Black, Two Sugars, Please

BBC SherlockとCabin Pressureにどハマりした英語好きのブログ初心者

S1E2: Boston 後半 (Cabin Pressure和訳)

S1E2: Boston 前半 (Cabin Pressure和訳)の続きです。

アーサーをけしかけて、嫌味な乗客に消火器で反撃したマーティンですが、予想外の展開に大西洋上を右往左往することに。ダグラスが貴重な常識人ぶりを発揮します。

 

 

(機内放送が終わり、操縦室の扉が勢いよく開く)

 

CAROLYN: Reykjavik?!

            レイキャビク!?

 

MARTIN: Carolyn. Hello.

            キャロリン。やあ。

 

CAROLYN: Reykjavik! Reykjavik! Reykjavik!

            レイキャビク! レイキャビク! レイキャビク!

 

MARTIN: Carolyn, you sound like you’re coughing up a hairball.

            キャロリン、のどに毛玉でもつまったの?

 

CAROLYN: Why in the wide world are we going to Reykjavik?

            一体全体、どうしてレイキャビクに向かうの?

 

MARTIN: Because – and I know on a busy flight you may have missed this – your son hosed a passenger down with a fire extinguisher and gave him a heart attack! So I thought it might be a touching gesture if we tried to get him to a hospital.

            それは──忙しさのせいで君は気付いてないかもしれないけど──君の息子がお客に消火器を吹きかけて、心臓発作を起こさせたからだよ!この場合、病院に連れて行ってあげるのが思い遣りある行動ってやつなんじゃないか。

 

CAROLYN: And what’s wrong with the hospitals in Boston?

            ボストンの病院の何がいけないの?

 

MARTIN: Nothing’s wrong with them! They’re terribly good, but they’re fifteen hundred miles away.

            何も!ボストンの病院も大変結構だけど、1500マイルも先なんだ。

 

CAROLYN: But do you have any idea what it’ll cost to land in Iceland, and find everyone accommodation and re-route tomorrow and miss Istanbul?

            でもアイスランドに着陸するのに、どれだけお金がかかるか分かってる?乗客全員のホテル代を払って、明日のフライトを改めて手配して、イスタンブールの仕事も無くなるのよ!?

 

MARTIN: A man may be dying back there!

            人が一人、すぐそこで死にかけてるんだよ!

 

CAROLYN: A horrible man.

            ろくでもない人がね。

 

MARTIN: Carolyn, just because a passenger is rude to you doesn’t mean they deserve to die.

              キャロリン、お客が君に無礼だったからって、死なせていいってわけじゃない。

 

CAROLYN: Okay. Martin, listen. We are almost halfway. Boston can’t be more than, what, just forty minutes further? And, putting aside the thousands and thousands of pounds it will cost, look at it from his point of view: he lives in Boston. If we carry on, he goes to a hospital in his hometown. His family and his friends are right there …

            いいわ。マーティン、聞いて。私たちは往路をほぼ半分まで来てるわ。ボストンの方が遠いと行っても、そうね、せいぜい40分くらい? 何千ポンドもかかることは脇においといて、彼の身になって考えましょう。彼はボストンに住んでる。このまま進めば、彼は地元の病院に行ける。地元なら家族も友達もいるし…

 

MARTIN: Friends?

           友だち?

 

CAROLYN: He’s rich. He’ll have friends. If he goes to some hospital in Iceland, he’ll be alone in a foreign land; his family will have to fly over to be with him; maybe they’ll be too late – all for the sake of forty minutes.

              金持ちに友だちはつきものよ。もしアイスランドの病院なんかに行ったら、彼は外国で一人きり。家族は飛行機で駆けつけなくてはならず、それでは間に合わないかもしれない。それもこれも、今ここでたった40分節約したがためにね。

 

(Pause, then radio on.)

 

MARTIN: Shanwick, this is Golf Tango India. We wish to cancel our emergency. We’d like to continue to Boston.

            (無線)シャンウィック、こちらG-T-I。さきほどの緊急着陸はキャンセルして、ボストンに向かいたい。

 

SHANWICK: Oh. All better now, is he? That’s nice(!) Roger, Golf Tango India. Route direct to fifty-one north, thirty west and resume your previously clear track.

            あら、治ったんですね?良かった。了解、G-T-I。北へ51度、西へ30度。元の針路に戻ってください。

 

CAROLYN: Good command decision, Captain. See you later.

