Black, Two Sugars, Please

BBC SherlockとCabin Pressureにどハマりした英語好きのブログ初心者

S1E4: Douz 前半 (Cabin Pressure和訳)

Douz 1/2

BBC ラジオドラマ、Cabin Pressureの4つ目のエピソード和訳です。

今週の舞台Douz/ ドゥーズはチュニジアの南央Kebili県に位置します。“The Gateway to the Sahara” として知られる小さな街だそうです。Douz - Wikipedia によると、Douzは昔から『最後の椰子のオアシス』と呼ばれ、サハラを横断するキャラバンにとっては、砂漠に入る前の重要な拠点だったとのこと。今日でもラクダや四駆でのサハラトレックの出発地点であり、観光客が多く訪れる街のようです。…調べてたらちょっと行ってみたくなりました。

 

Cabin Pressureの一行は、もちろんこうした歴史的背景や浪漫とは無縁に、今回もひたすら厄介事を笑いで乗り切っていきます。

Series1の中でも、MJN Airの仲間の結束が伺える、個人的にお気に入りの回のひとつです。冒頭のマーティン(ベネディクト・カンバーバッチ)の(ややウザい)かまってちゃんもキュートです。

今回も英文スクリプトは Douz Transcript | Cabin Pressure Fansからお借りしました。

 

 

 

Cabin Pressure Transcript: 1.4 Douz

Script by John Finnemore

  

(Bing-bong.) 

MARTIN (smoothly, over cabin address): Good afternoon. This is your captain speaking.

Just to say, there is absolutely nothing to worry about.

           (客室放送) こんにちは。機長から一言失礼いたします。フライトは順調、まったく何も心配ありませんからね。

 

(Bing-bong.)

 

MARTIN (calmly): Hello. Captain Crieff here again. Still no need to panic. I repeat: there is no need to panic. Or to look out of the windows. Everything’s fine.

              どうも、再び機長のクリーフです。相変わらず、何も不安がることはありません。繰り返します。不安がる必要はありません…窓の外をのぞく必要もね。何もかも順調ですよ。

 

(Pause.) (Bing-bong.)

 

MARTIN (a little more urgently): Actually, I wasn’t being entirely straight with you just now. You see, it’s this damnable sleeping sickness of mine. (He yawns.) Normally, I control it with a mysterious stimulant from South America … (his voice becomes even more urgent) … but, blast it, my supply’s run out! I’m afraid our only hope now is if, by some chance, someone on board knows how to prepare this stimulant and could …

              実は、先ほどは申し上げませんでしたが、率直なところ、持病のいまいましい眠り病に襲われているのです。(あくび) 普段は南アメリカ産の神秘の刺激薬で抑えているのですが、あろうことか、もう手持ちがありません!最後の望みは、偶然の巡りあわせで、機内に例の刺激薬の作り方をご存知の方がいらっしゃって、もし…

 

CAROLYN (from the cabin): Yes, we get the message. Arthur, take Martin his coffee.

              はいはい、わかったから。アーサー、マーティンにコーヒーを持って行ってあげて。

 

This week, Douz! 今週はドゥーズ!

 

***** 

(Sound of mugs clinking down.)

 

ARTHUR: Here you are, Skipper. Wow! Is that the Sahara?

              おまちどう、スキッパー。わあ!あれがサハラ砂漠

 

DOUGLAS: The vast sandy thing on the ground? That’s the chap, yes.

              地上に見えるだだっぴろい砂場?うん、そうだよ。

 

ARTHUR: Wow. It’s brilliant!

              わお、最高!

 

DOUGLAS: Always at hand with the mot juste, aren’t you, Arthur? Yes, the Sahara Desert is brilliant, just as the Niagara Falls were brilliant; the Northern Lights were brilliant; and that chap from Ryanair burping the theme to The Muppets was really brilliant.

              いつだって君はモ・ジュストゥ(《仏語》的確な表現)の持ち主だな。そうとも、サハラ砂漠は最高、ナイアガラの滝も最高、オーロラも最高、そしてランエアーの従業員が『マペット』のテーマ曲をゲップで歌うのは、すっごく最高。

 

ARTHUR: Come on, that was brilliant! Wow! Camels!

              だって、本当に最高だったじゃないか!わあ!ラクダだ!

