Black, Two Sugars, Please

BBC SherlockとCabin Pressureにどハマりした英語好きのブログ初心者

S1E1: Abu Dhabi 後半(Cabin Pressure和訳)

Cabin Pressure Script 翻訳、前回のS1E1: Abu Dhabi 前半(Cabin Pressure和訳)からの続きです。

顧客の荷物をGERTIの貨物室に積み終えたところからストーリーが再開します。

最後の方のマーティンの猫がらみのダジャレ発言が、なかなか理解できず「そのこころは!?」とひとりで随分悩みました。

 

今回も英語原文スクリプトAbu Dhabi Transcript | Cabin Pressure Fansより、Ariane DeVereさんのTranscriptをお借りしました。

 

 

 

***

Abu Dhabi 2/2

Script by John Finnemore

(英語原文スクリプトAbu Dhabi Transcript | Cabin Pressure Fans

 

 

***

(Echoey voices in the plane’s cargo hold.)

 

DOUGLAS: Look at all this lot: carpets, vases, and a [1]storage heater!

ダグラス:この大荷物を見ろよ。カーペットに花瓶に蓄熱ヒーター。

 

MARTIN: Why would he want a storage heater in Abu Dhabi?

マーティンアブダビでどうして蓄熱ヒーターが欲しいんだ?

 

DOUGLAS: Well, there is a lot of heat to store.

ダグラス:まあ、蓄める熱はたっぷりあるからな。

 

MARTIN: Right, we’re done. (Calling out) Arthur, we’re done!

マーティン:よし、準備できた。アーサー、終わったよ!

 

ARTHUR (some distance away): Coming, Skipper!

アーサー:いま行くよ、スキッパー。

 

MARTIN: What are you doing back there?

マーティン:そこで何してるんだ?

 

ARTHUR: I’m just trying to soothe the cat.

アーサー:猫をなだめようと思って。

 

(A cat wails, then yowls angrily.)

 

ARTHUR: Ow! Ah!

 

MARTIN: God. What happened?

マーティン:うわ、何ごとだ?

 

ARTHUR: I … failed.

アーサー:…失敗したみたい。

 

DOUGLAS: Good heavens! Are you all right?

ダグラス:なんてこった!大丈夫か?

 

ARTHUR (coming closer): I-I think so. He’s sweet really. He was just playing.

アーサー:大丈夫だと思う。本当はいい子なんだ。ちょっと遊んでただけで。

 

MARTIN: At what? Being a leopard?

マーティン:何して遊んでたって?ヒョウの真似っこ?

 

DOUGLAS: I wouldn’t have thought he could get his paw through the bars.

ダグラス:檻の間から前足を出せるとは思わなかったな。

 

ARTHUR: Nor did I. He really can, though.

アーサー:ぼくも。でも出せるんだね。

 

MARTIN: D’you want to go and … sew yourself back together?

マーティン:傷を縫い合わせたいかい?

 

ARTHUR: No, I-I’m fine. Ish. A-Are we done?

アーサー:ううん、大丈夫…っぽい。準備できたの?

 

DOUGLAS: It seems so. And now it’s back to the boring old plane flying.

ダグラス:どうやらな。さあいつも通り退屈な飛行機を飛ばすとしようか。

 

(Footsteps as the men leave the cargo hold.)

 

ARTHUR: Oh, yes. About that. Um, I wanted to ask you something, Skipper. Mum was telling me this morning that planes fly because they’ve got wings.

アーサー:ああ、うん。そのことだけど、聞きたいことがあるんだ、スキッパー。お母さんが今朝飛行機は翼があるから飛ぶんだって言ってたんだけど。

 

DOUGLAS: Is there anything that woman doesn’t know?

ダグラス:あのご婦人には知らないことはないのかね?

 

ARTHUR: But she didn’t really explain – why do wings lift us up?

アーサー:でもちゃんと説明してくれなかったんだ…どうして翼があれば飛ぶの?

 

DOUGLAS: Ah, well. Essentially …

ダグラス:ああ、なるほど。基本的には…

 

MARTIN: Uh, Douglas, he asked me. Listen carefully, Arthur. The wing is curved on top but flat on the bottom. When it meets the air, it splits it in two. The air that goes over the top has further to go, so it has to go faster to keep up with the air underneath. That reduces the pressure above the wing, giving us lift.

