved out there and we’re bringing him everything he owns: furniture, clothes, carpets, cat, the lot.

キャロリン:乗客はなし。石油会社の重役さんがアブダビへ引っ越して、わたしたちは彼の持ち物を全て届けるの。家具、服、カーペット、猫、その他もろもろ。

 

MARTIN: All right. What time’s the pick-up?

マーティン:了解、迎えは何時?

 

CAROLYN: There’s not going to be a pick-up.

キャロリン:迎えはないわ。

 

MARTIN: What?

マーティン:何だって?

 

CAROLYN: Well, you remember that thing I said fifteen seconds ago about no frills? Well, astonishingly, that’s still in effect. There will be no taxis. You get to my house at six-thirty and I’ll drive you.

キャロリン:わたしが15秒前に贅沢はなしって言ったの覚えてる?驚くことにあれがまだ有効なの。タクシーは使わない。6時半にわたしの家に集合すること。わたしが送るわ。

 

MARTIN: No, no, no, no, no, I’m sorry, Carolyn. You simply can’t treat us like this!

マーティン:そんな、ダメだ、ダメだよ、悪いけど、キャロリン、そんな扱い不当だよ。

 

CAROLYN: Fine. Then do by all means feel free to resign, Martin, and take a job with one of the many companies eager to sign up the only commercial pilot in the skies who took seven goes to get his license.

キャロリン:あらそう、じゃあマーティン、遠慮なく転職したら?雇いたがる会社は他にいくらでもあるでしょうから、好きに選ぶといいわ。ライセンスを取得するのに7回も挑戦した唯一の民間機パイロットだものね。

 

MARTIN: Look, Carolyn, you cannot penalise me for taking a rational command decision based on reasonable air safety concerns!

マーティン:ねえ、キャロリン、僕を罰するなんてできないよ!飛行中の安全を正当に考慮して、論理的な指示を下しただけなのに!

 

CAROLYN: Yes I can.

キャロリン:できますとも。

 

MARTIN: Well, [11]technically you can, but …

マーティン:まあ、理屈ではできるけど、でも…

 

CAROLYN: Good! Then technically I will. Now, please, go and be somewhere else.

キャロリン:よろしい!じゃあ理屈通り罰するわ。さあ、いいから、どっかよそに行ってちょうだい。

 

DOUGLAS: Well done, sir. [12]That’s her told.

ダグラス:上出来です、サー。ガツンと言ってやりましたね。

 

*********************** 

 

(Sounds of splashing in a bathroom. There’s a knock on the closed door.)

 

ARTHUR (from outside the door): Morning, Mum! Can I come in?

アーサー:おはよう、お母さん!入っていい?

 

CAROLYN: Do you have coffee?

キャロリン:コーヒーある?

 

ARTHUR: Yes.

 

CAROLYN: Can I have the coffee without talking to you?

キャロリン:あなたと話さずにコーヒーだけもらえる?

 

ARTHUR: Not really.

アーサー:無理じゃないかな。

 

CAROLYN (sighing): Oh. Come in, then. 

キャロリン:そう、じゃあ入って。

 

(Door opens.)

 

ARTHUR: Here you go.

アーサー:はい、どうぞ。

 

(Clink of a mug being put down.)

(マグカップを置く音.)

 

ARTHUR: Do you need a hand?

アーサー:手伝おうか?

 

CAROLYN: Yes. Pass me the shampoo and catch hold of this.

キャロリン:ええ。シャンプーを取ってくれる?あとこれ持ってて。

 

(Splashing as Carolyn throws something to Arthur. A dog yaps excitedly.)

(キャロリンがアーサーに何かを手渡し、水が跳ねる音と犬の声がする)

 

CAROLYN (in a soppy high-pitched voice): All right, good girl. Awwww! Who’s going to be a lovely clean doggie?!

キャロリン(高い声で):よしよし、いい子ね。あら~!なんて可愛くってきれいなワンちゃんなの!

 

ARTHUR: You know the chaps’ll be here soon, don’t you?

