Black, Two Sugars, Please

BBC SherlockとCabin Pressureにどハマりした英語好きのブログ初心者

S1E5: Edinburgh 前半 (Cabin Pressure和訳)

BBCラジオドラマ、Cabin Pressure和訳、第5話エディンバラ

エディンバラと言えばスコットランドの首都ですね。

ところでScotスコットランド人)に向かって「English(イングランド人)なんですね」というのは失礼に当たります。Welsh の人についても同様です。英国(United Kingdom)は England, Scotland, Wales, Northern Ireland の四つの国からなる連合王国で、互いに複雑なライバル意識を抱えているようです。ちなみにUK、Great Britain、Englandなどの違いについて、詳しくはこちらの動画をどうぞ。たった5分ですが、分かりやすくまとめてあります。

youtu.be

ここのところを知っていると、今回の Edinburgh のストーリーがより楽しめるかも。

原文スクリプトEdinburgh Transcript | Cabin Pressure Fans からお借りしました。

 

***********************

Edinburgh (1-5)

 

Cabin Pressure Transcript: 1.5 Edinburgh

Script by John Finnemore

Transcript by Ariane DeVere

 

(Bing-bong.)

 

MARTIN (over cabin address): Ladies and gentlemen, this is your captain speaking. Apologies to those of you who have been watching the in-flight entertainment this evening. Unfortunately, a mechanical fault seems to have developed and I’m afraid we will not be able to bring you the last half hour of our feature presentation. However, as luck would have it, I happened to see this film a couple of days ago; and I’m happy to tell you that the bald guy was in the pay of the Mob all along; and that that woman from The West Wing shot Bill Paxton, but they caught her in the end. I hope that helps.

 

              (客室放送)乗客の皆さま、こちらは機長です。機内のエンターテインメントをお楽しみだった方々には、お詫び申し上げます。残念ながら、故障のため最後の30分をご覧いただくことができなくなりました。ですが、幸いにも、私は2,3日ほど前にこの映画を偶然見ておりますので、続きをご紹介しましょう。はげた男は結局ギャングの雇われで、『ザ・ホワイトハウス』に出ていた女優がビル・パクストンを銃で撃ちますが、最後には捕まります。お役に立てれば幸いです。

 

This week, Edinburgh! 今週はエディンバラ

 

 

CAROLYN: And lastly, your roster for the next two weeks. On the eighteenth, you’re going to Oslo to pick up a CFO

              最後は、今後2週間の勤務表よ。18日にオスロCFOを迎えに行って…

 

ARTHUR: Wow! What, for government scientists to study?

              わあ!何するの、政府の科学者たちが調査するの?

 

CAROLYN: A CFO, Arthur, not UFO. Then nothing ’til the twenty-fourth when, I’m afraid, you’re taking a [1]stag do to Rome.

              CFOよ、アーサー、UFOじゃなくて。その後予定なしで、24日に、ご愁傷さま、スタッグパーティーの一行をローマに連れていく予定よ。

 

(Martin and Douglas both groan.)(マーティンとダグラスのうめき声)

 

CAROLYN: Yes, I know, I know. They bring us three millennia of art, culture and architecture; we bring them thirteen City boys to throw up on it. It is heart-breaking.

              本当よね。ローマは3千年の歴史を誇る芸術、文化、建築物を与えてくれて、わたし達が連れて行く13人のシティの金融マンがその上に酔っぱらって吐く。胸が痛むわ。

 

ARTHUR: Where did you go for your stag night, Douglas?

              ダグラスはスタッグパーティーどこにいったの?

 

DOUGLAS: Which one?

              どのスタッグパーティ?

 

MARTINAny of them.

              どれでも。

 

DOUGLAS: Oh, the first one was the best. Soho, nineteen seventy-seven, with my brother, Jeffrey Bernard, Peter Cook, and a Kink.

              最初のが一番良かった。ソーホーで、1977年、兄と、ジャーナリストのジェフリー・バーナード、俳優のピーター・クック、そしてキンクを呼んだよ。

 

CAROLYN: What’s a kink?

              キンクって?

 

DOUGLASOne of The Kinks.

              ロックバンドのザ・キンクスのうちの一人。

 

MARTIN: Which one?

              どの人?

 

DOUGLAS: Oh, I know nothing about pop music. Whichever one it is that can fit three golf balls in his mouth.

              さあ、ポップスは全然知らないから。口の中にゴルフボールを3個入れられる奴だった。

 

MARTIN: Hmm!

              ほお!

 

CAROLYN: Anyway – after Rome, a little treat, because guess what’s happening on the twenty-eighth?

              とにかく──ローマの後は、ちょっとご褒美ね、28日が何の日か分かる?

 

DOUGLAS: Ah! The Six Nations final!

              ああ!シックス・ネイションズの決勝戦か!

 

ARTHUR: Birling Day!

              バーリングデー!

 

CAROLYN: Indeed it is.

              その通り。

 

DOUGLAS (triumphantly): Yes!

              よーし!

 

MARTIN: What?

              何だ?

 

CAROLYN: Ah. Of course. You hadn’t joined us by last Birling Day, had you?