              いい判断よ、機長。またあとでね。

 

(Flight deck door closes. Bing-bong.)

(操縦室の扉が閉まる。機内放送のチャイム)

 

MARTIN (over cabin address): Sorry to disturb you again, ladies and gentlemen. Just to let you know that we will, after all, be continuing our journey to Boston; and I repeat … (sternly) … if there’s a doctor on board and they retain even a hazy memory of their [1]Hippocratic Oath, it would be really super to see them in the galley! Thank you!

              皆さま、たびたび申し訳ございません。当機はボストンへの飛行を続けることになりましたのでお知らせします。それから、お医者さまが乗っていて、その人が医学部を卒業するときのヒポクラテスの宣誓をした記憶がかけらほどでもおありでしたら、調理室に来ていただけると大変助かります!よろしく。

 

(Cabin address off. Flight deck door opens.) 

 

DOUGLAS: What are you doing, Martin?

            何やってるんだ、マーティン?

 

MARTIN: I’m trying to flush out Doctor Price.

            ドクター・プライスが来るように脅してみたんだ。

 

DOUGLAS: No – why are you turning back to Boston?

            そうじゃなくて、どうしてボストンに向かってる?

 

MARTIN: Oh, well … I was just thinking it over and I realised it’s actually almost as quick to …

            それは…よく考えてみたら、大差ないんじゃないかと思って…

 

DOUGLAS (interrupting): Carolyn got to you, didn’t she?

            キャロリンに言いくるめられたな?

 

MARTIN: What? No! She didn’t get to me! She just happened to make couple of valid points …

            なに?違うよ!言いくるめられたりしてない!ただ、彼女の指摘にも一理あったから…

 

DOUGLAS (interrupting sternly): Martin, turn the plane round.

            マーティン、引き返すんだ。

 

MARTIN: No! I’ve made a command decision and …

            だめだ!指揮官としてもう決断を下したんだ…

 

DOUGLAS (interrupting): It’s the wrong decision. Boston’s an extra forty minutes away.

            だが間違った決断だ。ボストンへは40分余分にかかる。

 

MARTIN: Yes! Well, forty minutes – that’s not all that …

            知ってるよ!でも40分って、そんなにたいした時間じゃ…

 

DOUGLAS (interrupting): If he dies thirty minutes out of Boston just as he would be getting into the ambulance in Reykjavik, what are you going to tell his family?

              もし彼が亡くなったら、──ボストンまであと30分の地点、レイキャビクに向かっていたら、救急車で搬送中だったはずの時間に亡くなったら── ご家族にどう説明する気だ?

 

(Long pause, then radio on.)

(長い沈黙のあと無線のスイッチが入る)

 

MARTIN: Hello, Shanwick. It’s Golf Tango India here again.

              やあ、シャンウィック。こちら、再びGIT。

 

SHANWICK: Ah, if it isn’t the [2]bouncing bomb. Where can we tempt you with this time? Tenerife’s very nice this time of year.

            あら、はねっかえり爆弾さんじゃない。今回はどちらへのルートをご希望かしら? 今の時季ならテネリフェ島も素敵よ。

 

MARTIN: Reykjavik will be fine, thank you.

            レイキャビクで結構です。ありがとう。

 

SHANWICK: Are you sure now? I mean, don’t rush into anything, because I’ve literally nothing better to do with my time than ping you around the Atlantic Ocean all the live-long day.

              今度こそ本当?焦って決めなくていいのよ。わたしはどうせ、あなたの飛行機を大西洋上空あちこちさせるくらいしか、日がな一日やることないんだから。

 

(Radio off. Bing-bong.)

(無線切れる。客室放送のチャイム)

 

MARTIN (into cabin address): Ladies and gentlemen, this is Captain Crieff once again. Just to let you know that I misspoke a little just now. We will, in fact, be diverting to Reykjavik Airport as planned.

              ご搭乗の皆さま、度々失礼します。機長のクリーフです。先ほどちょっと言い間違いがあったようなので、訂正いたします。当機はやはりレイキャビク空港に向かいます。

 

(Cries of protest from the cabin.) (客室から不満の声が上がる)

 

MARTIN: Oh, I know: trying to save someone’s life is such a chore, isn’t it? Speaking of which: if there is, in fact – and despite the deafening silence so far – a doctor on board, and if that doctor has quite finished his … (he consults a sheet of paper) … chicken casserole, blueberry cheesecake and, ooh! coffee with milk, no sugar, then maybe such a hypothetical doctor might like to stop flicking through the duty free catalogue and thoughtfully pulling on his sandy moustache and walk the hypothetical seven rows to join me with the patient here in the galley. But if there isn’t a doctor on board, then never mind.

