Black, Two Sugars, Please

BBC SherlockとCabin Pressureにどハマりした英語好きのブログ初心者

中卒から独学でTOEIC860→990とった話

タイトルのまんまです。中卒から独学でTOEIC高得点を取得した、自分の英語学習方法を書いてみたいと思います。

英語学習経歴

まずは私の簡単な英語学習経歴を。
高校入学後すぐに体調不良で退学し、その後療養しながらある時から自宅で英語の勉強を始めて3年後、軽い気持ちで受けたTOEICで860をとり、それならいっそ英語科の大学行ってみてはどうだと言うことで、約1年勉強して東京の国立大学に受かりました。

ちなみにそれから6年後の現在は留学も経験し、TOEIC990を保持。勉学の傍らまだ本格的ではありませんが、通訳や翻訳のお仕事を受けています。

Photo by rawpixel on Unsplash

続きを読む

Can You Survive Your Family?―Patrick Melroseに殴られた話

話題になっていますね… Edward St Aubyn の小説を原作にした Benedict Cumberbatch 主演ドラマ “Patrick Melrose”

 

 

気になるのだけど、日本ではまだ見られないと言うことで、原作小説をちょろっと読んでみました。その感想:

メンタルを殴られる。

…ぼこぼこです。読んだ後にひりひりと痛い。そもそも上の Teaser 動画の

“Can You Survive Your Family?” の一文からすごい。

Amazon の商品ページKindle版はこちら

まだ5部作のうち、最初の Never MindBad News の途中までを読んだだけなのですが、これは生まれ育った環境に何かしらの葛藤を抱える人にはかなりきつい作品かもしれません。おもしろいけど。

うん、おもしろい。

少なくともNever Mind の時点ではろくな人間が登場しないし、その人物達への著者の視線もかなり辛辣なのだけど、抉るような洞察につい心を掴まれてしまいます。
どういうお話なのか、物語のほんの始まりだけですが、私なりにご紹介します。

続きを読む

Casabianca

裏切りのサーカス』と『Cabin Pressure』意外な共通点

BBCドラマ『SHERLOCK』にはまってから、Benedict Cumberbatchの出演作品をよく観るようになったのですが、シリアスなエスピオナージュ映画『裏切りのサーカス』とシチュエーションコメディ『Cabin Pressure』に意外な共通点を発見しました。'Casabianca'/ カサビアンという古い詩です。

 

裏切りのサーカス( Tinker Tailor Soldier Spy (2011))を見たときのこと。

映画の舞台は冷戦時代のイギリスで、MI6内部の二重スパイ/mole をMI6を半ば引退した George Smiley (Gary Oldman) が数少ない手駒とともに見つけ出すというスパイスリラーです。

Moleがソ連側のスパイとの密会に使う部屋を探しあて、マイクの具合を確認するためにか、Smileyの部下のPeter Guillam (Benedict Cumberbatch) が詩を暗唱する場面があります。

Benedict Cumberbatch in Tinker Tailor Soldier Spy (2011)

(画像:Uragiri no Sâkasu (2011) )

"The boy stood on the burning deck, 

Whence all but he had fled;

The flame that lit the battle's wreck..."

低くお祈りのように呟かれる詩。謳われる少年の孤高とSmileyに孤独に忠誠を捧げる Guillam本人とが重なります。淡々としたなかにピンと張り詰めたもののある印象的なシーンです。

続きを読む

S1E6: Fitton 後半 (Cabin Pressure和訳)

BBCラジオドラマ、Cabin Pressureの第6話 'Fitton' 後半です。

ベネディクト・カンバーバッチさんらが出演するCabin Pressureの紹介と試聴は下記のリンクからどうぞ。 

kanakana009.hatenablog.com

 

1stシリーズ最終話となりました。 

雨降りの中、なかなか現れない乗客を待ちながらの、乗務員同士の会話の中に人生模様が見え隠れします。

f:id:kanakana009:20180613000407j:plain

 Photo by Rhendi Rukmana on Unsplash

出来たら手元に程よい大きさのりんごを用意して聴いていただきたい回です。

  • Fitton 2/2
    • CAROLYN: Arthur. Listen carefully.
    • ARTHUR: That’s the tune, though!
    • ARTHUR (over cabin address, his voice occasionally cracking with nerves): Good evening, this is your captain speaking.
    • ARTHUR: Zzzoooom! Zooom! Zooom!
    • DOUGLAS: Oh. Martin!