 

DOUGLAS: And how would you describe them, in a word?

              で、ラクダをひと言で形容すると?

 

ARTHURBrilliant!

              最高!

 

DOUGLAS: Thought so.

              だと思った。

 

ARTHUR: What are they all doing there?

              あそこで何してるんだろう?

 

DOUGLAS: Filling up. Douz is the last town in Tunisia before the desert. It’s like a big camel petrol station.

              水分補給さ。ドゥーズはチュニジア最後の街でこの先は砂漠だから。大きなラクダ向けガソリンスタンドみたいなものさ。

 

MARTIN: Huh! What would you know about petrol stations?

              はっ!きみにガソリンスタンドの何が分かるんだい?

 

DOUGLAS: I’ve … seen them. I drive past them. Sometimes I stop for a Kit Kat.

              見たことはあるさ。車で通りすぎるし。キットカットを買いに寄ることもある。

 

ARTHUR: What, doesn’t-doesn’t your car need petrol, Douglas?

              え、ダグラスの車ってガソリン要らないの?

 

MARTIN (cynically): No, Douglas’ car does not need petrol.

              うん、ダグラスの車にガソリンなんて要らないよ。

 

ARTHUR: Wow! Well, maybe I should get one …

              へえ!ぼくも同じ車買おうかな…

 

DOUGLAS: Yes, Arthur. [1]You keep lumbering on after the uptake. It’s sure to tire eventually. What Martin’s getting at – and this isn’t for your mother’s ears – is, you know how we have to run off a couple of litres of fuel before every trip to check for water droplets?

              うむ、アーサー。君がやっとのことで話を飲み込むころには、きっと疲れ果ててるぞ。マーティンが言わんとしてるのは、──これは君のお母さんには内緒だが──毎回フライト前に燃料を1,2リットル抜いて、水分が混ざっていないか点検しないといけないのは知ってるだろう?

 

ARTHUR: Mmm.

              うん。

 

DOUGLAS: Well, there’s nothing in the book to say where you have to run it off to.

              その抜いた燃料をどこにやるかは、明記されていないんだ。

             

ARTHUR: Ohh!

              ああ。

 

MARTIN (stroppily): I think there’s a general understanding that they didn’t mean ‘into the tank of the First Officer’s Lexus’.

              常識的に考えて、「副操縦士のレクサスのタンクに入れる」想定ではないだろう。

 

DOUGLAS: Then they should have said so! I’m not a mind-reader.

              じゃあ、そう書いといてくれないと!私はテレパシーは使えないんだから。

 

ARTHUR: What, you can run a car on aviation fuel?

              てことは、飛行機の燃料でも車は走るの?

 

DOUGLAS: Oh, yes! It’s a bit like giving a bunny rabbit cheetah food, but [2]it doesn’t half make it go – as, I imagine, it would do the bunny rabbit.

              走るとも!ウサギにチーターの餌をやるようなものさ。まったく問題なく走る。本物のウサギはそうもいかないだろうが。

 

DOUZ AIR TRAFFIC CONTROL (over radio): Golf Tango India, good evening.

You’re clear to land at your discretion on two-seven. Wind is two hundred at twenty-five.

ドゥーズ航空管制塔(無線):GTI、こんばんは。着陸を許可します。7-2へ。風向き200度方向、風速25ノット。

 

DOUGLAS (into radio): Roger.

              了解。

 

(Radio off.)

 

DOUGLAS: Ooh, breezy!

              いいそよ風だ!

 

MARTIN: Are you still happy to take the landing or shall I?

              着陸担当は君のままでいい?代わろうか?

 

DOUGLAS: Oh, I suspect [3]I’ll muddle through, Martin. I was doing my log book the other day and I noticed that this happens to be my two thousandth landing.

              なあに、何とかやりおおせるさ、マーティン。先日、飛行日誌をつけていて気付いたんだが、これが私の2千回目の着陸なんだ。

 

ARTHUR: Oh, wow! Is that true? That’s amazing!

              うわあ!本当?すごいや!

 

DOUGLAS: Oh. Not ‘brilliant’? I’m crushed.

              おや、「最高」じゃないのか。がっかりだ。

 

MARTIN: No, it’s not true, Arthur. It’s just another transparent attempt to remind me what a mighty Sky God he is.