              本当、人命を救うって[3]なんて面倒なんでしょうね。そういえば、完全なる沈黙が続いていますが、もしお医者様がご搭乗で、その医者が(紙をめくる音)チキン・キャセロールとブルーベリー・チーズケーキを食べおえているのなら、ああ、それにミルク入り砂糖なしのコーヒーね。仮にそんなお医者さまがおいででしたら、免税品カタログをめくったり、薄茶色のひげをひっぱったりしていないで、7列目の席から私の所まで来て、調理室にいる患者を診てくれるとありがたい。でも、もしお医者様がいないのでしたら、お気になさらず。

 

(Cabin address off.) (客室放送終わる)

 

*****

 

(Sound of the galley curtain being pulled open.)

(調理室のカーテンが開く音)

 

DOCTOR PRICE (American accent): Hullo?

            (アメリカ訛り) あの

 

MARTIN: Oh, hello! Mr. Price, is it?

            ああ、どうも!プライスさんですね?

 

DOCTOR PRICEDoctor Price.

              ドクター・プライスです。

 

MARTIN (sarcastically): Oh, a doctor! Good lord! What a stroke of luck! The very thing we’re looking for. Well, this is the patient.

            おや、ドクターでしたか!それはそれは!ありがたい!探していたんです。こちらが患者さんです。

 

DOCTOR PRICE: Okay, let’s have a look. Okay. Uh-huh.

            なるほど。診てみましょう。ふむふむ。

 

MARTIN: What d’you think?

            どうでしょう?

 

DOCTOR PRICE: I think probably a bridge.

            私が思うに、橋かな。

 

MARTIN: A bridge?

            橋?

 

DOCTOR PRICE: Yeah, a tunnel’s obviously out of the question, but if you really need to get past him, you could use a couple of drinks trolleys and a stretcher to rig up a rudimentary cantilever bridge. That at least is my professional opinion as a PhD in civil engineering. Or has one of us made some sort of really embarrassing mistake?

            ええ、トンネルは論外ですが、彼を迂回せずに道を通すとしたら、ドリンク用の台車と横木で、簡単な土木ゲルバー橋を作ること。少なくとも、これが専門家としての私の意見だ、土木工学の博士(ドクター)としてのね。あるいは誰かがとても恥ずかしい思い違いをしたのかな?

 

MARTIN: I’m … so sorry. I … didn’t …

            本当に、申し訳ありません。僕は…その…。

 

DOCTOR PRICE: Yeah. Oh, and by the way, I dunno anything about medicine, but this guy doesn’t need a doctor.

            ああ、それより、私には医学の心得はないが、この人に医者は必要ない。

 

MARTIN: What?

            え?

 

DOCTOR PRICE: Not anymore!

              もう要らないよ!

 

***** 

 

CAROLYN: Turn the plane around.

              針路を戻しなさい。

 

MARTIN: You’re not listening to me.

              僕の話を聞いてくれ。

 

CAROLYN: No, and far more importantly, you’re not turning the plane around. Do it, now.

            聞くもんですか。そんなことより、あなたこそ針路を戻して。ほら、早く。

 

MARTIN: I can’t turn the plane around.

            針路転換はできない。

 

CAROLYN: Martin, if there is one thing you’ve proved on this trip over and over again, it’s that you can turn the plane around. Or were we just caught in a slow-motion hurricane?

            マーティン、今回のフライトで、あなたが繰り返し証明したことがひとつあるとしたら、それは飛行機の針路は変えられるってことよ。それともあれはスローモーションの台風の中でぐるぐるしてたわけ?

 

MARTIN: But Mr. Leeman …

            でもリーマンさんは…

 

CAROLYN: … is dead, God rest his grumpy soul. So he doesn’t need an ambulance; he doesn’t need a hospital. All he needs is to be taken home to Boston.

            もう死んだの。怒りっぽい彼の魂よ、安らかに眠りたまえ。だからもうこの人には救急車も、病院も必要ない。必要なのはボストンの家へ帰ることよ。

 

MARTIN: Douglas …

            ダグラス…

 

DOUGLAS: You could tell her we no longer have enough fuel left to get to Boston safely.