マーティン:ダグラス、アーサーは僕に聞いたんだ。よく聞くんだ、アーサー。翼というのは上が丸く、下は平らになってる。空気は翼に当たると2つに分かれる。上に行った空気はより長い距離を行くことになるから、下の空気に追いつくためにより速いスピードで流れるんだ。そのため翼の上部の気圧が下がり、揚力が得られる。

 

ARTHUR: Ah, fantastic! Thanks, Skipper! I totally get it now.

アーサー:わあ、すごいや!ありがとう、スキッパー!もうばっちり分かったよ。

 

MARTIN: You’re welcome.

マーティン:どういたしまして。

 

ARTHUR: Except … why does it have to?

アーサー:ただ…どうして必要なの?

 

MARTIN: Why does what what?

マーティン:何が何をどうしたって?

 

ARTHUR: Why does the air on the top have to keep up with the air on the bottom? Why don’t they just split up?

アーサー:どうして上の空気は下の空気に追いつく必要があるの?どうして別れてしまわないの?

 

(Everyone stops walking. There’s a long pause.)

 

DOUGLAS: … [2]For the sake of the kids?

ダグラス:…子どもたちのためにじゃないか?

 

***

 

MARTIN: Fuel system checked?

マーティン:燃料システム、チェック?

 

DOUGLAS: Checked.

ダグラス:チェック。

 

MARTIN: Hydraulics checked?

マーティン:油圧系統、チェック?

 

DOUGLAS: Checked.

ダグラス:チェック。

 

MARTIN: Transponder checked?

マーティン:無線中継機、チェック?

 

DOUGLAS: Like a picnic tablecloth.

ダグラス:ピクニック用のテーブルクロス並みにチェック。

 

MARTIN: In general, plane not broken?

マーティン:おおむね、飛行機は故障していないな?

 

DOUGLAS: Plane, so far as one can tell, not broken.

ダグラス:飛行機、確認できる限りは、故障なし。

 

MARTIN: Great. I’ll go and do the walk-around, then.

マーティン:よし。では僕は見回り点検をしてくる。

 

DOUGLAS: Not forgetting, of course, to check that the cargo hold temperature …

ダグラス:もちろん、貨物室の温度の確認は忘れないで…

 

MARTIN (interrupting): No, obviously not forgetting that. Douglas, do I have to remind you again who’s in command?

マーティン:忘れないよ、当然だろう。ダグラス、もう一度誰が指揮官か確認が必要か?

 

DOUGLAS: Could it, by any chance, be you, Captain Queeg?

ダグラス:ひょっとして、あなたかな、キャプテン・クイーグ?

 

MARTINQueeg? You’re just making them up now.

マーティン:クイーグ?もうただの思いつきで言ってるだろう?

 

***

 

(In flight.)

 

FRANCE AIR TRAFFIC CONTROL (over radio): Bonjour, Golf Tango India. Maintain three four zero, direct Châtillon.

フランス管制塔:ボンジュール、G-T-I。シャティヨンに向けて針路3-4-0を維持してください。

 

DOUGLAS (into radio): Mais oui, mon ami. Out.

ダグラス:メ、ウィ、モナミ (フランス語「了解です、友よ」)。交信終了。

 

(Radio off.) 

 

MARTIN: Post take-off checks complete, Douglas.

マーティン:離陸後のチェック完了したよ、ダグラス。

 

DOUGLAS: Thank you, Captain. Perkins.

ダグラス:ありがとう、機長。パーキンス。

 

MARTIN: Oh, knock it off, Douglas.

マーティン:もういい加減にしてくれ、ダグラス。

 

DOUGLAS: Knock what off?

ダグラス:何を?

 

MARTIN: Yes, all right, I’ve never heard of Captain Perkins. Happy now? You win again in the game of Referencing Fictional Captains I Don’t Recognise. But d’you know, that’s because of instead of reading The Adventures of Captain Perkins in my punt at Eton College Oxford, I was re-reading Principles of Climatology for Pilots, and underlining bits in red, all right?

マーティン:ああ、そうさ、僕はキャプテン・パーキンスなんて知らない。満足かい?『フィクションのキャプテン』ゲームもきみの勝ちだ。でもそれは、イートン・カレッジやオクスフォードで舟を漕ぎながら『キャプテン・パーキンスの冒険』なんて本を読む代わりに、僕は『パイロットのための気象学』を繰り返し読んで、赤ペンで下線を引いていたからなんだよ。分かった?