              そうだわ。あなた、昨年のバーリングデーにはまだ入社してなかったわね?

 

MARTIN: What’s Birling Day?

              バーリングデーって?

 

DOUGLAS: Mr. Birling is a retired gentleman who lives in an enormous house in Sussex with his enormous pile of money and his enormous wife; and his big treat is that once a year, he hires us to take him to the Six Nations rugby final, wherever it is … Where is it this year, Carolyn?

              バーリング氏は引退した殿方で、サセックスの巨大に自宅と巨額の金と巨大な妻を持ってる人だ。年に1度の楽しみが、私らを雇ってラグビーシックス・ネイションズの最終戦を見に行くことなんだ。それが何処であれね。今年はどこだい、キャロリン?

 

CAROLYN: Edinburgh.

              エディンバラ

 

DOUGLAS: … where he proceeds to get heroically sloshed and spends the rest of the year sleeping it off.

              そこで浴びるように酒を飲んで、残りの年を寝て過ごす。

 

MARTIN: … Right. So what’s so special about that?

              …なるほど。で、それのどこが特別なの?

 

DOUGLAS (nonchalantly): Oh, no reason. It’s just fun – after a year of CFOs and stag dos – to take a nice old boy out on a spree.

              なんてことないさ。ただ、CFOや独身男どもの相手をした1年の最後に、気のいいじいさんをちょっと酒盛りに連れて行くのは、なかなか楽しいもんさ。

 

***** 

(In a car.)

DOUGLAS: All right, Arthur, nearly there.

            よし、アーサー、もうすぐ到着だ。

 

MARTIN: Why do we all have to pick him up, anyway?

              どうして全員で迎えに行かなきゃいけないんだ?

 

DOUGLAS: It’s just a little courtesy Mr. Birling likes, that’s all.

              こういう気づかいを喜ぶ人なんだよ、バーリングさんは。

 

MARTIN: I’ve never seen you like this with a client, Douglas.

              きみがお客にこんなに気遣うの見たことないよ、ダグラス。

 

DOUGLAS: Ah, well, Mr. B is something special.

              うん、まあ、ミスターBはちょいと特別なんだ。

 

(Car pulls up. Doors open. Approaching footsteps.)

(車がとまる。ドアが開き、足音が近づいてくる。)

 

Mr. BIRLING (posh voice): My dear boys! My dear boys! [2]Cometh the hour, cometh the men; [3]the magnificent men in their flying machines, no less.

              私の若き友人たち!若人らよ!ついにこの日が来たぞ、君たちの出番がな。素晴らしきヒコーキ野郎たちと言ったところだな。

 

ARTHUR: Hello, Mr. Birling!

              こんにちは、バーリングさん!

 

BIRLING: Arthur, my dear boy! How are you? Now, I hope you’ve been brushing up on your rugby since we last met.

              アーサー、若き友!元気か?さあ、最後に会ってからラグビーの勉強はしてたろうな?

 

ARTHUR: Oh yes! Ask me anything.

              もちろん!何でも聞いてください。

 

BIRLING: Who won the last Grand Slam?

              前回グランドスラムを達成したのは?

 

ARTHUR (instantly): France!

              フランス!

 

BIRLING: What colour do Italy play in?

              イタリアのユニフォームの色は?

 

ARTHUR (instantly): Red.

              赤。

 

BIRLING: How many points for a conversion?

              コンバージョンによる得点の数は?

 

ARTHUR (instantly): Three.

              3点。

 

BIRLING: Excellent; very good.

              すばらしい。立派だ。

 

ARTHUR: How many did I get right?

              何問あたりました?

 

BIRLING: Not a single one, but weren’t you quick?

              1問も。だが早い!

 

ARTHUR: I was quick!

              早かったよね!

 

BIRLING: Like lightning, dear boy, absolute lightning. And a new face, I see.

              稲妻のようだ、友よ、まさに稲妻だ。こっちは新顔だな。

 

DOUGLAS: Mr. Birling, may I introduce Martin Crieff.

              バーリングさん、ご紹介します。マーティン・クリーフです。

 

BIRLING: Hello there, my little man. Now, ‘Crieff’, ‘Crieff’. Any relation to Jolyon Crieff?

              やあ、小さいの。ほう、クリーフ、クリーフか。ジョリオン・クリーフとはつながりが?

 

MARTIN: I doubt it.

              ないはずです。

 

BIRLING: Ah, but one never knows, one never knows.

              うむ、だが確かなところは分からんものだ。

 

MARTIN: One never does, but one can have a fairly strong hunch that no-one in one’s family has ever been called Joly-on.

              それはそうですが、家族のだれもジョリオンなんて呼ばれてないという確信ならあります。

 

BIRLING: Well, you’re quite right, of course. My chap was a Moncrieff – like Algernon. (Silence.) In [4]Earnest. (More silence.) D’you know your Wilde, my boy?

              まあ、そうだな。私の知り合いにはモンクリーフというのがいたな──アルジャーノンと一緒だ。(沈黙)アーネストの。(さらに沈黙)ワイルドは知っておるだろう、若いの?

 

MARTIN: I’m wild? In what sense?

