Black, Two Sugars, Please

BBC SherlockとCabin Pressureにどハマりした英語好きのブログ初心者

S1E2: Boston 前半 (Cabin Pressure和訳)

Cabin Pressure 第2話:機長の威厳と煙の切ない関係、ところでサイモンって誰?

Cabin Pressureの第2エピソード "Boston(ボストン)" の対訳です。

前回に輪をかけたマーティンの不憫さに、「まあ飲めよ」と1パイントおごって背中をたたいてやりたくなること請け合いです。

今回も英語原文スクリプトBoston Transcript | Cabin Pressure Fansより、Ariane DeVereさんのTranscriptをお借りしました。

 

 

 

 

Boston 1/2

Script by John Finnemore

英語原文:Boston Transcript | Cabin Pressure Fans

 

CAROLYN: Your seat belt fastens like this, and unfastens like this. An invaluable lesson there for any of you who have never been in a car. In the very unlikely event of an emergency landing, your inflatable safety jacket is under your seat – and that is precisely where I recommend it stay, given that the largest body of water between here and Luton is an open-air swimming pool in Daventry. Finally, please keep your mobile phones switched off for the duration of the flight. Obviously, they have no effect whatsoever on our navigational equipment or we wouldn’t let you have them, but they drive me up the wall. Thank you, and enjoy your flight.

              シートベルトはこのように締め、このように外します。貴重なレッスンになりましたね、車に乗ったことがない方にとっては。万が一の緊急着陸の際には、膨張式救命胴衣が座席の下にございますが、動かす機会のないことを願います。ここからルートンまでの間にある一番大きい水たまりはダベントリーの屋外プールですから。

最後に、飛行中は携帯電話の電源をお切り下さい。もちろん、操縦機器にはなんら影響を及ぼしませんし、そうさせるつもりもございませんが、わたしがイライラいたしますので。ご協力ありがとうございます、それでは空の旅をお楽しみ下さい。

 

This week, Boston!

 

MARTIN (into radio): Fitton Approach, this is Golf Echo Romeo Tango India. Climbing to six thousand feet, left turn, direct Luton.

              フィットン管制塔へ。こちらGERTI、高度6,000フィートへ上昇、左へ旋回、ルートンへ向かいます。

 

AIR TRAFFIC CONTROL: Okey dokey, have fun. 

管制官:あいよ、楽しんできて。

 

MARTIN: (sternly) Carl. 

              カール。

 

AIR TRAFFIC CONTROL: Roger, Golf Tango India. 

管制官:了解しました、GTI。

 

MARTIN: Thank you.

              ありがとう。

 

AIR TRAFFIC CONTROL: You’re welcome. Don’t fly into anything I wouldn’t fly into. 

管制官:どういたしまして。僕ならやめとくっていうような、変なとこに飛びこんでかないでね。

 

DOUGLAS: Post take-off checks complete. 

              離陸後のチェック完了。

 

MARTIN: Thank you, Douglas. Could you balance the fuel please?

              ありがとう、ダグラス。燃料バランスを見てくれるか?

 

[Silence](沈黙)

 

MARTIN: Douglas, the fuel. 

              ダグラス、燃料だよ。

 

DOUGLAS: Sorry, Captain, can’t help you. 

              悪いが、キャプテン、できないね。

 

MARTIN: [sighs] [1]Simon says, ‘could you balance the fuel?’

              (ため息)サイモンが言うことには、燃料バランスを見てくれない?

 

DOUGLAS: By all means. You know, you can give up anytime you like. It’s been six trips. 

              もちろん。だが、いつでも降参していいんだぞ。もう6フライト目だ。

 

MARTIN: No, I can get you. Besides, I want another go. I know I can do better than last time. 

              いや、勝てる。もう一度挑戦したい。前回より上手にできると思う。

 

DOUGLAS: What, even better than, [2]“Shall we play ‘Simon Says,’ Martin? Okay, I’ll go first, Douglas. Tell me when you’re ready, Martin. I’m ready, Douglas...ugh.” I don’t know, Martin, you’ve set the bar punishingly high. 

             なんと、前回より上手くやれるって?

              「マーティン、『サイモンが言う』をやらないか」

              「OK、じゃ僕からいくぞ、ダグラス」

              「準備ができたら言ってくれ、マーティン」

              「うん、いいよ、ダグラス。…ああ!」

              どうかな、マーティン、あまりに目標が高すぎないだろうか。

 

[Door opens](ドアが開く)

 

CAROLYN: Ah, gentlemen. 