              嘘だよ、アーサー。今回も見え見え。自分がいかに偉大なスカイ・ゴッドか僕に分からせようとしてるだけだよ。

 

DOUGLAS: Of course it’s true! Why would you doubt it?

              本当に決まってるだろ!どうして疑うんだ?

 

MARTIN (laughing): Well, my suspicions were first aroused by the use of the phrase, ‘I was doing my log book’. The last time you did your log book, you [4]could have had it signed off by [5]Douglas Bader.

              ふん、まずダグラスが「飛行日誌をつけてた」というのがおかしい。君が飛行日誌を最後につけたのは、≪ダグラス・バーダー≫の署名があってもおかしくないくらい昔のことだよ。

 

DOUGLAS: Don’t listen to him, Arthur. Two thousand landings precisely.

              マーティンの言うことに耳を貸すな、アーサー。これがきっかり2千回目の着陸だ。

 

ARTHUR: Wow. And how many take-offs?

              わあ。それで離陸は何回したの?

 

DOUGLAS: Oh, nothing like as many.

              うむ、着陸よりはずっと少ないさ。

 

ARTHUR: Right.

              そっか。

 

MARTIN: Mmm, because of course take-offs are cancelled all the time; landings almost never.

              うん、だって離陸のキャンセルはしょっちゅうあるけど、着陸のキャンセルはまずないからね。

 

DOUGLAS: That’s right.

              そうとも。

 

ARTHUR: Oh yes. Of course.

              そっか。なるほど。

 

(Urgent beeping.) (警報音)

 

MARTIN: Oh, hang on. We’ve lost one of the hydro systems.

              待てよ。油圧システムがひとつダウンしてる。

 

DOUGLAS: Mmm, possibly. The thing about GERTI, though, bless her, is she is rather the aeroplane who cries wolf. I particularly enjoyed her last Ground Proximity warning – the one when we were on the ground.

              ふむ、まだわからんぞ。GERTIにはオオカミ少年の気質があるから、警報も当てにならない。この間の地上接近警報、あれはよかった──地上にいる時に鳴らすとは。

 

MARTIN (flicking switches): Contents have fallen to zero. Stand-by pump to On; check pressure … pressure’s falling. No, we really have lost number one hydraulic system.

              容量がゼロになった。予備システムをオン。圧力を確認…圧力ゼロに降下。まずい。本当に油圧システムが片方やられてる。

 

DOUGLAS (mock-excitedly): Ooh, what fun!

              おお、面白くなったぞ!

 

MARTIN (anxiously): Right, er, right, right. Um, number one hydraulic system lost. Err … no special procedures. Er, note lack of rudder will reduce max crosswind limit to twenty-five knots.

              そうか、えっと。第一油圧システムがダウン。あー、特別な対応策なし。方向蛇が効かないため、横風は最大25ノットまでに制限されることに注意を。

 

DOUGLAS: Won’t it just?! Arthur, break the emergency glass. I require my Biggles hat.

              よしきた!アーサー、非常用のガラスを割れ。私のビグル帽の出番だ!

 

MARTIN: Douglas, this is serious!

              ダグラス、深刻な事態だぞ!

 

DOUGLAS (calmly, into radio): Douz Tower, this is Golf Tango India. We’ve lost our number one hydraulic system. No operational effects. We continue to make our approach.

              ドゥーズ管制塔、こちらGTI。第一油圧系統がダウンしました。操縦に影響はなし。このまま着陸態勢に入ります。

 

DOUZ ATC (over radio): Roger that, Golf Tango India. We’ll have the fire truck on standby.

              了解、GTI。消防車を待機させます。

 

DOUGLAS: You’re quite the little ray of sunshine, aren’t you, Tower?

              君はいちるの希望の光だよ、管制塔。

 

(Radio off. Bing-bong.)

 

DOUGLAS (over cabin address): Hello, Carolyn. This is the pointy end. Just to let you know I’ll be landing today without number one hydro.

              (機内放送で) やあ、キャロリン。こちら先っちょ。一応知らせておくが、今日は第一油圧システムなしで着陸する。

 

CAROLYN (calling from the cabin): What?! Why?

              何ですって!?どうして?

 

DOUGLAS: Oh, I dunno. Just to see if I can. All right, everyone, hang on. We’re going in.