              僕がワイルド?どこがです?

 

BIRLING: No, no, OscarWilde. Dear me, Douglas, you seem to have landed yourself a bit of a chump.

              いやいや、オスカー・ワイルドだよ。まいったな、ダグラス。おまえさん、ちょいとまぬけた奴を捕まえたな。

 

MARTIN (spluttering): I beg your pardon?!

              何だって!?

 

BIRLING: Oh, granted, my little man, granted. No doubt you’re a valued alumnus of [5]the University of Life … or possibly Exeter.

              いいんだよ、小さいの、気にするな。君は人生経験という学位の所持者なんだろう…それともエクセター出かな?

 

MARTIN: What?!

              何だと!?

 

BIRLING: Douglas, old man, I take it congratulations are in order – final return to the captain’s seat of which you were such an ornament for so long.

              ダグラス、よき友、祝福しなくてはな。ようやく機長の席に返り咲いたか、長いことお飾りの役目ご苦労だったな。

 

DOUGLAS: No, no. Still in the … co-pilot’s seat. But … (he forces a chuckle) … still terribly ornamental!

              いいえ。相変わらず、副操縦士の席にいます。でも、なかなか立派な飾りでしょう!

 

BIRLING: Hmm. You don’t mean that … that this young man’s the captain?

              ほお。ということは、この若いのが機長かね?

 

MARTINYes, that’s right. Does that concern you?

              ええ、その通り。何か問題でもありますか?

 

BIRLING: Oh, not in the least. I’m all for youth opportunities. I was just thinking what, er, an awful slap in the face it must be for Dougie here.

              そんなことはない。若者にチャンスを開くのは大賛成だ。ただ、まあ、ひどい屈辱だろうな、このダギーには。

 

DOUGLAS (faintly): Oh, no, not really.

              いえ、そんなことは。

 

BIRLING: Oh, but yes yes really. I mean, do you have to do everything he says?

              いや、そんなことはあるだろう。こやつの言うことに全部従わんといかんのか?

 

DOUGLAS: Well …

              それは…

 

BIRLING: And Arthur, my boy, are you still going around with that delightful girl with a squint?

              アーサー、坊や、君はまだあの明るい、やぶにらみの娘さんと付き合ってるのか?

 

ARTHUR: Er, no.

              あー、いいえ。

 

BIRLING: Did she say she couldn’t see you any more?

              もう付き合えないと告げられたか。

 

ARTHUR: Yeah, she did.

              はい、そう言われました。

 

BIRLING: Yes. I have to admit I prepared that one in advance. I was dreading that you might still be together so I couldn’t use it.

              そうか。正直、そうなるだろうと予期していたんだ。まだ一緒だったら悪いと思って言えずにいただけで。

 

ARTHUR: Well, we’re not.

              うん、もう付き合ってません。

 

BIRLING: Well, it wasn’t a bigrisk, I’ll admit. Just lookat you.

              まあ、続いているとは思えんかったが。だって、おまえさんだからな。

 

(He claps his hands together.)バーリング氏、手をたたく)

 

BIRLING: Right, that’s enough pleasantries, I think. Shall we go?

              よーし、お喋りはこれくらいにして。出発するか。

 

 *****

(The door to the portacabin opens.)

 

ARTHUR: … but now I’ve got a new way of remembering because Ireland wear green, ’cause shamrocks are green; Scotland wear blue, ’cause it’s cold in Scotland; England wear red ’cause the flag’s red, white and blue.

              それで、新しい覚え方を考えたんだ。アイルランドが緑を着るのは、シャムロックが緑だから。スコットランドが青なのは、スコットランドが寒いから。イングランドが赤なのは、イングランド旗が赤、白、青だから。

 

DOUGLAS: England wear white.

              イングランドは白だ。

 

ARTHUR: Oh yeah: England wear white ’cause the flag’s red, white and blue; France …

              そうか。イングランドが白を着るのは、イングランド旗が赤、白、青だから。フランスが…

 

DOUGLAS: Yes, jolly good. Er, Martin, Mr. B’s all settled and I’ve got the weather for you.

              ああ、大したもんだ。あー、マーティン、ミスターBは座席に落ち着いた。気象情報を持ってきたよ。

 

MARTIN: Never mind the weather. What was all that?!

              気象情報なんていいよ。あれは何だい?

 

DOUGLAS: All what?

              何のこと?

 

MARTIN: That astonishing display of synchronised sycophancy.

              あの恐ろしいほどに息の合ったゴマのすりようだよ。

 

DOUGLAS: Oh, very good. Have you been working on that for a while?

              おお、うまいな。それずっと考えてたのか?

 

MARTIN (sighing in exasperation): You said he was a nice old boy. He’s a horrible old boy.

              君は気のいい爺さんだと言ってけど、ひどくいけすかない爺さんじゃないか。

 

ARTHUR: What, Mr. B? No!

              え、ミスターBが?そんなことないよ。

 

DOUGLAS: It’s just his way, Martin – a little harmless joshing.

              ああいう人なのさ、マーティン。罪のない戯れさ。

 

MARTIN: He called you a failed criminal, and Arthur a repulsive half-wit.