              さあ、紳士がた。

 

MARTIN: Oh, dear. 

              うわ。

 

CAROLYN: What? 

              どうしたの?

 

MARTIN: It’s always trouble when we’re gentlemen. I prefer it when we’re imbeciles. 

              僕たちが「紳士」の時はろくなことがない。バカって呼ばれる方がいいよ。

 

DOUGLAS: Or dolts. 

              もしくは、間抜け。

 

MARTIN: ‘Dolts’ is good, yes. 

              間抜けはいい、うん。

 

CAROLYN: No, this is good news. I have another job for you. 

              いいえ、今回はいいニュース。あなたたちにもう一つ、お仕事よ。

 

MARTIN: We’ve already got another job this week. 

              今週はもう一つすでに仕事が入ってるよ。

 

CAROLYN: Indeed you have. So stand by for another ‘nother job. The fine people at Algonquin Charter Air have excellently grounded a Gulfstream at Luton, which leaves them with a whole parcel of [3]cross Americans who aren’t in America but would like to be. And guess who’s making their dream come true? Our very own selves. 

              確かに。じゃ、もう一つのまたもう一つお仕事よ。アルゴンキン・チャーター・エアーの優秀なスタッフが、ガルフストリーム号をルートン空港に見事に着地させたんだけど、本当はアメリカ行きのはずだったの。帰国するつもりが余所に降ろされて、乗客のアメリカ人ご一行はお冠。そんな彼らの夢を叶えるのは誰?まさに私たちよ。

 

MARTIN: We can’t do it. 

              できないよ。

 

CAROLYN: We can do it, we will do it, and we are doing it. Does that answer your question? 

              できるわ、やるの。もう始まってるの。質問の答えになってる?

 

MARTIN: It wasn’t a question, Carolyn. It was a [4]statement. The Istanbul trip is Thursday night.      

              質問じゃないよ、キャロリン。事実を述べたんだ。イスタンブールへのフライトが木曜の夜なのに。

 

CAROLYN: I know. We get back Thursday morning. 

              わかってる。木曜の朝に戻るの。

 

MARTIN: But we have to have twelve hours’ rest between trips. 

              でもフライトの間には12時間の休憩が必要だ。

 

CAROLYN: I know. Because you are lazy, lazy pilots. So, we get to Boston Wednesday morning, twelve hours break. Fly home Wednesday evening, arrive Thursday morning, twelve hours break. Off to Istanbul. Perfect. 

              それも分かってます。あなた達は怠け者のパイロットですからね。だから、水曜の朝にボストンへ行き、12時間休憩。水曜夜にフィットンに向かって出発、木曜朝に到着、12時間の休憩。そしてイスタンブールへ出発。完璧じゃない。

 

MARTIN: But...I’ve got my easyJet interview on Wednesday afternoon. 

              でも、水曜の午後にはイージージェット社の面接があるんだ。

 

DOUGLAS: Ah well, [5]easyJet, easy go. 

              ふむ、イージージェットは逃すのも易し(イージー)、か…

 

CAROLYN: You can still do that. I don’t care what you do in your twelve hours. You can sleep or try to sneak away from my company like a sniveling rat. It’s all the same to me. 

              できるわよ。12時間の休憩中に何をしようとあなたの自由。眠ってもよし、わたしの会社から、鼠よろしくこそこそ逃げる算段をしてもよし。わたしには関係ないもの。

 

MARTIN: Douglas, help me out here. 

              ダグラス、助けてくれよ。

 

DOUGLAS: Aw, nice try. 

              おお、うまいね。

 

MARTIN: Damn! 

              ダメか!

 

CAROLYN: Please tell me you’re not still playing Simon Says

              お願いだから、もう『サイモンが言う』はやってないと言って。

 

DOUGLAS: I’m afraid I can’t do that...for two reasons.

              それは出来ない、2つの理由からね。

 

 ***

 

ARTHUR: Good evening, sir. Welcome aboard today.

Good evening, madam. Welcome also to you today onboard. Good evening, sir. Welcome to being onboard to you today. Oh, er, sir? Excuse me? 