 

DOUGLAS: All right. Feel better?

ダグラス:分かった。すっきりした?

 

MARTIN (quietly): Yes.

マーティン:うん。

 

DOUGLAS: Good. I said, “Thank you, Captain. Perkins.” Brian Perkins.

ダグラス:うむ。私が言いたかったのは「ありがとう、機長(キャプテン)。パーキンス」。ブライアン・パーキンス。

 

MARTIN: Oh. Right. Hanrahan.

マーティン:ああ、そうだったのか。ハンラハン。

 

(Flight deck door opens.)

 

ARTHUR: Lunch is served, gents.

アーサー:ランチだよ、お2人さん。

 

DOUGLAS: Ah, excellent. What have we today?

ダグラス:素晴らしい。今日のメニューは?

 

ARTHUR: Ooh, heaps of deliciousness! I spent hours on it.

アーサー:おいしいのが満載。すごく時間をかけたんだ。

 

MARTIN: Arthur, I very much hope that you mean by that that you spent hours removing the lids from our delicious catered food.

マーティン:アーサー、時間がかかったというのは、美味しい仕出し料理のパックの蓋を外すのに、すごく時間がかかったという意味だと言ってくれ。

 

DOUGLAS: Which, to be fair, we are perfectly prepared to imagine of you.

ダグラス:公平に言って、君なら十分にあり得ることだし。

 

ARTHUR: Okay. Uh, you see, the caterers were one of the things Mum thought we could tighten our belt around. She thought that, with me not having terribly much to do on cargo flights, I could try my hand at doing the meals.

アーサー:あの、それがね、ケータリング費は削れる経費のうちのひとつだってお母さんが考えてね。それで、僕は貨物便だとあまりすることがないから、食事を自分で作ってみるよう言われたんだ。

 

MARTIN: Did she? Did she really? And what have you prepared?

マーティン:そうなのか?本当に?それで何を作ったんだ?

 

ARTHUR: Well, er, two separate meals as per. For someone, this!

アーサー:うん、いつも通り2種類の料理。1人にはこれ!

 

(Clink of the food container onto a plate.)

 

MARTIN: My God.

マーティン:なんてこった。

 

ARTHUR (proudly): I call it my Orange Platter. 

アーサー:オレンジ盛りだよ。

 

DOUGLAS: Really? I wonder why?

ダグラス:へえ?どうしてかな?

 

ARTHUR: Oh, because everything in it …

アーサー:だって、全部が…

 

DOUGLAS: Yes, Arthur, I can see why.

ダグラス:うむ、アーサー、見たらわかる。

 

MARTIN: What makes the mashed potato orange?

マーティン:どうやったらマッシュトポテトがオレンジ色になるんだ?

 

ARTHUR: Cooking it in the same saucepan that I used to curry the baked beans.

アーサー:カレー風味のベイクトビーンズを作ったのと、同じソースパンで作ったんだ。

 

MARTIN: And the other option?

マーティン:でもう片方は?

 

ARTHUR: Ah. My signature dish. Behold …

アーサー:ぼくの自慢料理。じゃーん...

 

(Clink of another container onto a plate.)

 

ARTHUR: … Surprising Rice!

アーサー:…びっくりライス!

 

DOUGLAS: Good Lord!

ダグラス:なんと!

 

MARTIN: What are … those bits?

マーティン:このつぶつぶは何?

 

ARTHUR: Ah, you see, Skipper, if you don’t mind me saying so, that question is entirely against the spirit of Surprising Rice.

アーサー:あのね、スキッパー、こういっちゃ悪いけど、その質問に答えたらびっくりライスにならないよ。

 

DOUGLAS: Arthur, you’re aware the point of giving us separate meals is so that we can’t both get food poisoning? There’s really not much point if you’re just going to poison us in two different ways.

ダグラス:アーサー、操縦士に別々の料理を出すのは、2人同時に食中毒にならないためだって分かってるな?2人に別々の方法で毒を盛っては、あまり意味がないんだ。

 

ARTHUR: Oh, come on, chaps! I tried my hardest, you know.

アーサー:ねえ、ほら、2人とも!すごく頑張ったんだからさ!

 

MARTIN: That’s what we’re afraid of. Arthur, sorry, but please take these away, humanely destroy them and see if there’s anything edible on the plane. Douglas, sat comm, please.