アーサー:もうすぐみんな来ちゃうよ。

 

CAROLYN: What time is it?

キャロリン:何時?

 

ARTHUR: Six fifteen … Oh, damn!

アーサー:6時15分…ああ、しまった!

 

CAROLYN: What?

キャロリン:どうしたの?

 

ARTHUR: I’m trying to train myself always to talk in twenty-four hour clock, like Martin, but I keep forgetting.

アーサー:いつも24時間制で時刻を言えるように練習してるんだ、マーティンみたいに。でもすぐ忘れちゃう。

 

CAROLYN: Well, what should you have said?

キャロリン:で、何て言うはずだったの?

 

ARTHUR: Well, six fifteen. But not the six fifteen I was thinking of. You see, I was thinking of the one there’s two of, but when you do it right, there should only be one, and what I was …

アーサー:6時15分。でもぼくの考えてた6時15分と違ったんだ。つまり、ぼくは2回ある6時15分のうちのひとつのつもりで言ったけど、本当は6時15分は1回しかないはずで、ぼくが考えてたのは…

 

CAROLYN (interrupting): Arthur, Arthur, Arthur, light of my life, do please shut up.

キャロリン (遮って)アーサー、アーサー、アーサー、いい子だから、どうか黙ってちょうだい。

 

ARTHUR: Right. Yes. Sorry. Sorry, Mum. I-I’m just so excited about the trip.

アーサー:うん。わかった。ごめんね、お母さん。旅行だと思ったら興奮しちゃって。

 

CAROLYN (pulling the plug out of the plughole): Arthur! You’ve been on hundreds of trips. Hasn’t the novelty worn off a little?

キャロリン (栓を抜いて水を流しながら):アーサー!あなたもう何百回も旅行には行ってるでしょう。少しは新鮮味もあせたんじゃない?

 

ARTHUR: No, never! It’s just always exciting! That amazing moment when twelve tons of metal leaves the earth – and no-one knows why!

アーサー:全然!いつだってワクワクするよ!12トンもの金属が地面を離れる、あの素晴らしい瞬間──しかも誰も理由は知らないんだ!

 

CAROLYN: Yes, we do.

キャロリン:知ってるわよ。

 

ARTHUR: Yeah, but … you know, not really. I mean, we know you need wings and engines and a … sticky-up bit on the end for some reason, but it’s not like we actually know why a plane stays in the air.

アーサー:うん、でも、本当によく分かってるわけじゃないでしょ。つまり、翼とエンジンと後ろについてるピョコンとしたのが、どういうわけか必要だってのは知ってるけど、どうして飛行機が空中に浮いていられるかを本当に知ってるわけじゃないから。

 

CAROLYN: No, no, Arthur, we really do. We-we do, we do know that.

キャロリン:いいえ、アーサー、本当に分かってるの。みんな分かってる、本当よ。

 

ARTHUR: Oh! How, then?

アーサー:へえ!じゃあどうして?

 

CAROLYN: Well … er, because … Will you give me that towel?

キャロリン:そうね、つまりそれは…そのタオル取ってくれる?

 

(The dog yaps as Carolyn rubs her down.)

 

CAROLYN (soppy high-pitched voice): Okay, okay, good doggie! Keep still!

キャロリン(甘ったるい高い声で):よしよし、いい子ね!じっとしてるのよ!

 

(She chuckles fondly, then switches back to her normal voice.)

 

CAROLYN: Because there are four forces acting on the plane, and so long as two of them are bigger than the other two, the plane flies.

キャロリン:それはね、飛行機には4つの力が働いていて、そのうちの2つが別の2つよりも大きい限り、飛行機は飛ぶの。

 

ARTHUR (smiling): … Mum, I don’t mind that no-one knows.

アーサー:お母さん、誰も知らなくてもぼくは気にしないよ。

 

CAROLYN: But we do! We do! That’s it! What I said: that’s how.