              こんばんは、サー。本日はご搭乗ありがとうございます。こんばんは、マダム。本日はご搭乗ありがとうございます。こんばんは、サー。ご搭乗いただきありがとうございます。あの、お客様?すみません。

 

PASSENGER: Yeah? What? 

              ん?何だ?

 

ARTHUR: May I inform yourself that MJN does run a fully comprehensive non-smoking service, and as such result of this, all cigarettes, cigars, and cigarillos must be extinguished upon embarkation and retained in a state of extinguishment until termination of disembarkation. Thank yourself for your cooperation. 

              MJNは機内の全席において禁煙をお願い致しております。つきましては、煙草に葉巻に細巻き葉巻、搭乗の際にはすべてを消火、飛行機からお降りになるまでそのままでお願いします。ご協力ありがとうございます。

 

PASSENGER: I’m not cooperating. 

              協力なぞしとらん。

 

ARTHUR: ...No, not yet. But...I’m sure you’re going to in a minute. And then...thank you. 

              …ええ、今はまだですが…すぐにご協力いただけますよね。そしたら、「ありがとうございます」

 

PASSENGER: Do you know how much I paid to be on this flight today? 

              今日のこのフライトに私がいくら支払ったか知ってるか?

 

ARTHUR: Oh, I bet it was loads. 

              きっと沢山払ったんでしょうね。

 

PASSENGER: Yeah, good guess, it was loads. It was so much that it seems to me that uh [inhales] I can pretty much smoke where I like, okay?

              そうだ、分かってるじゃないか、高かったよ。あれだけ払ったんだ、吸いたい場所で吸わせてもらう。いいな?

 

ARTHUR: But...it...it’s very dangerous to smoke on [6]an aeroplane

              えと、でも、機内での喫煙は大変危険です。

 

PASSENGER: No, it’s not. 

              いいや、危なくない。

 

ARTHUR: ...I don’t know what to say now. 

              …もう何て言ったらいいか、分からないや。

 

PASSENGER: How old are you, sonny? 

              歳はいくつだ、若いの。

 

ARTHUR: Twenty-eight-and-a-half. 

              28歳と半年です。

 

PASSENGER: Well, I was smoking on airplanes for twenty years before you were born. Why do you think the ‘No Smoking’ signs go on and off? 

              うむ、私は君が生まれる20年も前から機内で喫煙してきた。そもそもなぜ「禁煙」のサインがついたり消えたりするんだと思う?

 

ARTHUR: Actually, ours don’t mostly. Although one of them flickers. And there’s one we can’t turn on at all because it makes the cabin smell of fish. 

              うちの禁煙サインはそんなことないですよ、ほとんどは。チカチカしてるのが一個あるけど。あと、絶対点灯できないのもあるな。点けるとキャビンが魚臭くなるから。

 

PASSENGER: Well, that sure gives me confidence. So, uh, [inhales] we’re all done here, right? 

              ふん、ますます禁煙サインなどあてにならん。さて、もう話は済んだ。そうだろ?

 

ARTHUR: Yep. 

              はあ。

 

PASSENGER: And I can smoke. 

              そして私は喫煙してよし。

 

ARTHUR: Er...

              あの…

 

CAROLYN: Hello. Welcome on board. It’s my pleasure to serve you today. Please do let me know or a member of my team know if we can help you at any time, such as, for instance, by extinguishing that cigarette for you. [Cigarette fizzles]

              こんにちは、ようこそ。ご利用頂き誠にありがとうございます。ご要望などございましたら、いつでも私どもにお申し付け下さい。例えばこのように、お煙草の火を消して差し上げることもできますわ。(煙草がジュっといって消える)

 

PASSENGER: Hey! 

              おい!

 

CAROLYN: Oh, dear. Arthur, get this gentleman a fresh glass of wine, please. This one seems to be a bit [chuckles] cigarette-y. Thank you so very much and please do enjoy the rest of your flight. 

              あらあら。アーサー、こちらのお客様に新しいワインをお持ちして。こちらは少々、ほほほ、煙草っぽいようですわ。どうもありがとうございます。引き続きフライトをお楽しみ下さいませ。

 

*** 

 

MARTIN: Douglas, could you give me the fuel check at the last waypoint? 

              ダグラス、最終の中間燃料チェックを頼めるかい?

 

[Silence](沈黙)

 

MARTIN: Simon says, ‘give me the fuel check at the last waypoint.’ 