              君のことはできそこないの犯罪者、アーサーのことはとんでもないバカ者呼ばわりしたんだぞ。

 

ARTHUR: And you …

              で、スキッパーは…

 

MARTIN: I know what he called me. Now how is that ‘harmless joshing’?

              何と呼ばれたかは分かってるから言わなくて結構。それで、あれのどこが「罪のない戯れ」なんだ?

 

DOUGLAS: Well, I think for someone from his background, it’s …

              ほら、彼のようなバックグランドの人にとっては…

 

MARTIN (sighing): Oh, I see. I know what this is. It doesn’t matter how nasty he is, so long as he went to a jolly good public school, like you two.

              へえ、そうか。そういうことか。どんな嫌味を言ってもいいわけだ、そいつが上等のパブリックスクール出身だったら。ちょうど君ら2人みたいに。

 

DOUGLAS: Oh, now, that’s not fair at all! Arthur went to a ghastly public school.

              そんな、そりゃ言いがかりだ!アーサーが行ったのはおぞましいパブリックスクールだ。

 

ARTHUR: It’s true, I did. I mean, once, I was top in my year. Me!

              うん、それ本当。だって、ぼくが学年トップになったことがあるんだよ、このぼくが!

 

MARTIN: Well, for the duration of the trip, can we all please try to have a little professional dignity and not go all gooey just because a man in an embroidered waistcoat calls us ‘dear boys’?

              とにかく、フライト中はせめてプロとしての尊厳を保とうじゃないか、へらへらへつらうのはよしてさ。それも刺繍入のウエストコートを着た男に「我が若き友」なんて呼ばれたくらいで。

 

DOUGLAS: He didn’t call you a ‘dear boy’; he called you a ‘little man’.

              君のことは「若き友」ではなくて、「小さいの」と呼んでたけどね。

 

ARTHUR: Martin, you don’t understand, though …

              でも、マーティン、きみは分かってないんだよ…

 

DOUGLAS (interrupting): He understands perfectly, Arthur.

              よく分かっているとも、アーサー。

 

MARTIN: Hang on. Hang on. I know that tone of voice. What are you trying to stop Arthur from telling me?

              待て。ちょっと待て。その声の調子は知ってるぞ。アーサーを黙らせて、何か隠そうとしてるだろう?

 

DOUGLAS: I wouldn’t dream of trying …

              そんなことは夢にも…

 

MARTIN: Arthur?

              アーサー?

 

ARTHUR: Well, I was just gonna say: what about the tips?!

              ぼくが言いたかったのは、チップをもらえるってこと!

 

MARTIN: Ohhhh, I see.

              ははあ、なるほど。

 

DOUGLAS: Now, look …

              まあ、つまり…

             

MARTINNow it begins to make sense. Big tipper, is he? How nice! So he can treat you how he likes, so long as he pays you off at the end of it. How very dignified.

              ようやくわかってきた。チップをはずむのか。お優しいことだ!じゃあ彼のどんな無礼も受け入れるわけだ、別れ際に金をくれるんだからね。誇り高いことだな。

 

DOUGLAS: It’s not like that …

              そういうわけでは…

 

MARTIN: How much does he give you, then? Go on.

              いくらくれるんだい、それで?

 

DOUGLAS: It’s not … it’s not a question of how mu…

              そういうことじゃ…金額の問題ではないよ…

 

MARTIN: Come on!

              教えろよ。

 

DOUGLAS: Well, if you must know, last year he gave us five hundred pounds each.

              まあ、どうしてもと言うのなら、去年は500ポンドずつくれたよ。

 

MARTIN: … Oh. Very nice.

              …へえ。なかなか。

 

ARTHUR: Yeah, but that was unusual …

              うん、でもそれは例外で…

 

DOUGLAS: True. That was because England won. We can’t expect that to happen this year.

              その通り。あれはイングランドが勝ったからだ。今年は同じことは期待できない。

 

ARTHUR: Oh. Aren’t England good anymore?

              今年のイングランドは強くないの?

 

DOUGLAS: Not good enough to win a match between Wales and France, certainly.

              どんなに強くてもウェールズ対フランス戦で勝つのは無理だからな、絶対に。

 

***** 

(In the flight deck.)

 

MARTIN: All right, let’s get …

              よし、それじゃあ…

 

(Flight deck door opens.)

 

MARTIN (in a resigned voice): Oh, hello.

              おっと、やあ。

 

DOUGLAS: Carolyn! A flight deck visit. What a nice surprise.

              キャロリン!操縦室をご訪問とは。うれしい驚きだね。

 

CAROLYN: Really? Is it really such a surprise to see me on Birling Day?

              そう?バーリングデーにわたしに会うのがそんなに驚き?

 

DOUGLAS: Perhaps not.

              そうでもないけどね。

 

CAROLYN: Perhaps indeed not. Open your flight bag.

              全然そうでもないでしょう。フライトバッグを開いて。

 

DOUGLAS: If you insist.

              どうしてもと言うのなら。

 

(Sound of Carolyn unzipping the bag and rummaging through it.)

 

MARTIN: What’s going on?