              さあね。やれるかどうか腕試しさ。よし、みんな、つかまれ。行くぞ。

 

MARTIN: I have control.

              僕が操縦する。

 

DOUGLAS: What?

              何だと?

 

MARTIN: I have control! I have control! Control, I have it!

              僕が操縦する!僕が操縦する!僕が操縦するったら!

 

DOUGLAS: Martin, you gave me this [6]sector, and I’m well within my limit.

              マーティン、この往路は私に任せてくれたはずだし、私には十分に対応できる能力がある。

 

MARTIN: I know, I know. I’m sorry, but we can’t be too careful.

              わかってる、そうだけど、すまないが安全策で行こう。

 

DOUGLAS: Too careful?!

              安全策!?

 

MARTIN: I have control.

              僕が操縦する。

 

DOUGLAS: How d’you mean, ‘too careful’?

              「安全策」とはどういう意味だ?

 

MARTIN (firmly): Douglas. I have control.

              ダグラス、僕が操縦する。

 

(Pause.)

 

DOUGLAS (quietly, unhappily): You have control.

              操縦を任せます。

 

*****

 

(Sound of GERTI’s engines powering down. Flicking of switches.)

GERTIのエンジンが止まる音。スイッチを切る音。)

 

MARTIN (sighing with relief): And shut-down checks complete.

              これで停止時点検完了。

 

DOUGLAS Well done, Captain.

              お疲れさまです、機長。

 

(Flight deck door opens.)

 

CAROLYN (a little breathlessly): Good lord, Douglas. [7]You made a right old meal of that, didn’t you?

              まったくもう、ダグラス。ご大層な力技だったわね?

 

DOUGLAS: Not really.

              違うよ。

 

CAROLYN: What? You did two go-arounds, then you finally slammed it onto the ground like you were trying to wipe out the dinosaurs.

              何言ってるの?2度旋回したあげく、すごい勢いで地面に叩きつけて着陸したじゃない。恐竜でもなぎはらうつもりかと思ったわ。

 

DOUGLAS: Oh, I’m not denying a right old meal was made of it, but I was not the chef du jour. Captain Crieff kindly took control.

              力技だったし、ご大層だったのも認めるが、私がやったんじゃないよ。クリーフ機長が親切にも操縦してくださったんだ。

 

CAROLYN: What?! Martin landed it?! With a hydro failure in a crosswind?! Martin, you get flustered trying to parallel park! Why on earth would you take control?

              え!?マーティンが着陸させたの!?油圧に異常を抱えたうえに横風の中を!?マーティン、あなた縦列駐車ですらあたふたするのに!どうしてあなたが操縦したの?

 

MARTIN: I am the senior pilot on board, Carolyn.

              僕がこの機の上級パイロットだからだよ、キャロリン。

 

CAROLYN: Yes. But Douglas is the better pilot on board. You do see how ‘better’ trumps ‘senior’, don’t you?

              そうだけど、ダグラスの方が腕は上でしょう。地位よりも腕の方が重要なの、分かるでしょ?

 

MARTIN: And, for your information, a firm landing is generally the safest.

              言っておくけど、ファームランディング(硬着陸)が一番安全なんだ。

 

CAROLYN: If that landing had been any safer, it would have killed us.

              あれ以上安全な着陸をされたら、わたし達みんな死んでたわよ。

 

DOUGLAS: You know what they say: a good landing’s any landing you can walk away from. A great landing is one where they can re-use the plane.

              よく言うじゃないか。「いい着陸なら皆が無事に降りられるが、申し分ない着陸なら機体がもう一度空を飛べる」って。

 

ARTHUR: Mum, I was just taking a look outside, and, um – the company who’s sub-contracted to us: are they called Panda Charters?

              お母さん、今ちょっと外を見てたんだけど、ぼくたちが下請けした会社って、パンダチャーターという名前だった?

 

CAROLYN: Yes. Why?

              ええ。どうして?

 

ARTHUR: And they’re hiring us because they had a tech failure?

              ぼくらを雇ったのは、機体に故障があったからだよね?

 

CAROLYN: Yes. Why?

              そうよ、どうして?

 

ARTHUR: Look over there. It looks like quite a big tech failure.

              あれ見て。すっごく大きな故障みたい。

 

CAROLYN: Good lord.