キャロリン:でも知ってるの!わかってるの!そういうことなの!わたしが今言ったのが仕組みなの。

 

ARTHUR: Well, what are the four forces, then?

アーサー:じゃあ、その4つの力って何?

 

CAROLYN: Yes! Well, I will tell you what they are. Lift … weight … er …

キャロリン:それはね、教えてあげるわ。揚力と重力、ええと…

 

ARTHUR: Up and down?

アーサー:上と下?

 

CAROLYN: No, no, no, no, no. Tho-Those are up and down. No, it’s lift, weight …

キャロリン:いえいえ、違う、違う。でも確かに今のは上方向と下方向の力だけど。違うの、揚力、重力…

 

ARTHUR: Left and right.

アーサー:左と右。

 

CAROLYN: No, no, no, no. Lift, weight …

キャロリン:違う、違う、揚力、重力…

 

ARTHUR (tentatively): En…gines?

アーサー:エンージン?

 

CAROLYN: No, no … well, yes, yes, yes, sort of. Um, thrust, thrust. Lift, weight, thrust and …

キャロリン:いいえ、まあ、そうね、ある意味。ええと、推力よ、推力。揚力、重力、推力、それから…

 

ARTHUR: Time.

アーサー:時間。

 

CAROLYN: Drag. Lift, weight, thrust and drag. So, the weight and drag are overcome because the engines give the plane thrust, and the wings give it lift. And that’s how a plane flies.

 

キャロリン:抗力。揚力、重力、推力と抗力。つまり、飛行機に対して、エンジンが推力を翼が揚力を与えて、それらが重力と抗力を上回って、それで、飛行機は飛ぶの。

 

ARTHURHow do the wings give it lift?

アーサー:どうやって翼が飛行機を持ち上げるの?

 

CAROLYN: What?

キャロリン:何ですって?

 

ARTHUR: The wings are really heavy. How does bolting two ginormous lumps of metal to a ginormous lump of metal give it lift?

アーサー:翼ってすごく重いよ。2つの巨大な鉄の塊を一つの巨大な鉄の塊にボルトで締めて、それでどうして飛行機が持ち上がるの?

 

CAROLYN: Well, because they are wings. Well, they’re like birds’ wings.

キャロリン:翼だからよ。鳥の翼みたいなものよ。

 

ARTHUR: Yeah, but birds’ wings flapOurs don’t flap. They’ve got flaps, but I once watched the flaps all the way to Stockholm and, take it from me, they are seriously mis-named. So-so why does having wings make a plane leave the runway?

アーサー:うん、でも鳥の翼は羽ばたくけど、飛行機の翼は羽ばたかないよ。フラップ(=羽ばたき)は付いてるけど、ストックホルムまでの飛行中ずっと見てたことがあるけど、ぼくに言わせれば、あの名前って本当に間違ってる。それで、何で翼があったら飛行機は離陸できるの?

 

(Carolyn draws in a breath. At that moment the doorbell rings.)

 

CAROLYN (relieved): Ah, they’re here! Now go and wait in the car with them. I need to clean my teeth.

キャロリン:ああ、来た!さあ行って2人と車の中で待ってて。わたしは歯を磨くから。

 

ARTHUR: Yeah, but how do the wings …

アーサー:うん、でもどうやって翼が…

 

CAROLYN (interrupting): Answer the door!

キャロリン:玄関に出て!

 

ARTHUR: Okay, I’m going, I’m going!

アーサー:分かったよ、行くよ、行くよ。

 

(Bathroom door closes. The dog yaps again.)

(浴室の扉がしまる。犬の吠える声。)

 

CAROLYN (soppy high-pitched voice): There we are, Snoopadoop! Who’s a lovely clean girl?! (She laughs affectionately.) Go free!

キャロリン:ほうら、スヌーパドゥープ!可愛くってきれいな子ね!お行き。

 

(Panting, the dog runs off with a rattle of claws on the linoleum.)

(犬がリノリウムの床の上を走っていく)

 

*********************** 

 

(Outside. The front door opens.)

