Black, Two Sugars, Please

BBC SherlockとCabin Pressureにどハマりした英語好きのブログ初心者

S1E5: Edinburgh 後半 (Cabin Pressure和訳)

 BBCラジオドラマ、Cabin Pressure第5話『エディンバラ』の後半の対訳です。

ところで、Edinburgh の '-burgh' の指す意味はご存知でしょうか。これはドイツ語のburgと同じく、元はゲルマン語の「要塞化された所、城塞都市」を意味する言葉で、英語には古英期に入ったようです。フランス語の-bourgも同様。Johannesburg や Pittsburgh、Sankt-Peterburg など各地の地名に見られます。単純に「市、町」を示す接尾辞としても用いられているようです。 f:id:kanakana009:20180612121235j:plain

Photo by Adam Wilson on Unsplash

Cabin Pressure 本編には全く関係ありませんが、ちょっとした豆知識でした。

では、Mr. Birling との Edinburgh への旅、後半の対訳をどうぞ。

今回も原文スクリプトEdinburgh Transcript | Cabin Pressure Fans からお借りしました。

 

 

Edinburgh 2/2

Cabin Pressure Transcript: 1.5 Edinburgh

Script by John Finnemore

Transcript by Ariane DeVere

 

(Outside. A cheerful, steel drum-style ringtone.)

(屋外。陽気なスチームドラム風の携帯の呼び出し音。)

 

ARTHUR (answering the phone morosely): Hello? Arthur Shappey?

              もしもし?アーサー・シャッピーです。

 

CAROLYN (over phone): Hello, witless, it’s your mother.

              もしもし、おばかさん。お母さんよ。

 

ARTHUR: Oh, hello, Mum. How are you?

              やあ、お母さん。調子どう?

 

CAROLYN: Too busy to tell you. How is it going? Did you get there on time? Is Mr. Birling happy?

              そんなことより忙しいの。うまく行ってる?スケジュール通りに到着した?バーリングさんは満足してる?

 

ARTHUR (sadly): Yeah, it’s all fine. Martin’s showing Mr. B to his limo; Douglas and I are gonna watch the match in the plane; Mr. Birling says I’ll never find another girlfriend.

              うん、うまく行ってる。マーティンがミスターBをリムジンに案内して、ダグラスとぼくは飛行機の中で試合を見るところ。バーリングさんがね、ぼくにはもう彼女はできないって。

 

CAROLYN: Oh. Well, Mr. Birling – the seventy-something retiree from Sussex – is, of course, one of the country’s foremost relationship experts …

              あら、そう。バーリングさんは、70代で引退してサセックスにお住まいで、とうぜん国内切っての恋愛関係の権威だから…

 

ARTHUR (anguished): Oh, no, is he? I didn’t even know that.

              え、そうなの?ぼく、知らなかった。

 

CAROLYN: … but what he doesn’t know that we know is the peculiar and unaccountable pull you have over bossy, Pony Club types with Alice bands and stupid names.

              …でもバーリングさんがご存じなくて、わたし達が知ってることがあるわ。あなたはどういうわけか不思議ともてるじゃない、乗馬クラブにいる仕切り屋タイプの、カチューシャ付けた妙な名前の女の子たちに。

 

ARTHUR (more brightly): Yeah, I do have that, don’t I? Like Minty … and Libbit … and Pobs!

              うん、そうだよね。ミンティやリビット、それからポーブスも!

 

CAROLYN: Oh, no, please don’t list them. Sounds like you’re brainstorming names for a Labrador puppy. Look, where are you, anyway? You sound as if you’re in a wind tunnel.

              やだ、リストアップしないでちょうだい。ラブラドールの子犬につける名前の候補を並べてるみたい。それより、どこにいるの?すごい風の音がするけど。

 

ARTHUR: Oh, I just, er, popped onto the roof of the plane.

              ああ、ちょっと飛行機の屋根にのぼってるんだ。

 

CAROLYN: The roof?! What the hell are you doing up there?!

              屋根?そんなところでいったい何してるの?

 

ARTHUR: Well, the picture on the rugby went all funny, so Douglas said I should shin up onto the roof and twiddle the aerial … only now I’m here, I can’t seem to find it.

              ラグビーの映像がおかしくなったから、屋根によじ登ってアンテナを調節して来いってダグラスに言われたんだ。でも登ってみたけど、アンテナが見あたらない。

             

CAROLYN: Ohh, you idiot boy! This is “Go and water the window boxes” all over again, isn’t it?

              もう、バカな子ね!「窓の下の植木鉢に水やりして来い」のときと同じ手口じゃない。

 

ARTHUR: Ohhh!