              まあ、ひどい。

 

DOUGLAS: That is a very broken plane.

              がたがたじゃないか。

 

ARTHUR: Do they have hyenas in the Sahara?

              サハラ砂漠ってハイエナがいるの?

 

MARTIN: Not big enough to attack 737s, but I take your point.

              いるけど、ボーイング737を襲えるほど大きくはないよ。でもそうだね。

 

CAROLYN: Well, let’s turn this round as quickly as possible. I’ll be back in an hour, and watch out for anyone trying to steal our engines.

              なるだけ早く帰りましょう。1時間で戻るわ。エンジンを盗まれないように気を付けるのよ。

 

DOUGLAS: Have no fear – Martin will be in control throughout.

              心配無用さ──マーティンが引き続き指揮を執ってくれる。

 

(The cabin door is opened. Carolyn blows out a startled breath.)

(キャビンドアが開き、キャロリンがはっと息をつく)

 

ARTHUR: You all right, Mum?

              大丈夫、お母さん?

 

CAROLYN: Gosh, it’s hot!

              うわ、暑い!

 

DOUGLAS: Ah! Sahara not only brilliant, but hot! I see where Arthur gets his way with words.

              ああ!サハラは最高で、なおかつ「暑い」か!アーサーが言葉づかいを誰に学んだか分かるな。

 

 *****

 

MARTIN: So they’re officially the national cricket team?

              それじゃ、この人たちはクリケットの公式のナショナルチームなの?

 

DOUGLAS: Apparently – of Scotland.

              そうらしい。スコットランドのね。

 

MARTIN: I didn’t think Scots played cricket.

              スコットランド人がクリケットをするとは思わなかった。

 

DOUGLAS: It seems at least eleven of them do.

              少なくとも[8]11人はプレイするようだな。

 

MARTIN: And the Scotland/Tunisia cricket match – is that a regular thing?

              スコットランドチュニジアクリケット試合って、これは定期的にやってるの?

 

DOUGLAS: A hotly-contested [9]Hiberno-African derby, I’ve no doubt.

              「熱く戦われるヒベルノとアフリカンの年に一度の対抗試合」なんだろう。

 

(A camera bleeps and clicks.)

 

MARTIN: What are you doing now, Arthur?

              今度は何だ、アーサー?

 

ARTHUR: Oh, nothing. You two carry on. Act natural.

              何でもないよ。続けて。自然にふるまって。

 

DOUGLAS: Why are you taking our pictures?

              どうして私達の写真なんて撮ってるんだ?

 

ARTHUR: Mum’s reprinting our company brochure, and she said I could have a go at taking a picture for the cover.

              お母さんが会社のパンフレットを新しく刷りなおすんだけど、カバーの写真には僕が挑戦してもいいって。

 

DOUGLAS: Oh dear. Does that mean we’re losing the current one?

              おや。じゃあ今のパンフレットはなくなるのか?

 

MARTIN: The one with Carolyn strangling a customer?

              キャロリンが乗客の首を絞めあげてるやつ?

 

DOUGLAS: I always thought that summed up MJN Air rather well.

              MJN航空を見事に象徴した一枚だと思っていたんだが。

 

CAROLYN: She’s adjusting his pillow! … But, yeah, it does look a bit strangle-y.

              枕を直してるだけだよ!…うん、でも確かに首を絞めてるみたいに見えるね。

 

(Knock on flight deck door.)

 

DOUGLAS: Hello?

              なにか?

 

HABIB (male, Tunisian accent): Hello, Captain. Er, compliments of the airfield manager, and would you please be able to settle the bill?

              こんにちは、機長さん。空港長に代わってご挨拶申し上げます。こちらのお支払いをお願いできるでしょうか。

 

MARTIN: Yeah, actually, I’m the captain. Hello! The one in the captain’s seat wearing the captain’s hat?

              あのね、機長は僕だよ。やあ!機長の帽子を被って、機長の席に座ってるだろう?

 

HABIB: Sorry, Captain. Er, compliments of the …

              失礼いたしました、機長さん。えー、空港長に代わって…

 

MARTIN: Yes, all right. Give it here.

              ああ、わかったから。こちらによこして。

 

(Rustle of paper.)

 

MARTIN: Yes, fine, fine … What’s this?

              うん、よし、よし…これは何?