マーティン:だから怖いんだよ。アーサー、悪いけどその料理は下げて人道的に処分して、機内に何か食べられるものがないか探してくれ。ダグラス、無線を頼む。

 

(Sat comm on.)

 

MARTIN: Carolyn, what the hell are you trying to do?

マーティン:キャロリン、いったい何のつもりだい?

 

CAROLYN (anxiously, over sat comm): What’s the matter? Has Arthur told you about the accommodation already? I told him to wait ’til you landed.

キャロリン:どうしたの?アーサーが宿泊先についてなにか話した?着陸するまで待てって言ったのに。

 

MARTIN: What? No. What about the accommodation?

マーティン:何?ホテルがどうかしたの?

 

CAROLYN: Oh, nothing, nothing. You’ll love it. It has olde worlde … Bedouin charm. What did you want, then?

キャロリン:あら、何でもないの。気に入るわよ。古き良きアラブって感じで。で、何の用なの?

 

MARTIN: The food, Carolyn. We’re skilled professionals doing a difficult and dangerous job. We need proper catering.

マーティン:食事だよ、キャロリン。僕らは難しくて危険を伴う仕事をしている、熟練したプロなんだ。まともなケータリングが必要だ。

 

CAROLYN: Skilled professionals don’t go to Bristol. Ask anyone. Skilled professionals don’t forget to check the cargo hold heating. Speaking of which, did you check it?

キャロリン:熟練したプロはブリストルには行きません。誰でもいいから聞いてごらんなさい。熟練したプロは貨物室の暖房の確認を忘れたりしません。そう言えば、ちゃんと確認した?

 

MARTIN: Yes! Yes, of course I did. How could I forget with everyone reminding me twice a minute? I checked it before the walk-round, and I checked it after the walk-round, and it was definitely, definitely off.

マーティン:したさ、したさ、当たり前だろ!どうやったら忘れるって言うんだ、みんなして30秒おきに確認してくるのに。見回り点検の前にも確認したし、見回り点検の後にも確認した。絶対に、絶対にオフになってた。

 

DOUGLAS: On.

ダグラス:オンだよ。

 

MARTIN: What?

マーティン:なに?

 

DOUGLAS: Sir means on, naturally. It was on. Whoops! Must go now, Carolyn – here comes a mountain. Cheerio!

ダグラス:サーはオンと言うつもりだったんだよ、もちろん。オンになってた。もう切らなくては、キャロリン。山に接近してる。じゃあな。

 

(Sat comm off.)

 

MARTIN: Douglas, is this some half-baked revenge attempt? Because, if so, it’s really pointless. Why would she believe I deliberately turned it on?

マーティン:ダグラス、これって中途半端な復讐のつもりか?そうだとしても無意味だよ。彼女が信じると思うのか、僕がわざとエアコンをオンにしたなんて?

 

DOUGLAS: Why indeed? But I had this sort of feeling you might hope she did, what with the cat in the hold and all.

ダグラス:なぜかな。どうも、キャロリンがそう信じてくれた方が君のためではないかという気がするんだ。貨物室には猫がいたりするから。

 

MARTIN: … Oh, God.

マーティン:…どうしよう。

 

DOUGLAS: Precisely. I did try to remind you.

ダグラス:まさに。私は確かに念を押そうとしたよ。

 

MARTIN: Oh, God.

マーティン:ああ、どうしよう。

 

DOUGLAS: Yes.

ダグラス:うむ。

 

MARTIN: D’you think it’s dead?

マーティン:死んでるかな?

 

DOUGLAS: No, no. Definitely not. Not yet.

ダグラス:いやいや、それはない。まだ。

 

MARTIN: Oh God!

マーティン:どうしよう!

 

DOUGLAS: Probably feeling the chill, though.

ダグラス:でも寒気は感じてるかも。

 

MARTIN: What flight time have you got?

マーティン:飛行時間は何時間だ?

 

DOUGLAS: A little under eight hours.

ダグラス:8時間弱。

 

MARTIN: How long can a cat survive in an unheated hold at thirty-four thousand feet?

マーティン:高度3万4千フィートの暖房のない貨物室で、猫ってどのくらい生きられる?

 

DOUGLAS: Oh, I used to know this one. It’s always coming up in pub quizzes.

ダグラス:昔は知っていたんだがなあ。飲み屋のクイズ大会で必ず出題されるんだ。

 

MARTIN: Yes, all right.