            ボストンまでの十分な燃料が残っていないと言い張るのも一策だが。

 

MARTIN: Yes, thank you! Carolyn …

            そうだ、ありがとう!キャロリン…

 

DOUGLAS: … but we do.

            だが残ってる。

 

MARTIN: Thank you so much.

            本当にどうもありがとう。

 

DOUGLAS: Sorry, but she’s right. We should go to Boston.

            悪いが、キャロリンの言う通りだよ。ボストンに行くべきだ。

 

CAROLYN (triumphantly): Ah-ha!

            ほーらね!

 

MARTIN: Fine. Fine! We’ll go to Boston, but only if …

              いいよ、わかったよ!ボストンに向かう、でもひとつだけ…

 

CAROLYN: Yes?

            なに?

 

MARTIN: … Douglas talks to Shanwick.

            ダグラスがシャンウィックと交信してくれ。

 

CAROLYN: Douglas?

             ダグラス?

 

DOUGLAS: My pleasure.

              よろこんで。

 

(Radio on.)

 

DOUGLAS (smoothly): Hallo, Shanwick. Greetings once again from the merry men of Yo-yo Airways.

              やあ、シャンウィック。ごきげんよう、こちら再び、陽気なヨーヨー航空だよ。

 

***** 

ARTHUR: Well, goodbye, then.

I feel someone should, um, say a few words. (He unfolds a piece of paper.) Hamilton R Leeman. Born 1943 in … America, probably; died 2008 in the sky – definitely. Non-vegetarian option. I didn’t know you for very long, Mr. Leeman, but I’ll always remember you as … as a shouty man. You loved to shout; shout and smoke – those were your twin passions. And so, i-in a way, I suppose you died doing what you loved: shouting and smoking, and covered in foam. I don’t know if you liked that. You probably didn’t. Still, goodbye! Rest in peace! (Pause.) Thank you for flying MJN Air!

              じゃあ、お別れだね。誰かが最後の挨拶をすべきだと思って。(折り畳んでいた紙を開く音) ハミルトン・R・リーマン、1943年アメリカ生まれ、たぶん。2008年に空で死亡──間違いなく。ノンベジタリアン・メニュー。知り合った時間は短かったけど、リーマンさん、ぼくはあなたのことをいつも、…よく怒鳴る人だったなと思い出すことでしょう。叫ぶのが好きで、あとタバコ。この2つがあなたの大好きなことでしたね。そう、だから、ある意味では好きなことをしながら最期を迎えられたことと思います。叫んで、タバコ吸って、泡まみれになって。泡は好きだったかな、きっと好きじゃないよね。とにかく、さようなら。安らかに眠ってください。(沈黙) MJN航空のご利用ありがとうございました。

 

***** 

 

MARTIN: D’you think we’ll make it in time?

            間に合うと思う?

 

DOUGLAS: Remember how I didn’t know three minutes ago? No new information has come in since then.

            3分前に分からないと答えたの覚えてる?あれから何も新しい情報は入ってないよ

 

MARTIN: Right.

              そうだな。

 

(He sighs again.)

 

DOUGLAS: You all right?

            大丈夫か?

 

MARTIN: Yeah – it’s just … you know, it hasn’t been a great trip, has it? I think possibly I made a few … well, I didn’t exactly … I’ve got this interview when we get back – if we get back in time, which I doubt – and I just wondered if, as a captain, there’s … things …

              ああ、ただ、ほら、あまりいいフライトじゃなかっただろ。僕はその、たぶんちょっと判断を…あまり、その、帰国したら面接があるんだけど、もし、間に合えばだけど、無理だろうな。ちょっと思ったんだ、機長として、必要なこととかが…

 

(He sighs again.)

 

MARTIN: I mean, I only ask because, of course, you were a captain for a while, and I just wondered if … I mean, this is a bit difficult, but … could you give me some advice?

              聞きたいのは、きみは機長だっただろう、それで、その、聞きづらいのだけど…何かアドバイスもらえるかな?

 

DOUGLAS: Well, the main thing is, you’ve got to stop asking for advice.

            何よりも、まずはアドバイスを求めるのをやめないと。

 

MARTIN: Great. Thanks.

