Black, Two Sugars, Please

英語好き、仏語もかじってます

Marvel & Norse Myths (日本語)

 ここ最近、北欧神話に関する本を数冊続けて読んでいる。

 きっかけはマーベル映画。マイティソー(2011)、アベンジャーズ(2012)、ソー:ザ・ダークワールド(2013)を観たところで、オリジナルの神話も知っておくべきかなと何やら義理のようなものを感じたのだ。

 そしたら面白いではないですか、北欧神話の独特の世界観。火の国の炎と氷の国の冷気が虚無の中で出会い最初の生命が生まれ、神々が殺した原始の巨人の体から世界が作られただなんて。荒々しく暴力的でさえあるけれど、九つの世界とそれを繋ぐ世界樹ユグドラシルの成り立ちは豊かで生き生きとしている。そしてラグナロクまたは『神々の黄昏』と呼ばれる世界の終末。これは過去のことなのか、これから起きることなのか。北欧神話に語られる世界は奇怪で深遠で、すっかり魅了されてしまった。

 さらに魅力的なのは北欧の神々の不完全さ。狡猾で秘密の多いオーディン、力強く単純な性質のトール、いたずら者でずる賢いロキ。残念なことに、北欧神話の大部分は受け継がれることなく失われてしまったという。他の様々な神や女神について、もっと読んでみたかった。

 今のところの個人的なお気に入りはロキ、善と悪を行う者(The doer of good and evil)だ。……トム ヒドルストンの影響もあるかもしれない。ええ、ありますとも。(あと美しく奔放なフレイヤもよい。現存する伝承の中で生き生きと描かれている女神は彼女くらいしかいない。)ロキの悪戯のせいで神々はしょっちゅう厄介事に巻き込まれるが、窮地から彼らを救い出すのもまたロキだ。

 例えばロキがトールの妻シフの黄金の髪を切ってしまったとき、彼はドワーフたちの工房から黄金の糸で作った髪の毛だけでなく、様々な宝物を神々にもたらすことになる。オーディンの槍グングニル、トールの槌ミョルニル、フレイの船スキーズブラズニルなどなどだ。

 ロキの狡知と気まぐれがなければ、善いことも悪いことも起こらない。北欧のこれらの物語にいのちを与えているのは彼なのだ。わたしはというと、昔から複雑で矛盾を抱えたキャラクターに惹かれる傾向がある。ロキは間違いなくそうした人物のひとりだろう。オーディンも興味深い存在ではあるけれど、あまりにも謎めいていて強力で、恐れは抱いても好き嫌いの対象にはなりにくそうだ。

 

 最初に北欧神話を読みだしたときは、単純にマーベルと神話の違いを比べるつもりだった。トールとロキが神話でどう描かれているのか気になったのだ。古い伝承で描かれるロキは、マーベルのロキみたいに移り気で自滅的なのに、大変な美男でセクシーなバッドガイというわけではないだろうと思ったのだ。

 それでどうだったかというと、わたしが間違っていたかもしれない。神話のロキもマーベルのロキ同様、善悪の境を行ったり来たりする存在だ。12世紀のアイスランドの歴史家で詩人のスノッリは、ロキについてこう書いている。「ロキは嘘の創始者、神と人間の失脚を招く者。彼は容貌は美しいが、性質は邪悪でひどく気まぐれだ。彼はしばしばアース神を大きなトラブルに巻き込むが、狡猾な策略でもって彼らを救い出しもする」もちろん、神話のロキはトールに兄弟コンプレックスも持っていないし、巨人の出自と知ってアイデンティティの危機を経験したりもしない。彼はトールの兄弟ではないし、巨人の血筋であることはオープンにされている(ようだ)。とはいえ巨人の子ながらオーディンと義兄弟となりアース神の中に迎えられたという、曖昧な立ち位置の複雑な存在ではある。彼を父の承認に飢えた第2王子に据えて、自己疑念と破滅の種を仕込み、全く新しいキャラを作り上げたマーベルとトムヒドルストンにあっぱれと言いたい。

 とりあえず北欧神話ラグナロクまでの物語は軽く把握したかなと思うので、今度は英雄が活躍するサガが気になる。とくにワーグナーの『ニーベルングの指輪』の下地になったというヴォルスンガ・サガについて読んでみたい。

f:id:kanakana009:20181216151934j:plain

Photo by Jonatan Pie on Unsplash

 

***************************************

 

  今のところわたしが読んだ本は4冊。

・パドレイック コラムの『北欧神話

・R I ペイジの『北欧神話

・ケビン クロスリー=ホランドの『北欧神話

・Neil Gaiman の Norse Mythology

 

易しい英語で北欧神話の世界を気軽にのぞいてみたいと言う人には、コラムの原書をおすすめしたい。テキストとオーディオの両方を無料で入手できる。平易だが穏やかで詩的な文章だ。

テキスト:The Children of Odin: The Book of Northern Myths by Padraic Colum - Free Ebook

オーディオブック:The Children of Odin by Padraic Colum - Librivox 

もっと溌剌としてみずみずしい文章がよかったら、Neil Gaimanの Norse Mythology。著者の読むオーディオブックは、著者の北欧神話に対する愛情が伝わってくるようで大変良かった。

Marvel & Norse Myths

I’ve been reading books on Norse mythology recently.