マーティン:ああ、そう。

 

DOUGLAS: Now then, is it three hours and twenty-eight seconds, or is that a weasel in a submarine?

ダグラス:3時間と28秒だったかな?いやそれは潜水艦の中のイタチの場合か?

 

MARTIN: You don’t know?

マーティン:分からないか。

 

DOUGLAS: I regret not, but I wouldn’t hold out too much hope for the answer being ‘eight hours’.

ダグラス:残念ながら。でも8時間ももつとは期待できない。

 

MARTIN: Oh God. I’m going to have to kill the client’s cat!

マーティン:何てことだ。客の猫を死なせてしまう。

 

DOUGLAS: It’s looking that way.

ダグラス:そのようだな。

 

MARTIN: I can’t kill the client’s cat!

マーティン:客の猫を死なせるわけにはいかないよ!

 

DOUGLAS: That’s also true.

ダグラス:それもまた然り。

 

MARTIN: But what else can I do?

マーティン:でも他にどうしたらいい?

 

DOUGLAS: I suppose you could always …

ダグラス:まあいざとなれば…

 

MARTIN: I can’t. I can’t divert. She’ll hunt me down. She’ll actually hunt me down with knives.

マーティン:無理だ。ダイバートはできない。キャロリンが僕を始末しにかかるよ。本当にナイフをもって追いかけてくる。

 

DOUGLAS: Whereas if we carry on and freeze the client’s cat to death …?

ダグラス:かと言って、このまま客の猫を凍死させたら…?

 

MARTINAlso knives. Big knives. If we … if we did carry on and the cat didn’t make it, d’you think they’d be able to tell how it died?

マーティン:やっぱりナイフだ。それもでかいナイフ。もし、もしこのまま飛行を続けて猫が死んでしまったとしたら、死因は分かるものかな?

 

DOUGLAS: Again, I fear you flatter my knowledge of cat pathology.

ダグラス:またしても、私の猫の病理学の知識を買いかぶってるようだな。

 

MARTIN: I don’t see how they could. I mean, it’s not as if it’s gonna freeze into a block of ice, is it?

マーティン:分かりようがないよ。だって、かちんこちんの氷の塊になるわけじゃないだろう?

 

DOUGLAS: Not unless it’s a cartoon cat, no.

ダグラス:漫画の猫じゃない限り。

 

MARTIN: I mean, it’s not as if the Cat CSI’s gonna descend on us.

マーティン:ほら、猫専門のCSIが押しかけてくるわけじゃないし。

 

DOUGLAS: I wouldn’t have thought so. They’re so busy these days.

ダグラス:ないだろう。最近忙しそうだし。

 

MARTIN: I mean, I know it’s a bit rotten – for the cat – but ten thousand pounds to divert is quite a lot, isn’t it?

マーティン:つまり、猫には悪いと思うけど、でもダイバートに何万ポンドもかけるってあんまりだよね?

 

DOUGLAS: A fair bit. And Carolyn …

ダグラス:かなりの額だから、キャロリンが…

 

MARTIN: … and the knives, yes. So, what d’you think? Is that reasonable? That’s reasonable, isn’t it? Isn’t it?

マーティン:…ナイフだ、うん。どう思う?妥当な判断だろうか?妥当かな?だよね、ね?

 

DOUGLAS: It’s a command decision, sir. All yours.

ダグラス:それは指揮官の判断です、サー。あなた次第です。

 

(Flight deck door opens.) 

 

ARTHUR: Right, I found some biscuits and some Strepsils. Who wants what?

アーサー:ほら、ビスケットとのど飴があったよ。誰がどっちをとる?

 

DOUGLAS: I think we can probably risk both having the biscuits.

ダグラス:2人ともビスケットを食べるという危険を冒してみようか。

 

ARTHUR: Skipper? Are you all right?

アーサー:スキッパー、大丈夫?

 

MARTIN (vaguely): Yes.

マーティン:(弱弱しく)ああ。

 

ARTHUR: Are you sure? You’re a sort of grey-ey colour, and you didn’t even try the Surprising Rice!

アーサー:本当?顔色が灰色っぽいよ。びっくりライス食べたわけでもないのに。

 

MARTIN: I’m fine.

マーティン:大丈夫だ。

 

ARTHUR: No, really, is something …

アーサー:本当に何かあったんじゃ…

 

DOUGLAS (talking over him): Arthur, you were asking why the air over the wing has to keep up with the air underneath.