 

HABIB: Um, fire truck.

              消防車です。

 

MARTIN: Yes, I can read what it says. What does it mean?

              文字は読めるよ。どういう意味だ?

 

(The camera bleeps and clicks.)

 

DOUGLAS: Really, Arthur? The front page of MJN’s brochure: our gallant captain quibbles over a bill?

              本気か、アーサー?MJN航空のパンフレットの表紙が、我らの果敢なる機長が請求書に難くせをつけている写真?

 

MARTIN: I’m not quibbling, Douglas. It says three hundred dollars here, for a fire truck!

              難くせじゃないよ、ダグラス。消防車1台の手配が300ドルと書いてあるんだ!

 

HABIB: I don’t know. It’s not usual.

              私には何とも。滅多にないことなので。

 

DOUGLAS: Oh really? (More quietly) You know, Martin, these little airfields do rather try things on sometimes if they suspect you’re not …

              おや、本当に?マーティン、こういう小さな空港というのは、ふっかけてくることがあるらしいぞ。もし機長があれだと…

 

(He trails off.)

 

MARTIN: What? Not what?

              何?何だよ?

 

DOUGLAS: Oh, nothing.

              いや、何でもない。

 

(Martin sighs.)

 

HABIB: Would you like to speak to the airfield manager, sir?

              空港長とお話をされますか?

 

MARTIN: Yes. Yes, I would. I’ll show him whether or not I’m … that.

              ああ、そうしたい。見せてやろうじゃないか、僕が…そういう機長じゃないって。

 

*****

 

 

(Knock on a door, which is then opened.)

 

JUTTEAU (male, French accent): Entrez? Ah, you have.

            (男性、フランス語なまり)どうぞ(仏語)。ああ、もう入ってますね。

 

MARTIN: Hello. Are you the airfield manager?

              どうも。あなたが空港長?

 

JUTTEAU: I am, yes. Yves Jutteau at your service. You must be the captain.

              ええ、そうです。イヴ・ジュトーです。機長さんですね。

 

MARTIN (automatically): No! Actually, I’m the … Oh. Yes. Martin Crieff.

              ちがう!僕は… ああ、そうです。マーティン・クリーフです。

 

JUTTEAU: I am delighted to meet you.

              はじめまして。

 

MARTIN: Are you French?

              フランス人なんですか?

 

JUTTEAU: Ah! My cover is blown(!) Originally, yes. You’re not the only ones who used to have an Empire, huh?! Now, will you take café?

              おや!もうばれてしまった!ええ、フランス出身です。帝国を持っていたのはあなた方だけではないんですよ?カフェはいかがです?

 

MARTIN: No, I don’t want coffee.

              いえ、コーヒーは結構。

 

JUTTEAU: Oh. Then café you shall not have. So, how can I help you?

              ではカフェはなしで。それで、ご用向きは?

 

MARTIN: It’s this bill.

              この請求書です。

 

(Rustle of the paper.)

 

JUTTEAU: Yes?

              それが?

 

MARTIN: Well, firstly, you’re charging us for three hours on stand. We’ve only been here, what, one hour fifty-four?

              第一に、3時間分の駐機料金が請求されている。僕たちが着陸してから、ええと、まだ1時間54分なのに。

 

JUTTEAU: I regret we charge per hour, or per part of per hour.

              申し訳ないが、1時間ごとに請求する仕組みなのです。

 

MARTIN: That’s still only two hours.

              それでも、まだ2時間じゃないか。

 

JUTTEAU: You are expecting to leave within the next six minutes? You ’ad better – if I may attempt an idiom – get your skates on! (He chuckles.) But yes, by all means, between friends, let us call it two.

              あと6分の間に離陸するおつもりで?でしたら、──特別な言い回しをさせてもらえば──さっさとスケート靴をはいたほうがいい!でもそうですね、友人料金ということで、2時間分にしておきましょう。

 

MARTIN: Thank you. Now, this weather report: eighty dollars?

              結構。それからこの気象通報だが、これが80ドル?

 

JUTTEAU: Yes.

              ええ。

 

MARTIN: It’s a very glossy folder …

              ずいぶん立派なフォルダーだが…

 

JUTTEAU: Thank you.

              どうも。

 

MARTIN: … containing one sheet of A4 printed off from Google Weather Maps.