              ああああ!

 

CAROLYN: Yes, “Ohhh!” Douglas is just trying to make a fool of you … though one would have thought [1]all the fish in that particular barrel had been shot long ago. Get down immediately, and make sure you don’t break any of those miniatures.

              そう、まさに「ああああ!」よ。ダグラスはあなたをかつごうとしてるの…かつぐものはもうとうに担ぎ尽きたでしょうけど…。屋根から降りなさい、ミニボトルを割らないようにね。

 

ARTHUR: The miniatures…? (He trails off quickly.)

              ミニボトル…?

 

CAROLYN (sharply): What? Arthur – do not tell me that you left Douglas with the miniatures.

              ちょっと?アーサー、まさかダグラスの所にミニボトルを置いてきてないでしょうね。

 

ARTHUR: No, no! (Hesitantly, unconvincingly) No, I’ve got them here with me. It’s all fine.

              まさか、違うよ!ここに持ってきてるよ。大丈夫。

 

CAROLYN: Then why did you start to say “the miniatures,” then?

              じゃあどうして「ミニボトル」って言ったの?

 

ARTHUR: I-I didn’t.

              言ってない。

 

CAROLYN: You did. I heard you.

              言ったわよ。聞こえたもの。

 

ARTHUR: No! I was just … singing to myself.

              ううん!ぼくはただ…歌ってたんだ。

 

CAROLYN: Singing? What were you singing?

              歌ってた?何を歌ってたの?

 

ARTHUR: … (singing hesitantly to the tune of ‘Hey, Big Spender’) ♪ The minute yer … walked through the door … boom boom ♪

              ♪あんたが扉を出て行ったその時…ブーンブーン♪

 

 *****

(TV on inside the cabin. Plane door opens.) 

 

DOUGLAS: Oh, well done, Arthur, you did the trick. Look.

              ああ、ご苦労、アーサー。うまくやってくれたな、ほら。

 

ARTHUR (quietly): I didn’t find the aerial.

              アンテナ見つからなかったよ。

 

DOUGLAS: Oh? Well, you must have knocked it by accident or something.

              おや?じゃあ偶然ぶつかるかどうかしたのに違いない。

 

ARTHUR (quietly)I don’t even think there is an aerial up there.

              屋根にアンテナがあるとは思えない。

 

DOUGLAS: Oh, all right. You got me. It was a bit of a joke. Still, nice to get some fresh air and exercise, eh?

              ああ、うむ。ばれたか。ちょっとした冗談だったんだ。だが、新鮮な風に当たって運動も出来て、なかなかだったろ?

 

ARTHUR: Douglas, Mum was just wondering: while I was up there, you didn’t steal the posh whiskey, did you?

              ダグラス、お母さんに聞かれたんだけど、ぼくが登ってる間にウイスキーを盗んだりしてないよね?

 

DOUGLAS: Arthur! Would I do a thing like that?

              アーサー!私がそんなことをすると思うか?

 

ARTHUR: You’ve done it on every single Birling Day so far.

              バーリングデーには毎年欠かさずやってきてるよ。

 

DOUGLAS: Well, not this one. Your mother’s been too clever for me. Go and check.

              だが今回はしないよ。君のお母さんの方がうんと手回しがよかった。見てきてごらん。

 

(Rattle of the galley curtain. Clinking of bottles.)

 

ARTHUR: Well, they’re all still here.

              うん、全部ここにある。

 

DOUGLAS: Exactly.

              そうとも。

 

ARTHUR: And they’re full. But maybe you’ve swapped them for tea or something.

              それに減ってない。でもお茶か何かとすり替えたのかもしれない。

 

DOUGLAS: Well, even if I did, how would I get it off the plane? But if you’re worried, see if the seal’s broken.

              仮にそうだとしても、どうやって飛行機から持ち去るんだ?でも心配だったら、封が開いてるか確かめてみるといい。

 

ARTHUR: How?

              どうやって?

 

DOUGLAS: Pick one at random.

              適当に1瓶選ぶんだ。

 

(Clink of the bottles as Arthur picks one up.)

 

ARTHUR: Right.

              うん。

 

DOUGLAS: And open it up.

              で、開けてみる。

 

(‘Crack’ of the bottle lid opening.)

 

DOUGLAS: There you are. Still virgo intacta. Well, not anymore, of course. You can’t serve him that one. Shall I take it off your hands?

              ほらな。誰にも触れられていない純潔の乙女のまま。まあ、もう違うから、それはバーリングさんにはお出しできない。私がもらっておこうか?