(屋外。玄関の扉が開く。)

 

ARTHUR: Hi there, Douglas!

アーサー:やあ、ダグラス!

 

DOUGLAS: Morning, Arthur. You’re revoltingly chirpy for half-six in the morning. Where’s your mother?

ダグラス:おはよう、アーサー。朝の6時半だっていうのに恐ろしく陽気だな。お母さんは?

 

ARTHUR: She’s just brushing her teeth. She says to wait for her in the car.

アーサー:歯を磨いてる。車の中で待っとけってさ。

 

(Sound of the car alarm being switched off. Car doors open.)

(車のアラームを切り、ドアを開ける音)

 

ARTHUR: Um, where’s Martin?

アーサー:マーティンは?

 

DOUGLAS: Who can predict the movements of the Supreme Commander?

ダグラス:最高指揮官の動向を予見できるはずがないじゃないか。

 

(The car doors shut.) (車のドアが閉まる)

 

DOUGLAS: Perhaps God wanted to pick his brains about something.

ダグラス:神が何か彼の知恵を拝借したがったのかも知れないし。

 

ARTHUR: How d’you mean?

アーサー:どういう意味?

 

DOUGLAS: Never mind. Ah, but what’s this? Who is this commanding presence hoving into view? Can it be Sir? It can.

ダグラス:気にするな。ああ、あれは何だ?視界に浮かぶあの堂々たる人物はいったい?ひょっとしてサーなのか?そうかも。

 

(Car door opens.)(車のドアが開く音)

 

 

MARTIN: Morning.

マーティン:おはよう。

 

DOUGLAS: Greetings, oh Sir.

ダグラス:おはようございます、サーよ。

 

MARTIN: Don’t call me ‘Sir’, Douglas.

マーティン:サーと呼ぶな、ダグラス。

 

DOUGLAS: Sir’s mind is fickle and changeable. I shall endeavour to remember, sir, but from time to time my natural awe of the majestic figure cut by Sir may bubble up uncontrollably and …

ダグラス:サーのお心は気まぐれで移ろいやすくあられますな。記憶するよう努める所存ですが、サー、時折りサーの威厳ある御姿に揺り起こされた私の心からの畏敬の念のために、思わず口走ってしまうやも知れず…

 

MARTIN (interrupting): Thank you, Douglas. Truly you are a hilarious pilot. Where’s Carolyn?

マーティン:ありがとう、ダグラス。君は本当に愉快なパイロットだよ。キャロリンは?

 

DOUGLAS: Sharpening her teeth.

ダグラス:歯を研いでる。

 

ARTHUR: Brushing.

アーサー:磨いてるんだよ。

 

DOUGLASBrushing her teeth. Yes, sorry. Well, in you get, then, Sir of Sirs. You’re letting the cold in.

ダグラス:歯を磨いてる。うん、すまん。さあ、入った、サーの中のサーよ。寒いじゃないか。

 

MARTIN: I can’t. You’re in my seat.

マーティン:入れない。君が僕の席に座ってる。

 

DOUGLASYour seat? You have a seat?

ダグラス:君の席?君の席があるのか?

 

MARTIN: Yes.

 

DOUGLAS: In Carolyn’s car?

ダグラス:キャロリンの車に?

 

MARTIN: The front seat is my seat.

マーティン:助手席は僕の席だ。

 

DOUGLAS: What, did you [13]call shotgun?

ダグラス:へ?「ショットガン」って叫んだ?

 

MARTIN: I don’t need to call shotgun. I’m the captain.

マーティン:叫ぶ必要ないだろう。僕が機長なんだから。

 

DOUGLAS: The captain gets the front seat in the aircraft, Martin, because he’s driving it – not in any vehicle he happens to be in.

ダグラス:飛行機で機長が前の席に座るのは、マーティン、機長が操縦するからだ。たまたま乗ったどんな乗り物ででもというわけにはいかんよ。

 

MARTIN: I always sit in the front seat in the taxi.