              サイモンが言うことには、最終の中間燃料チェックを頼む。

 

DOUGLAS: Certainly. Ten minutes early and seven hundred kilos up on flight plan. 

              了解。飛行計画より10分早くて700キロ進んでる。

 

MARTIN: Nearly got you though, didn’t I? 

              もうちょっとで引っかかるとこだっただろ?

 

DOUGLAS: No. 

              いいや。

 

[Alarm beeps](警告音)

 

DOUGLAS: Ah, here we go again. Let’s see what vital part’s fallen off the old girl this time. Ah! 

              お、まただ。どれ、このおばあさん、今度はどんな致命的故障が起きたかな。おや!

 

MARTIN: What is it? 

              何だ?

 

DOUGLAS: Shall I tell you an interesting thing about this thin metal tube full of petrol we’re flying hundreds of miles above the Atlantic Ocean? 

              面白いことが起きてるぞ。燃料満タンで大西洋の上空数百マイルを飛んでる、この細長い金属の筒に。

 

MARTIN: What? 

              何?

 

DOUGLAS: It’s on fire. 

              燃えてる。

 

MARTIN: Douglas. 

              ダグラス。

 

DOUGLAS: Master caution fire, Captain. Smoke detector, passenger loo. 

              火災警報です、機長。煙を検知、客用トイレ内。

 

MARTIN: Ah. [ding] Carolyn, we’ve got a...

              ああ。(ブザー音)キャロリン、実は…

 

CAROLYN: Yes, I know, I know. Keep your goggles on. It’s just stroppy Mr. Lehman in 3B. Hang on. 

              ええ、分かってる、分かってるわよ。飛行は続けて。3B席の気難しいリーマンさんって人よ。ちょっと待ってて。

 

 

[CAROLYN knocks on the door of the loo](キャロリンがトイレのドアをノックする)

 

PASSENGER: It’s taken! 

              使用中だ!

 

CAROLYN: Sir, please extinguish your cigarette, take the paper cup off the smoke alarm, make a mental note that that trick never works, and return to your seat.

              お客様、煙草を消してください、煙探知機から紙コップも外していただけますか。今後のために申しますと、その手は通用しません。席にお戻り下さい。

 

PASSENGER: Nope! 

              断る!

 

***

 

(Flight deck door opens.)

 

CAROLYN: Martin, give Douglas your hat. … Do it.

              マーティン、ダグラスに帽子を渡して。早く。

 

MARTIN: You didn’t say Simon Says.

            『サイモンが言うことには』を言ってないよ。

 

CAROLYN: I am not playing your game! The man in the loo refuses to come out, so give Douglas your hat.

            わたしはゲームはしてないの!お客が洗面所から出てこないから、ダグラスに帽子を渡して。

 

MARTIN: I’m sure, to you, those two sentences follow another naturally, but I don’t quite see the logic …

            君にとってはその2つの文章は自然につながってるのだろうけど、僕には関連が分からな…

 

CAROLYN (interrupting): I don’t need you to see! I need you to give Douglas your hat.

            分からなくて結構!とにかくダグラスに帽子を渡しなさい。

 

MARTIN: I don’t want to give him my hat.

            渡したくない。

 

DOUGLAS: If it helps, I don’t want to take his hat.

            一言いいかな、私だって受け取りたくない。

 

CAROLYN: Oh, for goodness’ sake. Why don’t people just blindly obey anymore? He needs your hat because I want the captain to go down there and strike terror into his heart.

            まったく!上司の指示が絶対だった時代は終わったのね!ダグラスに機長の帽子が必要なのは、機長のふりして洗面所まで行って、お客をうんとビビらせて欲しいからよ。

 

MARTIN: But I’m the captain.

            でも機長は僕だ。

 

CAROLYN: I am only too painfully aware that you are the captain, Martin, but Douglas actually looks and sounds like a captain. You’re not going to strike terror into anyone’s heart – unless you chat them up in a bar.

            そんなことは嫌と言うほど分かってるわよ、マーティン。でもダグラスの方が見た目も話し方も機長らしいのは本当でしょ。あなたじゃ誰かをビビらせるなんて無理よ── バーで口説き文句でも囁けば別だけど。

 

MARTIN: Right. Well, let’s just see about that, shall we?

              なるほど。じゃあひとつ実際にやってみようじゃないか。

 

 ***

 

(In the cabin.)