 

ARTHUR: No!

              だめ!

 

DOUGLAS: Fine. Be like that. Now, come on: Wales are five points up.

              結構。じゃあそのままで。ほら、見ろよ。ウェールズが5点リードだ。

 

ARTHUR: Great!

              いいぞ!

 

(They urge the team on as the crowd on the TV begins to roar and the commentator gets more excited.)

 

COMMENTATOR: And Gethin Jenkins picks it up – he runs! He scores!

              そしてゲティン・ジェンキンスが拾い、走る!ゴールだ!

 

DOUGLAS and ARTHUR: Yeah!

              やったー!

 

(Plane door opens.)

 

MARTIN: God. He is insufferable.

              まったく。鼻持ちならない人だな。

 

DOUGLAS: What, old Mr. B? No, he’s a nice old boy really.

              え、ミスターBのこと?そんな、本当に気のいい爺さんだよ。

 

MARTIN: Douglas, I’m really surprised at you. I didn’t think it was your style to roll over and grovel just for a big tip.

              ダグラス、君には本当に驚いたよ。チップが弾むからって、ごろごろお腹を見せて服従するような奴だとは思わなかった。

 

DOUGLAS: We can’t all have your high moral standards, Martin. (Triumphantly) Yes!! Nice kicking, [2]Cymru!

              みんなが君みたいにご立派な倫理観を持てるわけじゃないさ、マーティン。いいぞ!ウェールズ

 

MARTIN: Why are you cheering for Wales? You hate Wales!

              どうしてウェールズを応援してるんだい?ウェールズは嫌いだろう!

 

DOUGLAS: Oh, now, I wouldn’t say that.

              おや、嫌いとは言わないな。

 

MARTIN: You say that every time we fly to Cardiff – often to the handling staff! I dread to think what they do to our cases.

              カーディフまで飛ぶたびに言ってるじゃないか──たいがいは荷物係に!僕らのケースがどんな扱いを受けてるか、考えたくもないよ。

 

DOUGLAS: No, no! All one union, aren’t we? Gotta support anyone against the French.

              そんな、ダメだよ!みんな仲間じゃないか。フランスと戦うチームはどこでも応援しなくては。

 

ARTHUR: That’s not why I’m supporting them.

              でも、ぼくがウェールズを応援する理由は別だよ。

 

DOUGLAS: Martin doesn’t want to hear why …

              マーティンは理由なんて聞きたくないさ…

 

MARTIN: Yes I do. Why, Arthur?

              ぜひ聞きたいね。どうして、アーサー?

 

ARTHUR: Well, imagine the size of the tip Mr. Birling’ll give us if his side win.

              だって、バーリングさんのチップがきっとすごいよ、彼の応援してるチームが勝ったらさ。

 

MARTIN: But … England aren’t playing.

              でも…イングランドはプレーしてないよ。

 

ARTHUR: No. But Mr. Birling’s Welsh.

              うん。でもバーリングさんはウェールズ人だから。

 

MARTIN: He’s not Welsh! How can he be Welsh?! He’s English! He sounds more English than the Queen!

              ウェールズ人だって!ウェールズ人のはずないだろう!? イングランド人だよ!女王以上にイングランド人らしく話すじゃないか。

 

ARTHURPosh Welsh. They sound like us. Still Welsh, though. He hates England. That’s why he gave us such measly tips last year.

              しゃれたウェールズ人なんだよ。ぼくらみたいに話すけど、でもウェールズ人だよ。イングランドが大嫌いなんだ。だから去年はチップがほんのちょっとしかもらえなかったんだ。

 

MARTIN: ‘Measly’?

              「ほんのちょっと」?

 

ARTHUR: Yeah, I told you! Last time we only got five hundred quid, because England beat Wales. The time before that, we got six grand! And Wales weren’t even playing that time!

              うん、言ったでしょう!前回は500ポンドしかもらえなかったって。イングランドウェールズを破ったからね。その前は6千ポンドもらったんだ!それもウェールズが戦ったわけじゃないんだよ!

 

MARTIN: W… ho… Why didn’t you tell me?

              そ…な…なんで教えてくれなかったんだ?

 

DOUGLAS: You made it clear where you stood on the matter, Captain. To be honest, I was shamed into silence by your rectitude. “His dignity is beyond price,” I thought to myself, “and far be it for me to …”

              この件についての君の考えをはっきり聞かされたからね、機長。正直言って、君の廉直さに自分が恥ずかしくなって何も言えなかったよ。「彼の尊厳には値はつけられない」ってね、「差し出がましくて、とても私には…」

 

 

MARTIN: Yes, all right!