ダグラス(アーサーを遮って):アーサー、翼の上の空気が下の空気に追いつかなくてはいけないのは何故かと聞いていたろう。

 

ARTHUR: Ooh, yes. Do you know?

アーサー:うん。知ってる?

 

DOUGLAS: Indeed I do. Attend: the air is not passing over the wing; the wing is passing through the air, so the curved upper side stretches the air forced over it apart, reducing pressure, producing lift. The lift pushes up; the weight pushes down – so as long as the lift is more than the weight, up we go. And that, my friend, is how an aeroplane flies.

ダグラス:知ってるとも。お聞き。空気が翼を通り過ぎるのではなく、翼が空気の中を通るんだ。だから膨らみのある翼上部は空気を引き延ばしながら押し開き、その結果気圧が下がって揚力が生まれる。揚力は(機体を)持ち上げ、重力は(機体を)下げる。揚力が重力を上回る限り、飛行機は浮く。これが飛行機の飛ぶ仕組みだ。

 

ARTHUR: Got it! Right, yes! Cracking! I completely get it now.

アーサー:なるほど!わかった!うん!すごいや!もう完璧にわかった!

 

DOUGLAS: Good. You see, it’s actually quite easy to grasp when it’s explained properly by someone who understands …

ダグラス:うむ。簡単だろう、理解している人間がきちんと説明すれば。

 

ARTHUR: So that’s why planes can’t fly upside down.

アーサー:それだから、飛行機は逆さまに飛ぶことができないんだね。

 

DOUGLAS: Er, yes they can.

ダグラス:あー、できる。

 

ARTHUR: Can they?

アーサー:できるの?

 

DOUGLAS: Well, of course, they can. Haven’t you seen the Red Arrows?

ダグラス:もちろんできるさ。レッドアローを見たことがないのか?

 

ARTHUR: But … doesn’t that mean the curved side of the wing is on the bottom, so the lift is pushing down as well as the weight? How does that work?

アーサー:でも、逆さだと翼の膨らんでる側が下になるわけでしょ?そうすると揚力も重力も飛行機を下げちゃう。どうやって飛ぶの?

 

MARTIN (smugly): Yes, Douglas. How does that work?

マーティン:そうだよ、ダグラス。どうやって飛ぶの?

 

DOUGLAS: Well, Arthur, there’s a very simple explanation; but just to finish what we were saying, Martin, I think it’s entirely up to you whether you let the cat in the hold freeze to death.

ダグラス:うむ、アーサー。簡単に説明できるんだが、今はさっきの会話の続きを、マーティン、君次第だよ、貨物室の猫を凍死させるかどうかは。

 

ARTHURWhat?!

アーサー:ええ!?

 

MARTIN: Douglas!

マーティン:ダグラス!

 

ARTHUR: Skipper!

アーサー:スキッパー!

 

DOUGLAS: No-one wants to hear the explanation. What a shame.

ダグラス:もう誰も(飛行機が逆さまに飛べる理由の)説明なんて聞きたがらないな。残念だ。

 

ARTHUR: Why? Why would you do that?

アーサー:どうして?どうしてそんなことするの?

 

MARTIN: I’m not doing it on purpose, Arthur!

マーティン:わざとじゃないんだ、アーサー!

 

ARTHUR: Then why are you doing it at all?

アーサー:わざとじゃないなら、何でそんなことに?

 

MARTIN: It seems the cargo hold heating may not have been turned on.

マーティン:どうやら貨物室の暖房のスイッチがオンになっていなかったらしい。

 

DOUGLAS: Masterly use of the passive voice.

ダグラス:見事な受動態の使い方だ。

 

ARTHUR: But, Skipper, it’s really cold as high up as this.

アーサー:でも、スキッパー、こんなに高い所じゃものすごく寒いよ。

 

MARTIN: Yes, thank you, Professor Science.

マーティン:そうだな、ありがとう、サイエンス教授。

 

ARTHUR: S-so we should turn the heating on.

アーサー:じゃあ、暖房を入れなくちゃ。

 

MARTIN: Yes, okay, good idea! You can do it! Just climb out over the wing, wrench open the hold door, swing yourself in and adjust the thermostat.