              何してるの?

 

DOUGLAS: It’s a Birling Day tradition: a little contest Carolyn and I have, and that I win.

              バーリングデーの伝統さ。キャロリンと私の間でちょっとした勝負をするんだ、勝つのはいつも私だが。

 

CAROLYN: It’s not a ‘tradition’ or a ‘contest’: it is systematic theft. You see, Martin, Mr. Birling is partial to twenty-five year old Talisker single malt whiskey.

              「伝統」でもないし「勝負」でもない。計画的な泥棒よ。あのね、マーティン、バーリングさんは25年物のタリスカシングルモルトがお好きなの。

 

DOUGLAS: As am I.

              そして私も。

 

CAROLYN: As is Douglas – the difference being, of course, that Mr. Birling is a paying and valued customer, whilst Douglas is merely a sneaky thieving pilot.

              ダグラスもね。両者の歴然とした違いは、バーリングさんはお金をくれる大事なお客さまだけど、ダグラスはただのこそ泥パイロットだってことよ。

 

MARTIN: You drink his whiskey on the trip?!

              フライト中に彼のウイスキーを飲むの!?

 

DOUGLAS: No, of course not! I steal his whiskey on the trip, and drink it later.

              そんなわけないだろう!フライト中に盗んで、飲むのはあとさ。

 

CAROLYN: Well, not this time. Philip! Arthur! Come in here!

              今回はそうはさせない。フィリップ!アーサー!こちらへ!

 

(Flight deck door opens.)

 

CAROLYN: You know Philip from the fire crew, don’t you?

              消防隊員のフィリップは知っているわね?

 

DOUGLAS: Course. Good morning, Philip.

              もちろん。おはよう、フィリップ。

 

PHILIP: Hallo, Mr. Richardson.

              どうも、リチャードソンさん。

 

CAROLYN: Good. Philip: frisk him, properly.

              よろしい。フィリップ、彼を隅々まで調べてちょうだい。

 

PHILIP (patting Douglas down): Sorry about this, Douglas.

              すみませんね、ダグラス。

 

DOUGLAS: Quite all right.

              構わんよ。

 

PHILIP: Er, what am I looking for?

              あの、何を探してるんです?

 

CAROLYN: Tubes, reservoirs, bottles strapped to his legs; anything that can hold liquid. Now, let’s see what we have in your flight bag. Hip flask – an obvious decoy. Still … (She unscrews it.) Ah. Water. Thought so. A shampoo bottle … for coloured hair. Surely you’re not tinting, Douglas?

              チューブにボトル、足に結び付けた水筒だとか、液体を入れられるもの何でも。さあ、フライトバッグの中身を確認よ。ヒップフラスク──あからさまなおとりね。でも一応…(ふたを開けて)ああ、水ね。だろうと思った。シャンプーボトル…染めた(coloured)髪用。あなた、まさか染めてないでしょう?

 

DOUGLAS: Oh! Does ‘coloured’ mean ‘dyed’? I thought it just meant ‘full of colour’.

              おや! ‘coloured’って、染めたという意味なのか? ‘full of colour’(色が濃い)という意味かと思った。

 

CAROLYN: Yes, of course you did! Well, that seems to be shampoo … 

              はいはい!これは本物のシャンプーみたいね…

 

(She unzips another pocket in the bag.)(バッグの別のポケットのジッパーを開く)

 

CAROLYN: … and, what’s this? Nail varnish?

              …それで、これは何?マニキュア?

 

MARTIN: Nail varnish?!

              マニキュアだって!?

 

DOUGLAS: Well, go on, sniff it. It is nail varnish.

              ああ、嗅いでみろよ。本当にマニキュアだよ。

 

CAROLYN: Yes. Yes, it is. What do you want nail varnish for?

              ええ、そうね。マニキュアなんて何に使うの?

 

DOUGLAS: If you must know, I find it prevents cracking and splitting.

              知りたいっていうのなら、爪われの予防にいいんだ。

 

MARTINWell! I had no idea you were such a pretty pilot, Douglas!

              へえ!君がそんなしゃれたパイロットだったとは、知らなかったな、ダグラス!

 

DOUGLAS (pointedly)Anyway, are you satisfied, Carolyn?

              ともかく、満足したか、キャロリン?

 

CAROLYN: For now, yes; but let me tell you this, Fingers: on your return, Philip here will be once more frisking you with digits dexterous with practice – and I shall be going through your flight bag with the very finest of tooth combs. And if any of these things have magically transformed from water, shampoo and … nail varnish …

              今のところはね。でも言っておくけど、いいわね、戻ってきたらすぐ、フィリップにここでもう一度あなたをくまなく身体検査をしてもうわ──それにフライトバッグの中身も私が綿密に調べますからね。このうちのどれかが不思議なことにすり替わってたら──この水、シャンプー、そしてマニキュアが…

 

(Martin giggles.)

 

CAROLYN: … into twenty-five-year-old Scotch, I shall know about it. Now then, Arthur.

              …25年物のスコッチに変わってたら、見逃さないから。それじゃあ、アーサー。

 

ARTHUR: Yes, Mum!

              はい、お母さん!