            そうか、ありがとう。

 

DOUGLAS: That’s okay. You can start as soon as I’ve given you mine. You’re the captain, Martin, and one of the many excellent things about being captain, along with the irresistible sexual magnetism and first crack at the cheese tray, is that you’re always right. So, by all means, take opinions, but remember: you don’t have to listen to Carolyn; you don’t have to listen to ATC; you don’t even – and savour this, because I shall never say it again – you don’t even have to listen to me. You’re the boss. What you say, goes.

            いいんだよ。私のアドバイスを聞いた後でやめれば。きみは機長なんだ、マーティン。機長であることの利点は山ほどある。磁石のように異性をひきつける魅力や、チーズトレイから最初の一口をもらえる権利とか。そのうちのひとつが、機長は常に正しいってことだ。意見を聞くのはいい。だが覚えておくんだ。キャロリンに従う必要はない。管制塔に従う必要もない。それから──これは二度と言わないからよく味わって聞くといい──私に従う必要もない。きみがボスだ。きみの言うことが、通るんだ。

 

MARTIN: Yes. Yes, you’re right. Okay. Thank you. But, er, Douglas?

            そうか。そうか、確かに。なるほど。ありがとう。ただ、ダグラス?

 

DOUGLAS: What?

            なんだ?

 

MARTIN: Simon says could you give me some advice.

            サイモンの言うことには、何かアドバイスをくれるかな?

 

DOUGLAS: Ohhhhhh! Well done!

            ああああ!やられた!

 

MARTIN (triumphantly): My turn! My turn!

            (誇らしげに) 僕の勝ち!僕の勝ち!

 

DOUGLAS: All right. Tell me when you’re ready.

              よろしい。準備ができたら言ってくれ。

 

(Silence.) (沈黙)

 

DOUGLASSimon Says tell me when you’re ready.

            サイモンの言うことには、準備ができたら言ってくれ。

 

MARTIN: I’m ready!

            いいよ!

 

DOUGLAS: Come again?

            何だって?

 

MARTIN: I’m ready… Oh!

              いいよ…ああ!

 

*****

 

(Sounds of passengers leaving the plane.)

(乗客が飛行機を降りる足音)

 

ARTHUR: Goodbye, thank you for flying MJN Air.

Goodbye, thank you for flying MJN Air. Goodbye, thank you for flying MJN Air. Goodbye, tha… Oh, that’s it. All done, Mum!

            さようなら、MJN航空のご利用ありがとうございました。さようなら、MJN航空のご利用ありがとうございました。さようなら、MJN航空のご利用ありがとうございました。さようなら、MJN航…あれ、もういないや。終わったよ、お母さん!

 

DOUGLAS: And we’re all finished at the pointy end with a cheeky little twelve minutes in hand before we go out of hours.

            機体の先っちょではシャットダウン完了。時間外勤務まであと12分。

 

CAROLYN: Great. Well, the paramedics are back there in the galley with Mr. L., so as soon as they’re ready… (The galley curtain is drawn open.) Oh! [4]Speak of the devils … well, the angels.

              よろしい。救急隊員は調理室のLさんのところだし、彼らの準備さえ整えば、(カーテンが開く音)ああ、噂をすれば影、じゃなくてこの場合は光ね。

 

PARAMEDIC (American, female): Are you Carolyn Knapp-Shappey?

            (アメリカ訛りの女性) キャロリン・ナップシャッピーさんですか?

 

CAROLYN: Yes.

            ええ。

 

PARAMEDIC: Did you call up an ambulance crew, ma’am?

            救急車を呼んだのはあなたですね?

 

CAROLYN: Yes, I did.

            ええ、そうです。

 

PARAMEDIC: And why did you do that?

            どうしてです?

 

CAROLYN: Why? Well, because I … well, I mean … Look at him!

            どうして?それは、だって、彼を見てよ!

 

PARAMEDIC: We are looking at him, and we’d like to know what you expect us to do with him.

            見ていますが、私達に彼をどうしろと言うんですか?

 

CAROLYN: I have to tell you: I really don’t mind. Once he’s off my plane, as far as I’m concerned, you can [5]let your imagination run wild.

            正直言って、どうでもいいの。この飛行機から彼を降ろしてさえくれたら、あとはわたしの知ったことじゃないから、お好きにどうぞ。

 

PARAMEDIC: Ma’am, he’s dead. He’s been dead some time. We are an emergency service. This guy – not so much an emergency.

            彼は死亡しています。それもかなり前に。私達は救急隊員です。この人にはもう救急医療はいらないでしょ。

 

CAROLYN: Well, what am I supposed to do? Carry him to the hospital over my shoulder?