 

続きを読む

S1E6: Fitton 前半 (Cabin Pressure和訳)

BBCラジオドラマ 'Cabin Pressure' 第6話 "Fitton"、1stシリーズ最終話の前半です。

Cabin Pressureの紹介はこちらをどうぞ。 

kanakana009.hatenablog.com

Fittonは、MJNメンバーの個人ドラマが明らかになったり、メンバー同士の親密な瞬間があったりして、1stシリーズの中でも個人的なお気に入りです。この回から登場人物たちがとても好きになりました。マーティンの子供の頃の夢も衝撃的かつ微笑ましい。

ところで、MJNの地元 Fitton とはどこの町なのか気になって調べたところ、どうやらロンドン近郊の架空の町のようです。

Technically, [Fitton is] nowhere. In-verse, it's apparently somewhere near Kettering. Previous theories have included London-ish and somewhere near Bristol, which are probably still acceptable in a pinch. cabinpres_fic | Cabin Pressure FAQ

f:id:kanakana009:20180611190116j:plain

Photo by Paul Green on Unsplash

雨に降られながら、なかなか現れない乗客を待つMJN乗務員たちの、ワードゲームや軽口のたたき合いをお楽しみください。

今回も原文スクリプトは Fitton Transcript | Cabin Pressure Fans からお借りしました。

日本のiTunesでは取り扱いがないようですが、USストアから試聴購入ができるようです。

Cabin Pressure: Complete Series 1

Cabin Pressure: Complete Series 1

  • Various Artists
  • Spoken Word
  • USD 8.99

  

  • Fitton  1/2
    • MARTIN: Oh, Douglas, I thought of another one this morning.
    • DOUGLAS: Wow! This is much nicer(!)
    • DOUGLAS (tentatively): Erm, Martin?
    • MARTIN: There isn’t, though. After the age of thirty, you just don’t meet anyone new.
続きを読む

S1E5: Edinburgh 後半 (Cabin Pressure和訳)

 BBCラジオドラマ、Cabin Pressure第5話『エディンバラ』の後半の対訳です。

ところで、Edinburgh の '-burgh' の指す意味はご存知でしょうか。これはドイツ語のburgと同じく、元はゲルマン語の「要塞化された所、城塞都市」を意味する言葉で、英語には古英期に入ったようです。フランス語の-bourgも同様。Johannesburg や Pittsburgh、Sankt-Peterburg など各地の地名に見られます。単純に「市、町」を示す接尾辞としても用いられているようです。 f:id:kanakana009:20180612121235j:plain

Photo by Adam Wilson on Unsplash

Cabin Pressure 本編には全く関係ありませんが、ちょっとした豆知識でした。

では、Mr. Birling との Edinburgh への旅、後半の対訳をどうぞ。

今回も原文スクリプトEdinburgh Transcript | Cabin Pressure Fans からお借りしました。

  • Edinburgh 2/2
    • DOUGLAS: Oh, well done, Arthur, you did the trick. Look.
    • DOUGLAS: Oh, hello, Mr. Birling. This is a pleasant surprise.
    • ARTHUR: Hey. Maybe when he sobers up,

 

続きを読む

S1E5: Edinburgh 前半 (Cabin Pressure和訳)

BBCラジオドラマ、Cabin Pressure和訳、第5話エディンバラ

エディンバラと言えばスコットランドの首都ですね。

ところでScotスコットランド人)に向かって「English(イングランド人)なんですね」というのは失礼に当たります。Welsh の人についても同様です。英国(United Kingdom)は England, Scotland, Wales, Northern Ireland の四つの国からなる連合王国で、互いに複雑なライバル意識を抱えているようです。ちなみにUK、Great Britain、Englandなどの違いについて、詳しくはこちらの動画をどうぞ。たった5分ですが、分かりやすくまとめてあります。

youtu.be

ここのところを知っていると、今回の Edinburgh のストーリーがより楽しめるかも。

原文スクリプトEdinburgh Transcript | Cabin Pressure Fans からお借りしました。

  • Edinburgh (1-5)
    • DOUGLAS: All right, Arthur, nearly there.
    • MARTIN: All right, let’s get …
続きを読む