マーティン:そうだ、その通りだ!きみならやれる!翼の上に降りて、貨物室の扉をこじ開け、ひらりと中に入って温度調節器を調整するんだ。

 

ARTHUR: Okay, how will I wrench …

アーサー:オーケー、こじ開けるってどうやったら…

 

MARTINNot really!

マーティン:できるわけないだろう!

  

ARTHUR: Oh, oh, I’ve got an idea! We could divert! If we landed now, the cat might be okay.

アーサー:そうだ、わかった!ダイバートするんだ!今着陸すれば、まだ助かるかも。

 

DOUGLAS: Well done, Arthur! Why didn’t we think of that, Martin(!?)

ダグラス:すばらしい、アーサー!どうして我々はそれを思いつかなかったんだろうか、マーティン?

 

MARTIN: Arthur, I know he’s a lovely cat, but it … it costs thousands and thousands of pounds to divert, and you remember your mother and her … thoughts about that?

マーティン:アーサー、かわいい猫だってことは分かってる。でもダイバートには何千ポンドもかかるんだ。きみのお母さんがそのことについてどう思ってるかは覚えてるだろう?

 

ARTHUR: Right. Yes. But … you know … it’s just a sweet little pussycat.

アーサー:そうだね。うん。でも、本当にかわいいニャンコなんだ。

 

MARTIN: It’s not! It’s a crazed psycho-cat! Look at yourself, Arthur! You have open wounds!

マーティン:可愛いニャンコなんかじゃない!狂気のサイコ猫だ!自分を見ろよ、アーサー!ぱっくり裂かれた傷があるじゃないか!

 

ARTHUR: Yeah, I-I suppose so, but … it’s gonna get really cold …… and … you know … die.

アーサー:うん、そうだけど、でもすごく寒くなって、それで、ね、死んじゃうよ。

 

MARTIN: So you want me to divert, is that it? You want me to ditch in Nowheresville, Normandy. You want me to tell Carolyn I do have the absolutely cast-iron excuse she demanded for diverting, and it goes [3]‘Miaow’.

マーティン:じゃあ僕にダイバートしろと言うんだな?ノルマンディのどこやらに着陸しろと。キャロリンがダイバートに求めるような、絶対の確固たる理由があると説明しろと。そして僕は仕事を'おにゃん'にするんだ。

 

ARTHUR: Yes, please.

アーサー:うん、お願い。

 

MARTIN: All right. Fine. Fine! All right. It’s only a job. There’ll be other jobs.

マーティン:わかったよ。いいとも。やるよ。ただの仕事さ。仕事なんて他にもある。

 

(Radio on.)

 

MARTIN: France Control, this is Golf Tango India. Request immediate diversion to the nearest airfield.

マーティン:フランス管制塔、こちらはG-T-I。最寄りの空港への緊急のダイバートを要請します。

 

FRANCE AIR TRAFFIC CONTROL (over radio): Roger, Golf Tango India. Do you have an emergency?

フランス管制:了解、ゴルフ・タンゴ・インディア。緊急事態ですか?

 

MARTIN: Well … (he sighs) … we’ve got …

マーティン:その…...実は…

 

DOUGLAS (interrupting): One moment, please, Tower.

ダグラス:少々お待ちを、管制塔。

 

(Radio off.)

 

MARTIN: What is it, Douglas?

マーティン:何だ、ダグラス?

 

DOUGLAS: Captain …

ダグラス:機長…

 

(Sound of a match being struck.)

 

DOUGLAS: I do believe I can smell smoke in the flight deck. Can you smell smoke in the flight deck, Captain?

ダグラス:操縦室で煙の臭いがしていると思うのですが。操縦室で煙の臭いがしませんか、機長?

 

MARTIN: Yes. Yes, I can, Douglas. Could you request an immediate diversion, please?

マーティン:ああ、確かに臭うな、ダグラス。緊急のダイバートを要請してくれるかな?

 

DOUGLAS: Certainly, sir.

ダグラス:もちろんです、サー。

 

S1E1: Abu Dhabi 終わり

 

***

<脚注> 

[1] 深夜の電気代が安い間に翌日使う蓄熱用のレンガを温めておき、それを放熱することで部屋を暖かくする暖房器具

[2] splitは「(物が)裂ける、分かれる」以外に「(夫婦が仲たがいして)別れる」意味もある

[3] 恐らく”it goes ‘miaow’(猫がニャーと鳴く)”と”it goes me out (私が追放される)”をかけたダジャレ。