 

MARTIN: Mr. Leeman.

            リーマンさん。

 

LEEMAN: Yyyyep.

            なんだ。

 

MARTIN: I notice you’re no longer in the toilet cubicle, sir.

            お客さま、もうトイレをご使用でないのは分かっています。

 

LEEMAN: I bet the guys call you [7]Captain Hawkeye.

            きっと君のニックネームは「キャプテン千里眼」だな。

 

MARTIN: Are you aware that, ten minutes ago, I was on the point of aborting the flight?

            10分前、このフライトを中止するところだったんですよ。

 

LEEMAN: Oh, I wouldn’t do that if I were you. Looks wet down there.

            私なら中止はしないね。下は海だ、濡れてしまう。

 

MARTIN: … because, sir, I was under the impression that the aircraft was on fire.

            何故なら、機体に火災が発生しているようだったからです。

 

LEEMAN: No. It was just me … (he takes a drag on his cigarette)smmmokin’.

            火災じゃない、私がただ…タバコを吸っているだけさ。

 

MARTIN: Yes, I know.

            分かっています。

 

LEEMAN: Right. So you weren’t on the point of aborting anything, now were you?

            そうか。分かってるなら中止したりしないだろ?

 

MARTIN: Sir, as the commander of this vessel, I must demand …

            お客さま、当機の指揮官として要求いたします…

 

LEEMAN(interrupting): Okay, that’s about enough. What are you gonna do, Commander? Have me arrested? No. An’ I’ll tell you why not. Because your tin pot little one-airplane outfit needs me and my business about a zillion times more than I need you. You think you can scare me by marching down here in your[8] Fisher Price When-I-Grow-Up-I-Wanna-Be-A-Pilot costume? Give me a break! You’re not the commander of anything! You’re a little guy who can’t get a game with the big boys and wears a uniform like a rear admiral’s to make up for the fact that he’s basically just a flying cabbie. Am I right?

            いいか、もう沢山だ!どうしようというのかね、指揮官どの?私を逮捕するか?できないだろう。何故なら、所有機一機のちっぽけなお宅の会社には、私と私との取引が必要だからさ。私にはお宅らなど取るに足らん相手だが。私がビビるとでも思ったのか?その子供だましの「ぼく大きくなったらパイロットさんになりたいな」みたいな制服で?冗談はよすんだな!なにが指揮官だ。お宅はいっぱしのオトナと対等に渡り合うことの出来ない小者なんだ。海軍少将さんの制服を着ていても、ただの空飛ぶタクシーの運ちゃんさ、そうだろ?

 

MARTIN: No! No, you’re not right! You’re … (plaintively) … a very rude man. You can’t speak to me like that. I’m the captain!

            違う!違います!あなたは、...とっても失礼な人だ。そんな言い方はないじゃないか。僕は機長なんだぞ!

 

LEEMAN(in a mock sympathetic voice): Okay, Captain, you run along now and, er … (he takes another drag)… try not to cry into any important equipment.

            いいだろう、機長、もうあっちへ行け。大事な機器を涙で濡らすなよ。

 

MARTIN (tearfully): I’m not crying. Your smoke got in my eyes.

              泣いてない!煙草の煙が目にしみただけだ。

 

***

 

(Flight deck door opens.)

 

DOUGLAS: How did it go?

            どうだった?

 

MARTIN: Fine. Fine. Fine. Fine. Fine. Arthur …

            問題ない。問題ない。問題ないよ。問題ないさ。問題ないとも。アーサー。

 

DOUGLAS: Well, anything you say five times is obviously true.

            うむ、五回も言うからには間違いないだろう。

 

ARTHUR: Yes, Skipper?

            なに、スキッパー。

 

MARTIN: Right, right. Arthur, did you see me inform Mr. Leeman about our non-smoking policy?

            よし、うん。僕がリーマンさんにうちの禁煙方針を伝えたのは見ていたね?

 

ARTHUR: Er, well, I was … I wasn’t really looking. I mean, I certainly didn’t notice if he made you cry. Or not. I mean, he probably didn’t.

            ぼく、ぼく見てなかったよ。その、スキッパーが泣かされてるのは気づかなかった。つまり、リーマンさんはたぶんきみを泣かせてないし。

 

MARTIN: I was not crying. His smoke got in my eyes.