    After watching some of the Marvel movies(Thor(2011), The Avengers(2012), and Thor: The Dark World(2013)), I felt kind of obliged to know about Norse myths at least a little to pay respect to the original.

    And I’m now fascinated by the universe of Norse mythology and legends. According to the books I read, the myths hold that the first life was born from the collision of fire and ice, and the world is made from the flesh of the first giant killed by gods(!) It sounds very intense and violent, yet the account of the origin of the nine worlds bound by the world tree Yggdrasil is so colorful. And there is Ragnarök, the Twilight of the Gods. Is it in the past, or is it yet to come? The idea is bizarre and obscure and I love it.

    And how interestingly flawed Norse gods are! Cunning and secretive Odin, mighty and simple-minded Thor, and mischievous and crafty Loki, to name a few. I’m so sorry to learn that huge part of the myth has lost through time. I wish I could read about many other gods and goddesses. 

 

f:id:kanakana009:20181216151934j:plain

Photo by Jonatan Pie on Unsplash │ Gigjökull, Iceland

    My favorite character so far is Loki, the doer of good and evil (and maybe beautiful, spontaneous Fraya, who is almost the only goddess the surviving folklores give a lively portrayal). While Loki’s mischiefs often put his fellow gods in peril, he also saves them from the crisis (which he initially brought about) with his unmatched cunningness. Like when he cuts Sif's golden hair, he compensates it with treasures crafted by dwarfs, not only the hair made of fine threads of gold but also other invaluable items such as Odin's spear Gungner, Thor's hammer Mjolnir, Frey's foldable magical boat Skidbladnir and so on.
    Without Loki's trickery and capriciousness, nothing good or evil would come about. He is the one who gives life to the myths. I've always had a thing for characters who have a complicated, inconsistent personality. Loki is definitely one of those characters. Odin might be very interesting as well, but he is so much inscrutable and omnipotence as to be frightening. He is beyond likes and dislikes.

    When I first started reading Norse Myth, I simply wanted to compare the Marvel and the original myths. I assumed that Loki in the old legends would not be such a volatile, self-destructive, yet very handsome and hot badass like in Marvel universe.

    But I was apparently mistaken. Loki in the myths toes the line between good and evil like he does in the Marvel movies. Snorre, the 12th-century Icelandic historian and the author of the Prose Edda, accounts Loki "the originator of deceit. ......Loke is fair and beautiful of face, but evil in disposition, and very fickle-minded. ......He has often brought the Asas into great trouble, and often helped them out again, with his cunning contrivances." Old Norse Loki is, of course, free of sibling rivalry and does not experience an identity crisis: he is not Thor's little brother, and he is apparently openly acknowledged as of giant heritage, though he is complicated nonetheless. My hat's off to Marvel and Tom Hiddleston for giving him the hidden vulnerability and thirst for love and acknowledgment. 

    So far I’ve read Padraic Colum’s The Children of Odin, R. I. Page’s Norse Myths, Kevin Crossly-Holland's Norse Myths: Gods of the Vikings, and Neil Gaiman’s Norse Mythology. Now I want to know a little more about kennings (poetic metaphors) and Volsunga saga, which is said to have inspired Wagner’s Der Ring des Nibelungen.

 

Some books I've read and liked

Padraic Colum's The Children of Odin is available for free in both text and audiobook formats. The language is simple and poetic. I recommend this book to English learners who are interested in Norse mythology. 

The Children of Odin: The Book of Northern Myths by Padraic Colum - Free Ebook

The Children of Odin by Padraic Colum (Librivox free audiobook)

If you want more fresh and engaging style, I'd recommend 
Neil Gaiman’s Norse Mythology. 
I listened to the audiobook read by the author and immensely enjoyed it. His obvious love for the Norse myths and gods makes the reading even more fascinating.

f:id:kanakana009:20181216151546j:plain

Loki sketch. WIP

TOEIC990とるまでの平凡な勉強法

ブログの存在をほぼ忘れていました。

中卒から独学してTOEIC990とった、私なりの英語の勉強法の紹介の続きをしますが、英語を学んでいる人にとっては目新しい情報はほぼないと思います。

前回1)文法と2)NHKラジオ について書いたので、今回は3)英語ニュースから。

前回記事はこちら。 

kanakana009.hatenablog.com

 

 

  •  3 英語ニュース
  • 4 洋画、洋書
  •  5 オーディオブック、ラジオドラマ

 

続きを読む

Can You Survive Your Family?―Patrick Melroseに殴られた話

話題になっていますね… Edward St Aubyn の小説を原作にした Benedict Cumberbatch 主演ドラマ “Patrick Melrose”

 

 

続きを読む

Casabianca

裏切りのサーカス』と『Cabin Pressure』意外な共通点

BBCドラマ『SHERLOCK』にはまってから、Benedict Cumberbatchの出演作品をよく観るようになったのですが、シリアスなエスピオナージュ映画『裏切りのサーカス』とシチュエーションコメディ『Cabin Pressure』に意外な共通点を発見しました。'Casabianca'/ カサビアンという古い詩です。

続きを読む

S1E6: Fitton 後半 (Cabin Pressure和訳)

BBCラジオドラマ、Cabin Pressureの第6話 'Fitton' 後半です。

ベネディクト・カンバーバッチさんらが出演するCabin Pressureの紹介と試聴は下記のリンクからどうぞ。 

kanakana009.hatenablog.com

 

続きを読む