 

(Clinking of small bottles.)(小さなボトルを開ける音)

 

CAROLYN: I have here thirteen little miniature bottles of Talisker. Guard them with your life. When it’s time to give Mr. Birling another whiskey, you take one of these and a fresh glass, you open it in front of him, listening for the crack of the seal breaking, like so. (‘Crack’ as she breaks the seal of one of the bottles.) And you pour it out for him with one hand.

              ここに13本のタリスカのミニボトルがあるわ。命がけで守りなさい。バーリングさんに新しいボトルからウイスキーをサーブするときは、このうちの一本ときれいなグラスを持って行って、バーリングさんの目の前で開けるの、封が開く音をちゃんと聞いて、こんなふうに。(ボトルの封を開ける音)そして片手でお注ぎしなさい。

 

ARTHUR: Why only one hand?

              どうして片手なの?

 

CAROLYN: Because with the other hand you will be most likely fighting off the Yogi Bear of the drinks trolley, First Officer Richardson. Here they are … (Clink of the bottles as she hands them over.) Oh. Except you can’t give him this one. The seal’s been broken. Would, er, anybody like to try it? Oh! (She chuckles.) What am I thinking? You’re all about to go on duty. What a terrible shame! Oh, well, cheers. (Pause as she takes a swig from the bottle.) Oh! That is terribly good.

              それはね、もう一方の手は追い払うのに忙しいからよ、ドリンク台車の[6]ヨギ・ベアこと、リチャードソン副操縦士をね。じゃあ、渡しておくわ…(アーサーにボトルを手渡す音)あら、でもこれはお出しできない、封を開けてしまったから。誰か味見したい?あら!(笑い)私ったら何考えてるのかしら。みんなこれから業務があるのに。残念ね!仕方がないから、いただくわ。ふう!最っ高ね。

 

*****

(Bing-bong.)

 

ARTHUR (over cabin address system): Hallo, ladies and gentlemen, and welcome to … well, gentlemen … well, gentleman … well, Mr. Birling. Hallo, Mr. Birling!

              こんにちは、紳士、淑女の皆さま。ようこそ…ええと、紳士がた、いや、紳士、というか、バーリングさん。こんにちは、バーリングさん!

 

BIRLING: Hallo, Arthur.

              よお、アーサー。

 

ARTHUR (still over cabin address system): Ooh, hallo! Er, anyway, welcome aboard. Erm, the captain has now at this time disilluminated the seat belt sign …

              どうも!ええと、ご搭乗ありがとうございます。機長がただいまシートベルト着用サインを消灯しましたが…

 

BIRLING: Yes, I saw.

              ああ、見ていた。

 

ARTHUR: … er, right, so you can, if you wish, avail yourself of the opportunity to disengage your seatbelt at this moment in time.

              うん、そうなんです。なので、よかったらこの機会にシートベルトを外してお寛ぎください。

 

BIRLING: Never did it up in the first place. I’m not a girl.

              そもそも最初から着けとらん。私は娘っ子じゃないからな。

 

ARTHUR: … Right. (He laughs.) Actually, I like doing it like this. It’s-it’s more like a chat, isn’t it?

              …そうですか。こういう機内放送楽しいですね。お喋りしてるみたい。

 

BIRLING: It is– the snag being, of course, that the last thing I want from you is a chat, whereas the first thing I want is another whiskey.

              確かに。だが難をいえば、お前さんとお喋りなんぞしたくもない。欲しいのはウイスキーのおかわりだ。

 

ARTHUR: Ah. Right-o!

              ほいさ!

 

(He walks four paces to Mr. Birling’s side, ‘cracks’ open a bottle and pours it into a glass.)

(アーサーがバーリング氏のもとに駆け付け、ボトルを開けてグラスにウイスキーを注ぐ。

 

BIRLING: Mmm! Yum-yum. Mmm.

              んー!よし、よし。

 

ARTHUR: Mr. B? What did you mean before when you said you weren’t surprised about Fliss and me breaking up?

              ミスターB?さっきフリスとぼくが別れても驚くことじゃないと言ってたのは、どうしてです?

 

BIRLING: Well, she was from a good family, wasn’t she?

              うむ、あの子は良いところの娘さんではなかったかね?

 

ARTHURI liked them.

              ぼくはフリスの家族のこと好きでしたよ。

 

BIRLING: There you are, then. Even if she didn't fed up with you – which frankly she surely did – doubtless her people [7]put their foot down.

              それだよ。もしあの子がおまえに愛想を尽かさなくても、まあ当然つかしたわけだが、あの子の家族が交際をやめさせただろうよ。

 

ARTHUR: Why?

              どうして?

 

BIRLING: Well, for a start, you’re twenty-eight, you have a ridiculous job and you still live with your mother.

              だいいちに、おまえは28歳にもなって、バカげた仕事をしてるうえに母親と暮らしてるだろう。

 

ARTHUR: Well, yeah, but not in the, “Ooh, still lives with his mother” way people are thinking when they laugh about it. I … I just live with her because we get on really well, like friends, so why pay rent?