マーティン:タクシーでは僕がいつも助手席じゃないか。

 

DOUGLAS: Only because the taxi goes to your house first. This time I got here first, and so here I am. Voila.

ダグラス:それは単にタクシーが君の家に最初に着くから。今回は私が最初に来たんだから、ここは私の席。ちゃんちゃん。

 

ARTHUR: Tell you what: if it makes it easier, I could go in the front.

アーサー:あの、もしよかったら、ぼくが助手席に行ってもいいよ。

 

DOUGLAS and MARTIN (simultaneously): Shut up, Arthur.

ダグラスマーティン:黙れ、アーサー。

 

ARTHUR: Right.

アーサー:わかった。

 

MARTIN: Douglas, I’ve gotta do the briefing. How am I supposed to give the briefing from the back seat?

マーティン:ダグラス、僕はブリーフィングしなきゃいけないんだ。後ろの席からブリーフィングなんて出来ない。

 

DOUGLAS: I’ll still be able to hear you. I’ll be in the same car and everything! And my legs are longer – yards longer.

ダグラス:後ろからでも聞こえるさ。同じ車の中に居るんだから!それに私の足の方が長い、うんと長い。

 

MARTIN: But I don’t …

マーティン:でも僕は…

 

DOUGLAS: Oh, all right. I’ll toss you for it.

ダグラス:もうわかったよ。コイン投げで決めよう。

 

MARTIN: Hey, no, that’s not fair. You know about me and coin tosses.

マーティン:おい、嫌だよ。フェアじゃない。僕のコイン投げの成績は知ってるだろう。

 

DOUGLAS: Heads or tails?

ダグラス:裏か表か?

 

MARTIN: Oh, bloody hell. Tails, then.

マーティン:ああ、もう。じゃあ裏。

 

(ダグラスがコインを投げて手の甲で受ける音)

 

DOUGLAS: … Oh. That’s odd.

ダグラス:妙だな。

 

MARTIN: Did I … win?

マーティン:僕の…勝ち?

 

(ダグラスのため息)                   

 

MARTIN: Did I actually win?!

マーティン:本当に僕が勝ったんだ!?

 

(ダグラスが車のドアを開ける)

 

MARTIN: That never happens! That’s the first time in a run of about five hundred!

マーティン:こんなことってあるんだ!500回近くもやってて初めてだ!

 

DOUGLAS (tetchily): Oh just get on with it.

ダグラス:早く済ませよう。

 

(ダグラスが車を降り、2人が車に乗り込む音)

 

MARTIN: Oh, now, that is nice. Comfy. Ahhhh! Now listen up, chaps. Here’s the briefing. Fairly straightforward. Weather’s good; clear skies expected at Abu Dhabi; our alternate is Dubai. I’ll operate out; Douglas, you operate back. I trust that’s all clear?

マーティン:ああ、やれやれ、いい気分だ。最高。ああ!じゃあみんな聞いてくれ。ブリーフィングをする。すごく単純だ。天候良好、アブダビは快晴の見込み、代替空港はドバイ。僕が往路を操縦し、ダグラス、君は復路を頼む。すべて問題ないね?

 

DOUGLAS: Aye-aye, [14]Cap’n Ahab.

ダグラス:はいはい、キャプテン・エイハブ。

 

MARTIN: I suppose he’s a friend of Captain Bligh, is he?

マーティン:それってキャプテン・ブライの友だち?

 

DOUGLAS: The three of you should go for a drink some time.

ダグラス:君ら3人でそのうち飲みに行ったらいいよ。

 

(足音が近づいてきて、車のドアが開く)

 

CAROLYN (getting in and shutting the door): Okay, Team Useless, we’re late.

キャロリン:オーケイ、チーム・役立たず、遅刻よ。

 

MARTIN: But that’s because you were …

マーティン:君を待ってたんじゃないか。

 

CAROLYN (starting the car and driving off): Shut up and listen. Here’s your briefing. Douglas will operate out; Martin back. Clear skies at Abu Dhabi; your alternate is Bahrain.