            じゃあ、わたしにどうしろと言うの?肩に担いで病院に運ぶ?

 

PARAMEDIC: Ma’am, you need to contact the coroner’s office. They’ll send out a vehicle.

            検視官に連絡なさってください。車をよこしてくれますから。

 

CAROLYN: When?

            どれくらいで?

 

PARAMEDIC: I don’t know. When they can. You just give them a call tomorrow morning – see when they can do.

            さあ。彼ら次第でしょう。明日の朝電話をして、聞いてみてください。

 

CAROLYN: Tomorrow morning?

            明日の朝?

 

PARAMEDIC: Yeah. They’ll be all closed up now.

            ええ。この時間はもう事務所が閉まってますから。

 

CAROLYN: So what are we supposed to do? Just leave him here until they’re ready for him?

            じゃあ、わたしたちはどうしたらいいの? 検視官が迎えに来るまで、彼のことはここに放っておいけばいいわけ?

 

PARAMEDIC: Absolutely not.

            そんなわけないでしょう。

 

CAROLYN: Good!

            でしょうね!

 

PARAMEDIC: You’re gonna need to remain in attendance.

            ちゃんと付き添ってください。

 

CAROLYN: What?! But we-we-we can’t! We can’t!

            何ですって!? そんなの無理、絶対無理!

 

MARTIN: Just one moment, if you please.

            失礼、ちょっといいかな?

 

CAROLYN: Martin, don’t.

            マーティン、よしなさい。

 

PARAMEDIC: Sir?

            何です?

 

MARTIN: Madam, I don’t think you [6]appreciate that I am the captain of this aircraft, not her.

            失礼だが、私がこの飛行機の機長だということを理解なさっていないようだ。キャロリンではない。

 

PARAMEDIC: Yeah? And?

            そうですか、それで?

 

MARTIN: And … and … I just saw him move.

            そして、その、彼いま動きましたよ。

 

PARAMEDIC: No you didn’t.

            いいえ、気のせいでしょう。

 

MARTIN: I absolutely did.

            本当に動いたんだ。

 

PARAMEDIC: This man’s been dead for some time, sir.

            この人が死亡してかなり時間がたっているはずですよ。

 

MARTIN: I don’t think so. I am telling you: I just saw him move.

            それはどうかな。だって、彼が動くのをこの目で見たんだ。

 

PARAMEDIC: What movement did he make?

            どんな風に動いたんです?

 

MARTIN: He did a little wave.

            ちょっと手を振った。

 

PARAMEDIC: I don’t think so.

            ありえません。

 

MARTIN: Well, I do think so, and I am an airline captain – the commander of this vessel, and I am willing to swear anywhere that he absolutely did. He gave me a little wave, and then he pointed at you, and then he tapped his watch as if to say, ‘Why aren’t I in the hospital already?’ And then he relapsed into his unconscious state. 

              いや、間違いない。機長として、当機の指揮官として、僕はいかなる場においても誓って言うよ。彼は絶対に動いた。僕にちょっと手を振ったあと、きみを指差して、それから時計をトントンと叩いた。まるで「まだ病院に着かないのか?」って言っているみたいに。そして再び意識を失った。

So it seems to me you can [7]either refuse to take him and I can [8]while away the hours I spend waiting with him [9]filing a complaint against you for negligence, which will tie us all up in endless [10]red tape until I eventually agree that maybe what I saw was just rigor mortis; or you can take him with you now in your big empty ambulance to the hospital to which you are going anyway, and we can all hope and pray he doesn’t die on the way.

              だから、もしきみが彼を救急車に乗せることを拒むなら、僕は彼に付き添う間の時間つぶしに、君たちを職務怠慢で告訴することもできるんだ。そうすると、皆が面倒な事務手続きに延々と縛られることになる。もしかしたら、僕が見たのはただの死後硬直だったと、最後には認めるかもしれないがね。あるいは、君が今すぐにその空っぽの大きな救急車に彼を乗せて、病院へ連れて行ってくれるなら──どのみち君たちは病院に戻るのだし──皆で彼が病院に着く前に亡くならないようただ祈るよ。

 

(Long pause.) (長い沈黙)

 

PARAMEDIC: Okay; Lucas – patient seen exhibiting vital signs. Get him on the gurney!

              いいわ。ルーカス、患者に生存反応を確認。担架に乗せて!