              うん、そうだけど、人がよくバカにするような、「わあ、まだお母さんと住んでるぞ」って感じじゃないんです。お母さんとぼくはすごく仲がいいんだ、友達みたいに。なのに家賃を払う必要ないでしょ?

 

BIRLING: That is precisely what people are thinking when they laugh about it.

              それこそまさに人がバカにして笑うやつだ。

 

ARTHUR (plaintively): So … you don’t think anyone will want to be with me?

              それじゃ…ぼくと付き合いたい女の子なんていないってこと?

 

BIRLING: Well, Arthur, what it really boils down to is: I’m bored of talking about this. Now, when do I get to visit the flight deck?

              うむ、アーサー、そんなことより、私はもうこの話題に飽き飽きだ。さあ、いつになったら操縦室に行かせてくれるんだ?

 

ARTHUR (sadly): I’ll-I’ll go and see.

              様子を見てきます。

 

***** 

MARTIN (into radio): London, good afternoon. This is Golf Echo Romeo Tango India, maintaining flight level two-five-zero, direct Pole Hill.

              (無線) ロンドン、こんにちは。こちらGERTI、フライトレベル250で飛行中。ポールヒルに向かっています。

 

LONDON ATC: Roger, Golf Tango India, maintain two-five-zero …

              了解、GTI、250を維持してください…

 

(The flight deck door opens as ATC continues repeating back Martin’s message.)

(操縦室の扉が開き、管制塔がマーティンのメッセージを繰り返す)

 

ARTHUR (morosely): Hello. Would you like your coffee yet?

              やあ。そろそろコーヒーほしい?

 

MARTIN: Arthur? What’s the matter?

              アーサー?どうかしたのか?

 

ARTHUR (sighing): Nothing. I just wondered if you wanted your coffee.

              別に。2人がコーヒーが欲しいかなと思っただけ。

 

DOUGLAS: And the thought reminded you of your cousin Vladimir who died in a coffee mine?

              で、考えてたらつい思い出してしまったのかな?君のいとこのウラジミールがコーヒーの採掘場で死んだことを。

 

ARTHUR (sadly): No, I’m fine. I’ll go and get it. Oh, and Mr. Birling was wondering if he can come up to the flight deck yet.

              ううん。大丈夫。淹れてくるよ。あ、それとバーリングさんが、もう操縦室に来てもいいかって。

 

DOUGLAS: Of course, of course! Send the old boy up.

              ああ、もちろんだ!連れてきてくれ。

 

MARTIN: What? No! of course not! What’s got into you both? You know the law!

              何だって?いいわけないだろう!2人ともどうかしてるんじゃないか?法律は分かってるだろう!

 

ARTHUR (more brightly): Yeah, but it’s Mr. Birling! He always visits.

              うん、でもバーリングさんだから!いつも操縦室に来るんだ。

 

MARTIN: Oh, I see. I wasn’t aware that the Air Navigation Order finished, quote, “… unless, of course, he went to the right school and is liable to tip you half a grand at the end of the flight,” unquote.

              へえ、そうか。気づかなかったよ、航空規則に「無論、いい学校を出て、フライトの終わりに500ポンドのチップをくれる乗客は別とする」と表記があったとはね。

 

ARTHUR: Ah, but that was only because England won.

              ああ、でもそれはイングランドが勝ったからだよ。

 

MARTIN: Fine – a hundred quid. So much the more reason not to disregard …

              そうか、じゃあ100ポンドだ。なおさら規則を無視していい理由には…

 

(Flight deck door opens.) 

 

MARTIN: What the …?

              何だ…?

 

BIRLING: Hello! I got bored waiting, so I thought what I’d do is just assume it would be fine.

              やあ!待ちくたびれたから、行って良しと、こちらで勝手に判断させてもらったぞ。

 

MARTIN: Well… I-I-I’m sorry, sir, but it’s not. CAA regulations and the UK law forbid any non crew member on the flight deck during the flight.

              失礼ですが、困ります。イギリス民間航空局規則と法律で、フライト中の乗務員以外の操縦室への立ち入りは禁じられています。

 

BIRLING: Oh, nonsense. Sort this out, Douglas.

              ばかばかしい。なんとかしろ、ダグラス。

 

DOUGLAS (apologetically): Erm, I’m very sorry, Mr. Birling. If the captain insists, there’s nothing I can do.

              あー、大変申し訳ありません、バーリングさん。機長の判断ですから、私には何ともしようがありません。

 

BIRLING: Oh dear. I was right. It is humiliating. You must feel totally[8]emasculated. Ooh!

              なんと。やはりそうか。屈辱だな。まったく首輪をつけられたようなもんだな!

 

MARTIN: Sir, will you please return to your seat?

              お客さま、座席にお戻りください。

 

BIRLING: All right, all right. You mustn’t expect much of a tip from me, though, I’m afraid.

              わかった、わかった。だがチップの額は期待できんと思うことだな。

 

DOUGLAS: Er, can I just emphasise: this is entirely the captain’s decision.

              お断りしておきますが、これは機長の独断です。

 

BIRLING: Yes, yes, I get the point, though the fact remains, Dougie: I’m not enjoying myself. What shall we do about that?