              わかったよ!

 

ARTHUR: And imagine what we’ll get if Wales actually win!

              もし本当にウェールズが勝ったら、すごい額がもらえるよ!

 

(The cheering on the TV gets louder.)

 

DOUGLAS: Oh, here we go!

              おお、いいぞ!

 

COMMENTATOR: The whistle blows, and Wales are Triple Crown champions!

              終了のホイッスル、ウェールズが三冠を獲りました!

             

DOUGLASARTHUR and MARTIN (simultaneously): Yes!!

              やった!

 

COMMENTATOR: Two tries in the second half …

              後半にふたつのトライが…

 

*****

(The limousine pulls up. Mr. Birling is singing to the tune of ‘Cwm Rhondda’.)

 

BIRLING: ♪ Bread of heaven, bread of heaven, yum yum-yum-yum-yum-yum-yum! Bread of hea-ven, here I come! ♪

              ♪天国のパン、天国のパン、うまい~まいまいまいまい!天国のパン、帰ったぞ!♪

 

MARTIN (fawning): Congratulations, sir. Marvelously played.

              おめでとうございます。すばらしいプレーでしたね。

 

BIRLING: Ah, if it isn’t little Captain No-Tips-Please-We’re-British.

              ああ、「チップは結構、わたしたち英国人ですから」のちっちゃな機長さんじゃないか。

 

MARTIN: Ah, well, yes, since you mentioned that, um …

              ええ、はい、そのことなんですが、その…

 

BIRLING: You know, there’s a little … very little, tiny, really … part of me that admires you, my boy. I mean, obviously, I don’t admire your manner or your job or your appearance, or anything about you at all and … I seem to have lost the thread of my remarks.

              まあ、ちょっと、ほんとうにちょっと、ほんのちょっぴりだが、大したもんだと思う気持ちもあるぞ。当然、君のマナーも仕事も容姿も、他の何をとっても君をすごいとは思わんがね…。何を話しているところだったかな。

 

(They walk up the steps of the plane.)

 

MARTIN: You were just saying you admire me, sir.

              私のことを褒めてらしゃるところでした。

 

BIRLING: I very much doubt that.

              とても信じられん。

 

MARTIN: No, you were, a-about the tips. But the thing is …

              確かにお褒めくださいました。チップのことですが、実は…

 

BIRLING: Ah yes, that’s right. You don’t want a tip. The Land of my Fathers has won the Triple Crown, I’m all set to give off money like a … like a money-geyser, and yet you won’t toady. That’s almost enough to make me admire you, if you weren’t so obviously an odious little tick.

              ああ、そうだったな。君はチップは欲しくないんだった。私の祖国が三冠を達成して、金をまるで…そう、金の間欠泉みたいにばらまきたい気分だが、君は絶対にゴマをすったりはしないという。感心してしまうところだ、きみがそんなに憎らしい小言屋でさえなかったら。

 

MARTINThank you, sir. Erm, but about the toadying: I’ve had a slight change of heart.

              ありがとうございます。えー、ですがそのゴマすりのことなのですが、ちょっと心変りがありまして…

 

BIRLING: Oh, I see! You want in on the tips after all.

              おや、そうか!やはりチップが欲しくなったな。

 

MARTIN: Yes please.

              はい、どうか。

 

BIRLING: Well then, you, my boy, have much ground to make up.

              それでは、友よ、精一杯挽回したまえ。

 

 *****

(Flight deck door opens.)

 

DOUGLAS: Oh, hello, Mr. Birling. This is a pleasant surprise.

              おや、こんにちは、バーリングさん。嬉しい驚きですね。

 

BIRLING: What-ho, Dougie. Little Captain Thing here invited me up to the flight deck for take-off.

              調子はどうだ、ダギー。ちび機長どのが離陸を見に操縦室に招いてくれたのだよ。

 

DOUGLASDid he now?! Good for Captain Thing!

              へえ、本当に?機長どのは親切ですね!

 

MARTIN (fawning): So if you’d like to take a seat here, sir. I’ll get you some headphones.

              どうぞこちらにお掛けください。ヘッドフォンをご用意しましょう。

 

BIRLING: I’d rather sit here.

              この席のほうがいい。

 

MARTIN: Much as I’d like to help you, Mr. Birling, you probably can’t sit in the captain’s seat.

              そうして頂きたいのはやまやまなのですが、バーリングさん、機長の席にお掛けいただくわけには参りません。

 

BIRLING: Oh dear.