 

MARTIN: Thank you so much.

              どうもありがとう。

 

*****

 

(Airport departures area.)

(空港の出発エリア)

 

CAROLYN: Where is he?

            マーティンはどこ?

 

DOUGLAS: Well, if last night’s anything to go by, he’s telling the whole story to every third person he meets. It slows him down a tad.

            昨夜の調子が続いてるとしたら、会う人みんなに手柄話をしているんだろう。それで少しばかり遅れてるんじゃないか。

 

ARTHUR: While we’re waiting, can I just have a quick look in duty free?

            待ってる間に、免税店をちょっと見てきてもいい?

 

CAROLYN: No, Arthur. You do not need any more Toblerones.

            ダメよ、アーサー。これ以上トブラローネ(スイスのチョコレートバー)はいりません。

 

ARTHUR: But Mum! They’ve got the white ones!

            でもお母さん!ここは白いトブラローネを売ってるんだよ!

 

MARTIN (approaching the others): Ah-ha! There you all are. Good morning, good morning, good morning, good morning!

            やあやあ!みんな!おはよう、おはよう、おはよう、おはよう!

 

DOUGLAS: Good morning, Martin. Still feeling pretty chipper, I see.

            おはよう、マーティン。ご機嫌が続いてるみたいだな。

 

MARTIN: And why ever not? Twelve hours’ restful rest, beautiful blue sky to fly in and a certain sense of a job rather well done.

            もちろん!12時間たっぷり休憩したあとで、フライト日和の快晴の青空。それにひと仕事やり遂げた達成感。

 

CAROLYN: Yes, Martin, we’re all delighted by your new-found butchness. Now can we please just get through Customs and go home?

            ええ、マーティン、あなたの急なタフガイぶりにみんな大喜びよ。だから、さっさと税関を済ませて帰りましょう。

 

SECURITY GUARD (male, deep American voice): Is this your bag, sir?

            これはあなたのバッグですか?

 

MARTIN: Yes, yes. I’m sorry, Carolyn, do I detect a note of tetchiness? Surely you haven’t already forgotten how I single-handedly saved you from losing out on a trip worth tens of thousands of pounds?

            ああ、そうだ。キャロリン、どうも言葉にトゲがあるようだが? 昨日のことをもう忘れたわけじゃないよね?何千ポンド分もの仕事がフイになるところだったのを、僕が独力で助けてあげたのに。

 

SECURITY GUARD: I’m just gonna take a look through it.

            中身を拝見します。

 

MARTIN: Yeah, fine.

             どうぞ。

 

(The guard unzips Martin’s bag and starts rummaging through the contents.)

(警備員、マーティンの荷物を開いて中身を調べ始める)

 

CAROLYN: Not yet you haven’t. We’ve still got to get back on time.

              いいえ、まだ分からないわ。時間通りに帰り着くまで。

 

MARTIN: You needn’t worry about that, Carolyn. Clear skies, no wind, no pesky passengers to [11]peg out midway. Istanbul awaits us; as indeed do the good people of easyJet – await me, anyway.

            心配ないよ、キャロリン。快晴で風もない。道中ぽっくりいくような乗客もいない。イスタンブールが僕らを待ってる。イージージェット社の善き人々も、僕を待ってるはず。

 

SECURITY GUARD: What’s this?

            これは何ですか?

 

MARTIN: What?

            どれ?

 

SECURITY GUARD: What’s … (he switches on something that buzzes) … this?

            これは何です?

 

MARTIN: Well, since you ask, it’s a nose hair clipper, okay?

            まあ、知りたいというのなら、鼻毛カッターだよ。

 

SECURITY GUARD: It can’t go in your hand luggage. You need to put it in the hold.

            これは手荷物としての機内持ち込みは出来ません。カウンターで預けてください。

 

MARTIN (scoffing): They’re nasal clippers. What am I supposed to do with nasal clippers?!

            鼻毛カッターだぞ。鼻毛カッターで僕がいったい何をするって言うんだ?

 

SECURITY GUARD: I’m sorry, sir, that’s Federal law.

              申し訳ありませんが、連邦法でそう決まっていますから。

 

(Martin laughs in disbelief.)

 

MARTIN: You do realise we have an axe on the flight deck, don’t you?

              きみ、操縦室に斧があるのは知っているね?

 

SECURITY GUARD: What?

            何だって?