              ああ、ああ、言いたいことは分かるが、事実は変わらんぞ、ダギー。私は面白くない。それについてはどうしてくれる?

 

DOUGLAS: Well … Now, how about if I came back with you, show you the flight plan, the charts, the weather maps?

              じゃあ…私も客室にご一緒して、飛行計画書や航空図、気象マップなどをお見せしましょうか?

 

BIRLING: Ah, yes. That might help.

              なるほど。悪くない。

 

MARTIN: Or just get on your hands and knees and let him use you as a footstool.

              それとも四つん這いになって、フットスツールがわりになるのはどう?

 

BIRLING: Oh, and bring your hat. I like wearing your hat – though it’s not as good as your captain’s hat. Well, I need hardly tell you that.

              あと帽子を忘れるなよ。その帽子を被るのがいいんだ。機長の帽子ほどじゃないが。まあ、言わなくとも分かっておるだろうがな。

 

*****

(On the ground, outside the plane.)

 

MARTIN: All right. Thank you. (He hangs up his mobile phone.) I do apologise, sir, but they assure me the limo is on its way and will be with us momentarily.

              了解。ありがとう。(携帯の通話を切る)申し訳ございません、お客さま。リムジンは現在こちらに向かっておりまして、今にも到着するとのことです。

 

BIRLING: Well, I don’t suppose it would be here ‘momentarily’.

              ふん、「今」ここに現れるとは思えんな。

 

MARTIN: I’m sure it will, sir.

              必ず参りますから。

 

BIRLING(tetchily): No, I mean it’s not going to wink into existence beside us for a moment and then disappear, is it?

              いいや、私が言いたいのは、瞬きする間にこの場にぱっと現れたり、次の瞬間に消えたりするわけではないだろう?

 

MARTIN (sighing): No. No, it’s not.

              ええ、そうですね。

 

BIRLING: And yet, curiously, if it did we would still be one up on our current situation.

              しかも、おかしなことに、瞬時に現れたとしても現状は変わらんわけだ。

 

MARTIN: As I say, sir, I apologise.

              ですから、この通り謝罪しております。

 

BIRLING: Is that it?

              それだけか?

 

MARTIN: Yes.

              はい。

 

BIRLING: Captain, the other two have explained to you, I hope, that I’m rather a generous tipper.

              機長、あの2人が君にも説明したと思うが、私はチップについては気前がいい。

 

MARTIN: They did mention it, yes.

              はい、そう申しておりました。

 

BIRLING: Hmm. … but that the level of my tips depends entirely on the quality of the, um … well, I was gonna say ‘customer service’ but let’s be straight with one another … the toadying I receive.

              ふむ…だがチップの額は質に応じて決まる。その…うむ、「接客」の質と言うつもりだったが、ここはお互い率直にいこう、私にどれだけ「ごますり」をするかで決める。

 

MARTIN (sighing): I gathered that, but I’m afraid, sir, that I like to think of myself as not quite so easily bought.

              そのようですね。しかし、私はそう簡単にプライドを売る人間にはなりたくないと思っております。

 

(A car pulls up and stops.)

 

BIRLING: Ah, well, I see, I see. Then I shall see you after the match.

              ふん、そうか、そうか。では試合後にな。

 

(The car door is opened.)

 

BIRLING: Oh, and for the avoidance of doubt, it occurs to me that in a fairytale I would be so impressed by your failure to be bought, I would at the end of the trip give you an even bigger tip than anyone else. What you should know about me, though, is that I like being toadied to, and I pay people to do it … (the car door closes)… so you won’t be getting a sausage! Cheerio!

              ああ、それから誤解のないよう言っておく。これがおとぎ話だったら、金にすり寄らない君の態度に感銘を受けた私が、旅の終わりに君にいちばん多額のチップを払うという筋書きなんだろうな。だが覚えておけ、私はおべっかを言われるのが好きなんだ。金を払うのは、ごまをすらせるためだ。(車のドアが閉まる)…だから君にはソーセージ1本だってやらんぞ!じゃあな!

 

(The car drives away.)

 

***********************

【脚注】

[1] stag do= stag party: 男だけのパーティー 《特に結婚式の前夜に花婿が男性の友人達と開くパーティー; ⇔hen party》

[2] “cometh the hour, cometh the man” はひとつのフレーズ→ https://www.quora.com/What-is-the-meaning-of-cometh-the-hour-cometh-the-man

[3] “Those Magnificent Men in their Flying Machines”: 1965年公開のイギリス映画。

[4] Oscar Wildeの戯曲 “The Importance of Being Earnest”『まじめが肝心』の主人公、Algernon Moncrieff(アルジャーノン・モンクリーフ)のこと。

[5] Someone went to the University of Life というと「(正規の大学教育は受けていないが)人生経験を積んだ」という意味。対してExeter(エクセター大学)名門のひとつ。

[6] アメリカのアニメの熊のキャラクター。

[7] put one’s foot down: 足を踏みしめて立つ;断固たる行動をとる、断じて許さない

[8] emasculate: (vt)去勢する、弱くする

ジーニアス英和大辞典とリーダーズ英和辞典を参考にしています)