            僕は泣いたりしてない。煙草の煙が目にしみたんだ。

 

DOUGLAS (singing): ♪ Smoke gets in your eyes. ♪

            ♪煙が目にしみて~

 

MARTIN: Shut up, Douglas! Now, Arthur, we’ve already had one fire scare on this trip. We can’t afford to take chances, and since we know that Mr. Leeman has been fully informed of the policy and therefore certainly won’t be smoking in the loo again …

            うるさい、ダグラス!いいか、アーサー、今回のフライト中に既に一度煙感知機が作動している。危険を冒すことは出来ない。リーマンさんには禁煙方針はしっかりとお伝えしてあり、トイレで再び喫煙されることは絶対にないはずだ。

 

ARTHUR: Actually, I think he might.

            でも、吸うんじゃないかな。

 

MARTIN: No, Arthur, he won’t.

            いいや、アーサー。もう吸わないよ。

 

ARTHUR: Hmm. The thing is, though, Skip, with all due respect, but what I’ve got that you haven’t is that Mum sent me on a course on understanding people in Ipswich.

            でもね、スキップ、こう言うと何だけど、スキップと違って、ぼくは前にお母さんに言われて、イプスウィッチの人を理解するための講習を受けたんだ。

 

MARTIN (slowly): And if I ever want [9]the people of Ipswich understood, you’ll be the first person I call. Meanwhile …

            じゃあ、いつか僕がイプスウィッチの人を理解してほしくなったら、きみに真っ先に声をかけるよ。それはともかく…

 

ARTHUR: Yeah, yeah, but it means I can now read people – you know, [10]like a book.

            うん、でもぼくが言いたいのは、講習のおかげでぼくは人の気持ちが読めるんだ──本を読むみたいに。

 

DOUGLAS: Have you ever read a book, Arthur?

            本を読んだことがあるのか、アーサー?

 

ARTHUR: Yes, actually! White Fang. Twice. Anyway, bringing my people-reading skills to the table, I’m able to reveal to you now that Mr. Leeman didn’t show any of the five indicators of true resolve to change his behaviour patterns, and therefore, in a nutshell, I reckon he might smoke in the loo again.

            うん、あるよ!『白牙』を2回。とにかく、ぼくの人の気持ちを読める能力を使って言えることは、リーマンさんには行動を改める強い決心を示す5つの兆しがどれも見当たらないんだ。だから、簡単に言うと、リーマンさんはまたトイレでタバコを吸うと思う。

 

MARTIN: Listen carefully, Arthur. He definitely won’t, and therefore, if the smoke alarm does go off again, it can only be a real fire; and so I’m authorising you, in that unlikely event, not to waste time knocking – just to override the door lock and immediately discharge the fire extinguisher into any flame you see.

            よく聞くんだ、アーサー。彼はもう絶対に吸わない。だから、もしも火災警報器が鳴ることがあったら、それは本当の火事だ。だから君に頼んでおく。万が一警報が鳴ったら、ノックは不要だ。鍵をこじ開けてすぐに消火器を噴射して火を消してくれ。どんな火でもだ。

 

ARTHUR: Ah! Any flame I see.

            どんな火でもだね。

 

MARTIN: That’s right, even if it’s just a little tiny glowy one.

            そうだ、たとえどんなに小さなくすぶりでも。

 

ARTHUR: Aye-aye, Skipper!

              アイ・アイ、スキッパー!

 

***

 

(Mr. Leeman sighs as he stands up.)

 

ARTHUR (quietly into intercom): Okay, he’s up.

              (無線に向かって小声で) オーケー、席を立ったよ。

 

(Mr. Leeman hums to himself.)

 

ARTHUR: He’s on the move.

              移動してる。

 

(The toilet door squeaks as it opens and closes.)

 

ARTHUR: Okay, he’s in.

            よし、入った。

 

MARTIN (over intercom): Okay, Arthur, stand by.

            (無線越しに) いいか、アーサー、スタンバイだ。

 

ARTHUR (excitedly): Okay!

            オーケー!

 

MARTIN: Stand by.

              スタンバイ。

 

(The Master Caution alarm begins to beep.)

 

MARTIN (over-dramatically): Oh, no! Emergency! Emergency! The plane is on fire! Arthur, for the love of God, save us all!

            (大げさに)大変だ!緊急事態発生!緊急事態発生!飛行機が火事だ!アーサー、お願いだ、僕らを救ってくれ!