              つまらん。

 

MARTIN: But if there’s anything else I can …

              ですが他にできることがありましたら、何でも…

 

BIRLING: You can let me make the man say, “Pull up, pull up.”

              あれを言わせたい「上昇せよ、上昇せよ」

 

MARTIN: What?

              え?

 

DOUGLAS: Mr. Birling has a particular fondness for the Ground Proximity warning.

              バーリングさんの一番のお気に入りは対地接近警報なんだ。

 

MARTIN: Oh! Right! Well … yes. If you’d like to press this …

              ああ、なるほど!うん…それでしたら。このボタンを押してくだされば…

 

(Alarm beeps. An automated voice sounds.)

 

GROUND PROXIMITY WARNING: Pull up. Pull up.

              上昇せよ。上昇せよ。

 

BIRLING: Ha-ha! Splendid!

              はは!すばらしい!

 

GROUND PROXIMITY WARNING: Pull up. Pull up.

              上昇せよ。上昇せよ。

 

***** 

 

DOUGLAS: Post take-off checks complete, Captain.

              離陸後点検完了しました、機長。

 

BIRLING: Did you see the match, Dougie-boy?

              試合は見たか、ダギーよ?

 

DOUGLAS: I did indeed, sir. A famous victory. Jenkins did you proud.

              見ましたとも。見事な勝利でした。ジェンキンスが素晴らしい働きをしましたね。

 

BIRLING: Didn’t he just? I support Wales, Marty. Did I tell you?

              まったくだ。私はウェールズを応援してるんだ、マーティ。君には言ったかな?

 

MARTIN: Er, no, as it happens, you didn’t.

              あー、いいえ、実のところ伺っておりません。

 

BIRLING: Who do you support?

              君はどこを応援してる?

 

MARTIN: … Wales.

              …ウェールズです。

 

BIRLING: Really? Where were you born?

              ほう?生まれはどこだ?

 

MARTIN (slowly): … Wokingham.

              …ウォッキンガムです。

 

BIRLING: Well, then, where’s your national pride, you reptile?

              それなら、君の生地への誇りはどうした、卑きょう者。

 

MARTIN: Of course, you’re right. (He laughs.) Should support England.

              ええ、その通りです。イングランドを応援すべきですね。

 

BIRLING: No! Trick question. Ten out of ten for toadying effort; none out of ten for toadying technique. I detest anyone who supports England. Your people have oppressed my people for centuries.

              いいや!鎌かけだよ。ごますりの努力点は10点中10点だが、技術点はゼロだな。イングランドを応援する輩はみんな憎らしい。イングランド民はウェールズの民を何世紀にも渡って苦しめてきたんだからな。

 

MARTIN: Yes. I’m so sorry about that.

              そうですね。大変申し訳なく思います。

 

BIRLING: All right, I’m bored now. Take me back to my seat.

              よし、そろそろ飽きた。座席まで案内してくれ。

 

DOUGLAS: Oh, I’ll do that, Mr. Birling …

              なら、私がお連れしましょう。バーリングさん…

 

MARTIN: No, I’ll do that, thank you, Douglas.

              いいえ、私が行こう、結構だよ、ダグラス。

 

***** 

(Flight deck door opens as Martin escorts Mr. B towards the cabin.)

 

MARTIN: And if there’s anything else I can do for you …

              もし他に何か私にできることがございましたら…

 

BIRLING: Ah, well, funny you should say that while we’re in the galley. I think you should know that the more I drink, the more generous I get.

              ふむ、調理室で君からその台詞を聞くとはな。教えておくが、私は飲めば飲むほど、気前が良くなるたちだ。

 

MARTIN: I’ll send Arthur to bring your miniatures straight away.

              アーサーに言ってすぐにミニボトルを持ってこさせましょう。

 

BIRLING: Yes. The thing about those miniatures is, they’re rather miniature, wouldn’t you say? When you’re celebrating a great big win, you rather want a great big whiskey.

              うむ。ミニボトルと言うのは、どうも小さすぎるとは思わんかね。どでかい勝利を祝うには、どでかいウイスキーが欲しいもんだ。

 

MARTIN: Ah, well. Let’s see what we have in the cupboard.

              なるほど。何かあるか戸棚を見てみましょう。

 

(Jingle of keys, then Martin opens the cupboard.)

(鍵の音がして、マーティンが戸棚を開ける)

 

MARTIN: Um …

              ええと…

 

(Clinking of a large bottle.)

(大きなボトルがぶつかってカチャカチャと鳴る)

 

MARTIN: … well, this is what we give the stag parties. Um, McHamish’s Special Tartan Reserve. I’m not sure it’s quite the quality you’re used to.