 

DOUGLAS: Of course, Captain, there is a time and a place for the strong-arm tactic.

            当然ながら、機長、力任せなやりかたは時と場所を選ばないと。

 

MARTIN (loudly): We have a fire-axe; so you’re stopping me from equipping myself with the deadly power of the nose hair strimmer on board a plane where I can – should the mood take me – brandish an axe.

            消防斧だよ。鼻毛カッターは人命への脅威になるから、機内に持ち込むなというのか。その気になれば、僕は斧を振り回すこともできるのに。

 

SECURITY GUARD: I am not sure what you’re telling me, sir.

            おっしゃることがよく分かりません。

 

DOUGLAS: He’s not telling you anything. He doesn’t want his silly old clippers, anyway. Repulsive object. Come on, Martin, before you say anything you might …

            何もおっしゃっちゃいないよ。鼻毛カッターなんていらないだろう。そんな下品なもの。ほらマーティン、これ以上妙なことを口走らないうちに…

 

MARTIN (getting up a head of steam): And besides that, I’m the one flying the bloody thing! If I wanna crash the plane, I don’t even need an axe – I just need to push on the big metal column in front of me!

              (だんだん声を荒らげながら) それに、操縦するのは僕なんだ!飛行機を墜落させたかったら、斧なんか必要ない──目の前の操縦桿をちょっと押すだけで十分だ!

 

(He cries out as he is tackled by the guard.)

(警備員に取り押さえられて叫び声をあげる)

 

DOUGLAS: And there it is.

            言わんことじゃない。

 

SECURITY GUARD: Sir, I am arresting you under section six of the Anti-Terrorism Act of 2002.

            2002年対テロ法第6条に基いてあなたを逮捕します。

 

MARTIN: What?!

            何だって!?

 

SECURITY GUARD: You were heard in the presence of witnesses to make a threat against the safety of the aircraft. Please come with me …… sir!

              目撃者の目の前で、飛行機の安全を脅かす意思を示した。こちらへきてください、ほら!

 

(Martin cries out in pain.)

(マーティン、痛そうにうめく)

 

CAROLYN: You idiot, Martin! You colossal idiot!

            バカね、マーティン!とんでもない大バカ者だわ!

 

MARTIN: But … (he struggles against the guard’s hold) … but I’ve gotta fly the plane in forty minutes!

            でも…(警備員の腕を振りほどこうとしながら)でも40分後には飛行機を飛ばさなきゃいけないんだ!

 

SECURITY GUARD: Oh no, sir, I don’t think so. Come with me …… please!

              それは無理でしょう。こちらへ来てください!

 

CAROLYN (chasing after them): Oh, come back! Come back! Bring him back!

            ちょっと、戻って!戻ってきて!彼を返してちょうだい!

 

DOUGLAS: So, Arthur. Shall we take a look at those Toblerones?

              さて、アーサー。トブラローネを見に行こうか?

 

 

Boston 終わり

 

*****

 

 

≪脚注≫

[1] Hippocratic Oath:ヒポクラテスの誓い:医術にたずさわろうとする人の医師倫理綱領の宣誓。現在でも医学部の卒業式などで朗読されている。【リ】

[2] bouncing bomb:反跳爆弾、バウンシング爆弾:地面・水面に落下して跳ね上がり、転がってから爆発する。【リ】

[3] choreは「退屈な仕事、雑用;つらい[いやな]仕事」などの意味なので、こう訳してみた。

[4] Speak [Talk] of the devil (and he will [is sure to] appear): ことわざ「うわさをすれば影」【リ】

[5] let someone’s imagination run wild: 想像をたくましくする。【G, wildの項目】

[6] appreciate には色々な意味があるが、ここでは「…の真価を認める、正しく認識する」などの意味。

[7]長い台詞だが、文の骨子は "you can either refuse to take him…; or you can take him with you now…"で、 "either A or B"の構文。

[8] while away (the time) の形で「のんびりと(時間を)過ごす」の意味。【リ】

[9] file a complaint: 苦情を申し立てる、告訴する【G】

[10] red tape: お役所的[官僚的]、形式主義的;お役所風の面倒な手続き〔かつてイングランドで公文書を赤ひもで結んだことから〕【リ】

[11] peg out: (英俗)意識を失う、死ぬ【G】

【リ】=(リーダーズ英和. 研究社. 2008)

【G】=(ジーニアス英和大. 大修館. 2008)