 

ARTHUR (excitedly): Yes, Skipper!

              まかせて、スキッパー!

 

(He wrenches the door open.)

(アーサー、ドアをこじ開ける)

 

LEEMAN: Hey! What the hell …

            おい!いったい何ごと…

 

ARTHURFire!

              火事だ!

 

LEEMAN: What are you …

              何を…

 

(He screams as Arthur fires the extinguisher at him for a couple of seconds.)

(アーサーが消火器を噴射し、リーマンさんが叫び声をあげる)

 

LEEMAN(as the extinguisher stops): Oh. Oh God. I … oh, my chest. Oh. Argh!

              (消火器の音がやむ) ああ。胸が。ああ!

 

(He crashes to the floor.)

(リーマンさんが床に倒れる)

 

ARTHUR (plaintively): … Fire’s out.

              …消火完了。

*** 

 

(Bing-bong.)

(─ピンポン─)

 

MARTIN (over cabin address): Good evening. This is Captain Crieff speaking. I’m sorry to have to tell you a passenger has been taken ill. So if there is anyone with medical training on board, could they please come to the flight deck door? Thank you.

              (客室内放送) こんばんは。機長のクリーフです。残念なお知らせですが、具合の悪くなられたお客様がいらっしゃいます。そのため、乗客の皆様の中にお医者さまがいらっしゃいましたら、操縦室の扉前まで来ていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

 

(Cabin address off. Flight deck door opens.) 

(放送が終わり、操縦室の扉が開く)

 

DOUGLAS: Okay, we’ve moved him to the galley.

            リーマンさんは調理室に移しておいた。

 

MARTIN: How’s he looking?

            どんな様子だ?

 

DOUGLAS: Well, he’s covered in foam and he’s had a heart attack. Otherwise great.

            泡まみれで心臓発作を起こしているが、それを除けば問題なし。

 

MARTIN: I-I was just thinking … maybe we ought to turn the plane round.

            考えたんだけど…ひょっとして引き返すべきかな。

 

DOUGLAS: Well, yes, of course, we should. Haven’t you done it yet?

            当然引き返すべきだろう。まだ引き返してないのか?

 

MARTIN: … Oh, right, right. Because, on the other hand, obviously Carolyn’s not going to like it much.

            わかった、わかったよ。だって、キャロリンは絶対に気に食わないだろうから。

 

DOUGLAS (sternly): Martin, that’s irrelevant. It’s a serious medical emergency. You ditch into the nearest airfield, and we’re – what – twenty minutes off midway, so forty minutes closer to home. There’s no question we have to turn round. It’s the decision I imagine you have come to, Captain.

            マーティン、そんなことは関係ない。医療措置を必要とする深刻な緊急事態だ。最寄りの空港に着陸すれば…ええと、いま中間地点から20分の位置にいるから、イギリスの方が40分近い。引き返すのが最善だし、当然あなたも同じ意見だと思っていますが、機長。

 

MARTIN: Yes, it is. Exactly.

              ああ、そうだ。その通りだ。

 

(Radio on.)

(無線のスイッチを入れる)

 

MARTIN: [11]Shanwick, this is Golf Echo Romeo Tango India. We have a serious passenger medical emergency and wish to return as soon as possible.

            シャンウィック、こちらGERTI。医療的緊急事態が発生しました。急きょ引き返したい。

 

SHANWICK AIR TRAFFIC CONTROL (female Irish voice): Roger, Golf Tango India. Stand by; I’ll coordinate.

シャンウィック航空交通管制: (アイルランド訛りの女性の声) 了解、GTI。待機してください。ルートを調整します。

 

MARTIN: Okay.

              了解。

 

(Radio off.)

 

MARTIN: Carolyn’ll understand, won’t she? I mean, a life’s at stake. I’m sure I saw a doctor on the load sheet.(He picks up a sheet of paper.) Here we are: seven-A, Doctor Thomas Price. Where is he?

            キャロリンも理解するだろうね?だって、人命が懸かってるんだから。乗客名簿の中にドクターがいたはずだ。ほら、ここに。7A、ドクター・トーマス・プライス。どうして来ないんだろう?

 

DOUGLAS: Lying low, I should think.

            隠れてるんだろう。きっと。

 

MARTIN: What? Why?

            そんな、どうして?