              …そうですね、これはスタッグパーティー向けに用意したもので、ええと、マックヘイミッシュ・スペシャル・タータン・リザーブ。お客さまが普段お飲みになるものからは、かなり味が落ちるでしょう。

 

BIRLING: That will do nicely, my boy. The time for quality has passed. Quantityis the watchword now! And excellent toadying work, incidentally – you’re a natural. Oh, and give me that as well.

              それで構わん。質がものいう時は去ったのだ。量こそが今のキーワードだ!ところで、見事なごますりだぞ──君は才能がある。あと、それを寄越したまえ。

 

MARTIN: Of course, sir.

              もちろんです。

 

*****

 

DOUGLAS: Post landing checks complete.

              着陸後点検完了。

 

MARTIN: Thank you, Douglas.

              ありがとう、ダグラス。

 

DOUGLAS: Incidentally, Martin, where’s your hat?

              ところで、マーティン、帽子はどこに?

 

MARTIN: It’s in the cabin.

              客室にある。

 

DOUGLAS: What’s it doing there?

              客室で何してるんだ?

 

MARTIN: It’s not doing anything. It’s a hat.

              何もしてやしないさ。帽子だもの。

 

DOUGLAS: You see, I think it is doing something. I think it is adorning the head and loosening the pockets of a man who …

              そうかな、きっと何かをしてると思うんだが。きっと誰かさんの頭を飾って、財布のひもを緩めたり…

 

MARTIN: Yes, all right.

              もう、分かったよ。

 

(Flight deck door opens.)

 

DOUGLAS: Ah, Arthur. How is the Pride of [3]Carmarthen?

              ああ、アーサー。カーマーゼンの星はどうしてる?

 

ARTHUR: Uhh, sleepy. If I had to describe him in one word, that-that is the one I’d choose. Really very sleepy. He didn’t even wake up for my pre-landing safety announcement, and that’s impressive, because I did the version with the screams.

              んー、眠たそうかな。ひと言で描写するとしたら、それだと思うな。本当にすごく眠そう。ぼくが着陸前の安全のための機内放送した時ですら起きなかったもん。すごいよ。ぼく大声で叫んで放送やったのに。

 

 

(Galley curtain rattles open.)

(調理室のカーテンが開く)

 

BIRLING(singing blurrily): ♪ If ten green bottles hangin’-on-a-wall. Ten green bottles hangin’-on-a-wall. And if ten green bottles … hangin’-on-a-wall, there are ten green bottles hangin’-on-a-wall. ♪

              ♪10本の緑の瓶が壁にぶら下がっていたなら…10本の緑の瓶が壁にぶら下がっていたなら…10本の緑の瓶が…壁にぶら下がっていたなら、そこには10本の緑の瓶が壁にぶら下がっているんだ♪

 

ARTHUR: Hello, Mr. B. Uh, we’ve landed.

              もしもし、ミスターB。着陸しましたよ。

 

BIRLING(slurring): D’you like my song?

              私の歌は気に入ったか?

 

DOUGLAS: Indeed we do, but …

              もちろんです、ただ…

 

BIRLING: It concerns … ♪ bottles. ♪

              ボトルの歌だ。

 

ARTHUR: Yes.

              そうですね。

 

BIRLING: I don’t seem to be making much headway with it at all. 

              どうもさっきから進んでないようだな。

 

DOUGLAS: Well, don’t you worry about that. The important thing is: we’ve arrived.

              それに関しては、どうぞお気になさらず。それよりも、到着しましたよ。

 

BIRLING: Mmmm.

              ふーむ。

 

MARTIN: Yes, the journey is over.

              そうです、旅はおしまいです。

 

ARTHUR: Mum’ll be here any moment to pick you up!

              お母さんがすぐに迎えに来ますよ!

 

DOUGLAS: So … if there was any last little thing you were …

              ですから、もし最後に何かあれば…

 

BIRLING: I might have a little sleep.

              少し眠るとするかな。

 

MARTIN: No!

              そんな!

 

BIRLING: Good night.

              おやすみ。

 

(Clunk of a bottle dropping to the floor.)

(ボトルが床に落ちて転がる音)

 

DOUGLAS: Oh no! Arthur! How on earth did he get hold of this?!

              何てことだ。アーサー!どうしてこれを渡したんだ!?

 

ARTHUR: I don’t – I don’t know, Douglas! Honest! I didn’t give it to him! A-and I swear I kept the cupboard locked.

              ぼく、ぼく知らないよ、ダグラス!ぼくが上げたんじゃない!それに戸棚には絶対鍵をかけてた。

 

MARTIN (anxiously): What-what-what? What’s the matter?