              …中身はA4紙1枚、それもグーグルの天気図のコピーじゃないか。

 

JUTTEAU: You would prefer two sheets?

              2枚あった方がよかったかな?

 

MARTIN: … which says it’s going to be hot!

              …内容は「暑くなるでしょう」!

 

JUTTEAU: It is going to be hot.

              実際、暑くなりますよ。

 

MARTIN: D’you really think that’s information worth eighty dollars?

              この情報に80ドルの価値があると、本気で思っているのか?

 

JUTTEAU: Without it, you cannot take off, so … (he pauses dramatically) … I would say so. Anything else?

              それがないと離陸できませんから、ええ、価値はあるでしょう。他にも何か?

 

MARTIN: Yes, actually. “Fire truck.”

              あるとも。「消防車」

 

JUTTEAU: Yes?

              それが?

 

MARTIN: Wha-what d’you mean, “Fire truck”?

              「消防車」とはどいう意味だ?

 

JUTTEAU: I can find no words that describe a fire truck better than “fire truck”.

              消防車を表すのに「消防車」よりもいい表現は知りませんが。

 

MARTIN: But why are we paying for it?

              でも、なぜ僕たちが代金を払う必要が?

 

JUTTEAU: Because you called it up. You radioed you were landing with a hydraulics failure. We mobilised the fire truck.

              あなた方が呼んだんですから。油圧系統の故障を抱えて着陸すると無線したでしょう。だから消防車を出動させたんです。

 

MARTIN: We don’t pay for that!

              僕たちに支払い義務はない!

 

JUTTEAU: Then who pays for that?

              ではだれが払うんです?

 

MARTIN: Nobody pays for that! It just happens.

              誰も払わないよ!たまたま発生したことだ。

 

JUTTEAU: I don’t know what your fire trucks do, Captain, but our fire trucks do not just ’appen.

              あなた方の国ではどうか知らないが、機長、我々の消防車は「たまたま発生」したりはしませんよ。

 

MARTIN: Oh, I suppose you think I’ll believe anything, do you?

              僕が何でも鵜呑みにすると思っているんだろう。

 

JUTTEAU: I’m sure you will believe almost nothing. However, if you pass me the bill, I will send you an amended one.

              何ごとも否定される方だとお見受けしていますとも。ですが、その請求書を渡していただければ、訂正したものを届けさせましょう。

 

MARTIN: You’re taking off the fire truck?

              消防車の代金を取り下げるのか?

 

JUTTEAU: No, I’m taking off the third hour. The fire truck remains.

              いいえ、3時間目の駐機料金を取り消しましょう。消防車代金はそのままです。

 

MARTIN: … Right. Well, I’ve made my point anyway.

              そう。とにかく、僕の言い分は伝えたからね。

 

JUTTEAU: You’ve made it; I ’ave disagreed with it; I’m going to do nothing about it.

              ええ。同意はしませんし、妥協する気もありませんがね。

*****

 

[1] “You keep lumbering on after the uptake. It’s sure to tire eventually.”: (正直なところ、この文の意味がつかめない。)

[2] not half: イギリスのカジュアルな用法で「少しも~ない」の意味。オンラインのCambridge Dictionaryによる定義は “used in spoken English to express a positive statement more strongly:

              She didn't half shout at him (= she shouted a lot at him).

              "You enjoyed yourself last night, didn't you?" "Not half !" (= Very much!)

ということは、続く文の “it would do the bunny rabbit.” は反対に “it wouldn’t make the bunny rabbit go.”の意味で「実際にはチーターの餌ではウサギは生きられない」ということ。

[3] muddle through: もたもたしながらも、一応目的を達成する【リ】

[4] could have had と「助動詞+完了形」であることから、過去の事実に反する仮定・仮想の話をしていることが分かる。

[5] Douglas Bader (1910-1982) イギリス空軍の軍人で第二次世界大戦中のエース・パイロット。事故によって両足を失ったが、義足を履いて戦い続けたパイロットとして知られる。

[6] セクターはフライトの飛行区間のこと。

[7] make a meal (out) of …= …で大騒ぎする、手間取る【リ】

[8] クリケットは1チーム11人。

[9] Hibernoは「アイルランドの」の意味。【リ】(調べた限りではスコットランドも含むのか不明。)