 

DOUGLAS: Too scared of being sued.

            訴えられるのが怖いから。

 

MARTIN: You’re joking.

            冗談だろう。

 

DOUGLAS: No. Especially going to America. If he tries to treat him and anything goes wrong, he’s looking at a huge malpractice suit.

            真面目な話さ。何せアメリカ行きの便だ。もし治療しようとして何か起きたら、医療ミスで高額訴訟だ。

 

MARTIN: But surely no-one will sue someone for trying to save their life.

            でも、でも、命を救おうとした人を訴える輩なんていないだろう。

 

DOUGLAS: Let’s face it: if anyone would, Mr. Leeman would.

            考えてみろ。リーマンさんはまさにそういうタイプだ。

 

MARTIN: Go and have a quick look at him for me, would you?

              ちょっと行って、様子を見てきてくれないか?

 

(Silence. Martin sighs.)

(沈黙。マーティンのため息)

 

MARTINSimon Says go and have a quick look at him for me, would you?

            サイモンの言うことには、ちょっと様子を見てきてくれないか?

 

DOUGLAS: Then Simon shall be obeyed.

              サイモンの言うことなら従いましょう。

 

(He leaves the flight deck.)

 

SHANWICK AIR TRAFFIC CONTROL (over radio): Golf Tango India, very little traffic on your track this evening. Maintain three-three-zero, turn right to Reykjavik and when in range, contact Iceland one-one-eight decimal zero-five.

管制塔:(無線)GTI、このルートが今夜は交通が少ないようです。3-3-0を維持。レイキャビクへ向かい、領域に入ったらアイスランドと交信、118.05。

 

MARTIN: Oh. Reykjavik? Really? I was thinking we could just go back home.

            え、レイキャビクだって?イギリスに引き返せたらと思っていたんだが。

 

SHANWICK: Well, Reykjavik’s much closer. I thought you said it was a medical emergency?

            レイキャビクの方がずっと近いですよ。急患じゃなかったんですか?

 

MARTIN: Okay, right, yeah. Roger.

              ああ、そうだな。了解。

 

(Radio off. Bing-bong.)

(無線を切り、機内放送のチャイムが鳴る)

 

MARTIN (over cabin address): Ladies and gentlemen, Captain Crieff here again. I’m sure you’ll understand that, as we have a passenger on board in need of urgent medical attention, we will have to make an unscheduled stop today in … um … in Reykjavik. I do apologise for the inconvenience; and once again, if there is a person with medical training on board, please do make yourself known to us. Thank you.

              乗客の皆さま、再び機長のクリーフです。すぐにも治療を必要とするお客様がいらっしゃいますので、皆様のご理解の元、当機は、その…レイキャビク空港に急きょ立ち寄ることになりました。ご不便をおかけすることをお詫びします。そして繰り返しますが、お医者様がご搭乗でしたら、お願いですから乗務員に声をかけてください。失礼します。

 

***

後半に続く

 

 

[1]Simon Says”『サイモンが言う』は子供の遊び。”Simon says”を文頭につけていない命令や頼み事に従ってしまった方が負け。

[2] 前回2人がSimon Saysをやった時のやり取りを再現している。”Tell me when you’re ready.”と言うDouglasのリクエストに答えてしまったMartinの負け。

[3] cross: 怒った、いらいらした

[4] ここでの "statement" は文法で言う "Statement/Declarative Sentence(陳述文)" のこと。文の種類はこの他にQuestion(疑問文)、Exclamation(感嘆文)、Command(命令)が挙げられる。

[5] Easy come, easy go. (たやすく得た物はたやすく失う、「悪銭身に付かず」)とかけたダジャレ。

[6] aeroplane: イギリス英語。仏語aeroplaneから。アメリカ英語ではairplaneが普通。

[7] hawkeye: (タカのように)目の鋭い、油断のない

[8] フィッシャープライス。米国の幼児玩具メーカー

[9] "And if I ever want the people of Ipswich understood, ...":前のアーサーの台詞中の”a course on understanding people in Ipswich”(イプスウィッチで開かれた、人を理解するための講習) をわざと” a course on understanding the people in Ipswich”(イプスウィッチの住民を理解するための講習)と曲解したジョーク。

[10] read someone like a book: ~の気持ちが手に取るようにわかる

[11] Shanwick: 北大西洋のヨーロッパ側にある航空管制。