              何、何だい?どうかしたの?

 

DOUGLAS: Well, use your eyes, Martin! He’s got hold of a half litre bottle! Arthur, what were you thinking of?!

              だって、見てごらんよ、マーティン!500mlボトルに手を付けてるじゃないか!アーサー、いったい何を考えてたんだ!?

 

ARTHUR: It really, really wasn’t me! I’m not completely stupid!

              本当に、絶対ぼくじゃないったら!ぼく、そこまでのばかじゃないよ!

 

MARTIN: … Well … it wouldn’t be that stupid, would it? I mean, if … We wanted him drunk, didn’t we?

              …でも…そんなにばかなことじゃないだろう?だって、ほら…みんな彼を酔っぱらわせようとしてたんじゃないの?

 

DOUGLAS: Oh Martin. You didn’t?

              マーティン、君のしわざか!?

 

ARTHUR: Oh, Skipper.

              ああ、スキッパー。

 

MARTIN: He asked me to! He said the drunker he got, the more generous he tipped.

              よこせって言われたんだよ!酔えば酔うほど気前よくチップをやるからって。

 

DOUGLAS: Yes, up to a point, after which the drunker he gets, the more catatonic he gets.

              確かにある段階まではね。でもそれ以上は酔うほどに財布が締まる。

 

ARTHUR: That’s why he’s on the miniatures, Skip, so we can – you know – regulate the flow.

              だからミニボトルだったんだよ、スキップ。それならぼくらが量を調整できるから。

 

(Knocking on the plane door.)

(飛行機のドアをノックする音)

 

CAROLYN: Hello! Are you ready to go?

              皆さん!準備はいい?

 

DOUGLAS: Mr. Birling? Wake up!

              バーリングさん?起きて!

 

MARTIN: Please, wake up!

              起きてください!

 

ARTHUR: Come on, Mr. B! Rise and shine!

              お願いだから、ミスターB!元気に起きて!

 

(The door opens as Mr. B sings drunkenly under his breath.)

 

CAROLYN: Good evening, Mr. Birling. I trust you had a pleasant … Oh, good lord. He’s outdone himself this time.

              こんばんは、バーリングさん。素敵な旅をお楽しみ頂けた…あら、まあ。今回は飲みすぎたみたいね。

 

(Mr. B makes an incoherent sound.)

 

DOUGLAS: Yes, with a little help from his friends.

              ああ、お友達からの助けを借りてね。

 

CAROLYN: All right. Well, Philip – do you think you can carry him?

              いいわ。じゃあ、フィリップ──彼を運べる?

 

PHILIP: Reckon so.

              大丈夫でしょう。

 

CAROLYN: Good! Then you escort Mr. Birling to his limo, and then return straight here for a lively game of Search the First Officer for Stolen Whiskey.

              よろしい!じゃあバーリングさんをリムジンまでお連れして、すぐにここに戻って、楽しい「副操縦士の盗んだウイスキーを探せ」ゲームをしましょう。

 

PHILIP: Okay.

              了解。

 

(Sound of Mr. B being hauled up out of his chair.)

 

MARTIN: Bye then, Mr. Birling.

              じゃあ、さようなら。バーリングさん。

 

(Mr. B grunts.)

 

DOUGLAS: Any last thing you want to say to us before you go?

              言ってしまう前に、何か最後に私たちに言いたいことは?

 

ARTHUR: Anything at all?

              何かありません?

 

BIRLING(drunkenly): ♪ … hangin’-on-a-wall. ♪

              壁に下がっているんだ♪

 

MARTIN: Right. Thanks.

              そうですか。どうも。

 

(Sound of the limo driving away.)

(リムジンが走り去る音)

 

*****

 

ARTHUR: Hey. Maybe when he sobers up,

he’ll remember he hasn’t tipped us and send us something in the post.

              ねえ。ひょっとしたら、酔いが覚めて、ぼくらにチップをくれてないことを思い出して、なにか郵便で送ってくれるかもしれないよ。

 

DOUGLAS: Yes(!) Maybe. Or maybe he’ll just get the [4]tooth fairy to pop it under our pillows for him on her rounds.

              そうとも!ひょっとしたらね。それか、もしかしたら歯の妖精に頼んで、子供にコインを届けるついでに、私たちの枕の下にも運ばせるというのもありうるし。

 

ARTHURI know what will cheer us up. You didn’t manage to get any of that Talisker off the plane, did you, Douglas?