キャロリン(車をエンジンをかけて発進させながら)黙って聞くの。ブリーフィングよ。ダグラスが往路を、マーティンが復路を担当して。アブダビは快晴、代替空港はバーレーン

 

MARTIN: Carolyn, I’ve already done the …

マーティン:キャロリン、ブリーフィングはもう僕が済ませて…

 

CAROLYN (interrupting): No, really, shut up and listen. Alternate Bahrain, but of course you don’t need an alternate because today’s the day we try running MJN as a profitable business rather than a charitable sanctuary for rubbish pilots. Oh, no, wait-wait-wait a minute.

キャロリン:いいから、黙って聞きなさいったら。代替はバーレーンだけど、もちろん代替空港なんて不要よね。今日こそMJN社は利益を出すんだから。へなちょこパイロットのための慈善事業じゃなくて。あら、ダメ、ちょっと待って。

 

(車を止める音)

 

CAROLYN: Martin, swap seats with Douglas.

キャロリン:マーティン、ダグラスと席を替わりなさい。

 

MARTIN: What?

マーティン:え?

 

CAROLYN: He’s too tall. I can’t see out of the back window. Well, come on, chop-chop!

キャロリン:ダグラスの背が高すぎて、後ろの窓が見えないの。ほら、いいから、早く早く!

 

MARTIN: I don’t believe …

マーティン:信じられない…

 

CAROLYN: I am going to count to one. 

キャロリン:ひとつ数える間に(席を替わりなさい)。

 

(短い沈黙)

 

CAROLYN: One.

キャロリン:ひとつ!

 

(車のドアが開く音)

 

***********************

Abu Dhabi 後半へと続く

***********************

<脚注>

[1] GERTI(ガーティ): MJN航空の唯一の所有機。年代物で小さな故障は日常茶飯事。「GERTI」は飛行機の機体記号で、新たな管制域に入って最初の無線や緊急時には「GERTI」と全記号を名乗るが、それ以外は「GTI」。Golf Echo Romeo Tango IndiaはGERTIのフォネティックコード(無線通話などにおいて重要な文字・数字の組み合わせを正確に伝達するために、各アルファベットにそれぞれを頭文字にした単語をあてがった規則)。

[2] duckはクリケトの試合における零点のことでbreak a duckは最初の得点を挙げること

[3] Skipper (Skip) = Captain (機長、船長、指揮官、主将など)ややカジュアル。

[4] Captain Blighは18世紀の有名なイギリス海軍の士官

[5] present themselves: 「自ら自然に立ち現れる」くらいの意味

[6]口語でよく見かける表現 “You’re many things, but you’re not ―”

「あなたを形容する言葉は色々あるけど、…でないのだけは確かだ。」

[7] keep a stiff upper lip: 困難に動じず、決然と冷静に立ち向かう様子。イギリス人の禁欲的で感情を抑えた態度を象徴する表現としてよく使われる。

[8] Biggles(ビグルス):1930-60年代の人気読物の主人公;戦闘機のパイロット

[9] stop treating my company as a bottomless money pit: “money pit”は「金食い虫」の意味。この台詞は「会社を底なしにお金がかかるもののように扱うな=無駄に大金を使うことはやめろ」という意味、だと思う。

[10] Scrooge=ディケンズクリスマス・キャロルの主人公:守銭奴。McDuck=マクドナルド

[11] “technically”はよく会話でも使われ、辞書などでは「技術的に;正確[厳密]に解釈して」などの訳語があてられているが、「理屈でいえば;理論上は」という意味で使われることが多いように思う。

[12] That’s someone told:「~がガツンと言われた、一本取られた」(辞書になかったので例文をあたってみたところ、こうした意味と思われる)

[13] 助手席に乗る権利を主張する人が大声で”shotgun”と言う。アメリカの西部開拓時代に、馬車の運転席の隣にはショットガンを持った人物が用心棒として乗っていたことに由来する

[14] エイハブ艦長、メルヴィルの『白鯨』に登場する。