              みんなの元気が出るものがあるよ。タリスカを飛行機から盗ることが出来なかったでしょう、ダグラス?

 

DOUGLAS: No, as it happens I didn’t.

              うむ、確かにできなかった。

 

ARTHUR: No, well … I did.

              うん、でもね…ぼくはできたよ。

 

DOUGLAS: What?

              なに?

 

ARTHUR: Yeah. I mean, not lots or anything – just … you remember that miniature you made me open, Douglas, that I couldn’t serve to Mr. Birling? Well, I’ve still got it!

              うん。その、たくさんじゃないけど、ほら、ぼくに言って開けさせたミニボトルがあったでしょ、ダグラス。バーリングさんには出せなかったやつ。実はまだ持ってるんだ!

 

MARTIN: Oh, good work, Arthur! Well played!

              わあ、やるじゃないか、アーサー!大したもんだよ!

 

ARTHUR: Who wants a swig?

              くいっと一口いきたい人は?

 

MARTIN: Er, yes please!

              ああ、欲しいな!

 

(He swallows a mouthful.)

 

MARTIN: That’s horrible!

              ひどい味だ!

 

ARTHUR: What?

              え?

 

DOUGLAS (tetchily): Well, it would be. I stole all the Talisker while you were on the roof.

              まあ、そのはずだ。タリスカは全部私が盗んだからな、アーサーが屋根にいた間に。

 

ARTHUR: But you-you can’t have done! They were all still sealed when I came down! I opened one at random!

              でも、そんなはずないよ!降りてきたとき、まだどの瓶も密封してあったもん!適当に選んで開けたんだよ!

 

DOUGLAS: No, they weren’t all still sealed. They all still made a *khrrr* noise. But you see, Arthur, there are two ways of making a whiskey miniature make a *khrrr* noise. One certainly is to get an unopened one straight from the factory; but another is to take an open one and to dab the side of the cap with two spots of clear nail varnish. Yeah. So while Arthur was bravely searching for the TV aerial, I opened them all up and switched them for McHamish Tartan Terror – Mr. B being in no state to tell the difference – and then I hid the Talisker on the plane to reclaim at my leisure.

              いいや、どれももう封は開いてたのさ。どれも「クシュッ」という音は立てたけどね。だがアーサー、ウイスキーのミニボトルが「クシュッ」と音を立てるようにする方法は2通りあるんだ。ひとつはまさに封の開いていない工場直通のボトルを使う方法。そしてもう一つの方法は開いてるボトルのキャップの側面を2カ所、透明のマニキュアを塗って固めるんだ。そう。だからアーサーが勇ましくテレビのアンテナを探していた間に、私が全部のミニボトルを開けて、中身をマックヘイミッシュ・タータン・テラーとすり替えたんだ。ミスターBは違いが分かる状態ではなかったからね。そしてタリスカは私が好きな時に取り出せるよう、飛行機に隠したんだ。

 

MARTIN: Oh, so at least we …

              それじゃ、僕らは少なくとも…

 

DOUGLAS (interrupting): I hid it somewhere no-one would think to look for it or recognise it for what it was – somewhere no-one would touch it. I hid it in the …

              だれも探そうとも思わないし、それが何か分からないような場所に隠したんだ。だれも手を付けそうにないところ。私がタリスカを隠したのは…

 

(Martin joins in with him.)

 

MARTIN and DOUGLAS (simultaneously): … McHamish Tartan bottle.

              マックヘイミッシュのボトルの中。

 

DOUGLAS: Yes. Mr. Birling got his Talisker after all. Let’s hope he appreciated it.

              その通り。結局バーリングさんはタリスカにありついたわけだ。よく味わってくれたと願おう。

 

ARTHUR: I don’t think he did.

              味わってないと思うな。

 

DOUGLAS: No. I don’t think he did either.

              ああ。私もそう思う。

 

MARTIN: So we don’t have any good whiskey … or bad whiskey … or a tip.

              じゃあ、僕らは高級ウイスキーにも、安物のウイスキーにも、チップにもありつけなかったわけか。

 

DOUGLAS: No.

              ああ。

 

(Pause.)

 

DOUGLAS: Anyone care for a shot of nail varnish?

              だれかマニキュアをくいっといってみる?

 

 

[1] (like) shooting fish in a barrel: 楽々と、いとも簡単に、朝飯前で

[2] Cymru: 「ウェールズ」を指すウェールズ語。発音は「カムり」に近い。

[3] ウェールズ地方の都市の名前。

[4] tooth fairy: 赤ん坊の歯が抜け落ちる代償として、子供の枕の下にお金を残すと言われている妖精。